今年も無事に長期休暇を取れたので、今夜からYさんとチュニジアへ行ってきます!今回はエミレーツなので、仕事後、一旦帰宅して関空へ向かいます。行先は、いつものごとく?私が行きたい方面をチョイスし、決定(笑)
 チュニジアは、ずいぶん前から行きたかったんだけど、アラブの春やらなんやらで、治安が今一つ心配でスルーしてたけど、昨年の春から渡航情報の危険度が2から1に下がって、今年の春から旅行会社のツアーが再開したので、申し込んだところです。と言っても、そんなにツアーはたくさん出てないから、日程に合うのを選んだ感じ。
 チュニジア自体は、日本の5分の2くらいの広さなので、7日間くらいのツアーもありますが、せっかく遠くまでいくのでなるべく長期で行きたかったので、日程が合った9日間(それでも中6日間)のツアーで2月末くらいに申込ましたが、チュニジアにしては、ちょっと高めのツアーだったからか?治安の問題か?、なかなか催行確定がでず、催行決定したのは6月下旬位。抜かりはないので、一応サブ候補もチェックしてましたが(笑)
 チュニジアンブルーのシディ・ブ・サイド こんなに素敵な写真は撮れないと思いますが、観れたら良いな♪地中海クルーズも楽しみ(^^♪
a0100706_01142798.jpg
 
 ガイドブックは、来月5年ぶりに改訂版の2020~2021年版が出るようですが、いつものように図書館で借りてきました。2015~16年版と古いけど、今のところこれが最新版なんです。そんな訳で、ここ数年は渡航者も少なく需要も少なかったけど、治安が回復してきたのでガイドブックも改訂されるんじゃないかと。
  
a0100706_03453450.jpg


More
by ajisai0614 | 2019-09-18 09:00 | Comments(0)

9月のネイル

 今月のネイルは、限定デザインでオーダー。カラーチェンジは出来たので、ちょっと秋らしくしてみました。見本は、ネイビーとゴールドの組み合わせ。私はネイビーをボルドーにチェンジし、中指、小指はボルドーの上から白を重ねてもらっています。ただ、見本だとネイビーに白の刷毛の柄と言うか、感じが良かったんだけど、ボルドーだとちょっと思ってた仕上がりと違いました。ネイリストさん曰く、ネイビーとボルドーだとジェルの種類が違うので粘度が異なり、白の感じが違うそうで(;'∀') それなら、このカラー選ばなかったのに~。 
 と言うより、元々このボルドーの隣のもう少し紫とピンクの間位のカラーをしていしたつもりだったのに…。まぁ塗った時はこちらもラメが入って綺麗だから良いかなぁと思いカラーはこちらをそのまま使ったんですけどね。まぁ、ちょっと派手になりましたが、ゴールドのラメはこちらのカラーの方が映えたから良かったかしらん?
 分かり難いけど、薬指と中指の先端にオーロラのストーン付き。
 エキマルシェ大阪がポイント5倍デーだったので、ポイントもいっぱい貯まりました(*^^)v
a0100706_20430330.jpg

by ajisai0614 | 2019-09-14 00:00 | ネイル | Comments(0)

 今日は、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』を観てきました。映像が綺麗そうだから『ライオンキング』を観たかったんだけど、時間が合わず。
 こちらは17時40分~で、定時でダッシュしたら間に合う感じだったし、実話をもとにしたお話だったし、主演がレオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットと豪華だったので、観てみることに(笑)。
 1970年代のお話なので、色々古い感じではあるけど、良い感じに再現されていたと思います。一応事前に予習はしていたんだけど、イマイチ理解しにくい映画と言うか、タランティーノ監督らしいと言うか。眠くはなるかと思っていたけど、ずっと見ていたけど理解できず(;'∀') 最後のシーンはかなり衝撃的で怖かったです。そして、デカプリオの方が背が低いのかと思っていたら、二人並ぶとブラッド・ピットの方が背が低いんですね。いずれにしても、若いころから知っているだけに、二人とも歳取ったなぁなんて思いながら見たのでした。まぁ自分も歳取ったけど(爆)

a0100706_02105118.jpg
クエンティン・タランティーノの9作目となる長編監督作。レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットという2大スターを初共演させ、落ち目の俳優とそのスタントマンの2人の友情と絆を軸に、1969年ハリウッド黄金時代の光と闇を描いた。テレビ俳優として人気のピークを過ぎ、映画スターへの転身を目指すリック・ダルトンと、リックを支える付き人でスタントマンのクリス・ブース。目まぐるしく変化するエンタテインメント業界で生き抜くことに神経をすり減らすリックと、いつも自分らしさを失わないクリフは対照的だったが、2人は固い友情で結ばれていた。最近、リックの暮らす家の隣には、「ローズマリーの赤ちゃん」などを手がけて一躍時代の寵児となった気鋭の映画監督ロマン・ポランスキーと、その妻で新進女優のシャロン・テートが引っ越してきていた。今まさに光り輝いているポランスキー夫妻を目の当たりにしたリックは、自分も俳優として再び輝くため、イタリアでマカロニ・ウエスタン映画に出演することを決意する。そして1969年8月9日、彼らの人生を巻き込み、ある事件が発生する。

by ajisai0614 | 2019-09-11 00:00 | エンタメ | Comments(0)

『任侠学園』

 このところ試写会に続けて当たっています。と言っても今のところ、これがラストの招待状ですが(;^ω^)
 西田敏行さん、西島秀俊さんのW主演の『任侠学園』を観てきました!やくざもの?ってどうなんだろう?と思いつつ、応募したら当たりました(笑)

a0100706_21330014.jpg
西田敏行さんは、阿岐本組(あきもとぐみ)組長、二番手は西島秀俊さんで、義理人情に厚く、正義感にあふれ、地元密着の社会奉仕が大好きな組長のもと、借金まみれの高校を立て直しつつ、校内にあった生徒たちの問題も含めて立て直すと言うお話。ちなみに、やくざだけど暴力団ではないとのことで、これ重要(笑)
そして、音楽がスカパラ。スカパラ×西田敏行さんのコラボで名曲『また逢う日まで』が流れていて、これも耳馴染みが良くて、笑いあり、ちょっと考えさせられるシーンもあったりで、楽しめました(*^^*)こちらもお勧めです♪


by ajisai0614 | 2019-09-09 00:00 | エンタメ | Comments(0)

 3日目。富山は初訪問だったので、駅から近い富山城などを見学。こじんまりとしていましたが、お庭も素敵で近くに住んでいたらお散歩に良いコースだと思いましたが、なぜかカラスがめちゃくちゃ多くて怖かったです。
 富山の薬売りってここが発祥だったんですね。私が子供のころも、富山の薬売りと言うか配置薬の人(1年に1回くらい回って来て、前年に置いた薬をチェンジして、使用した分のみお金を払うシステム)が来ていて、遠いところから来ていて儲かるのかしら?なんて思っていたことを思い出しました。
 幸い我が家は、みんな健康だったので、せいぜい使ったのはバンドエイドくらい。それだって、私の子供のころでもスーパーや薬局で買えますしね。なので、母は「留守の時に来られたら、お金払えなくて気の毒やから、この箱の中のバンドエイドは使わないでね。」と言ってました。

a0100706_01414396.jpg
a0100706_01414939.jpg
a0100706_01415676.jpg


a0100706_01420692.jpg
a0100706_01484170.jpg
a0100706_01485158.jpg
富山
ガラス美術館
a0100706_01421102.jpg


 ちょうど「おわら風の盆」のお祭りの時期でにぎわっておりましたよ。線が違うし、帰りは整理券が必要とかだったので、観に行ってはいませんが。

a0100706_01490111.jpg
a0100706_01490610.jpg
a0100706_01491741.jpg



More
by ajisai0614 | 2019-09-08 00:00 | 国内(その他) | Comments(0)

 2日目は、金沢から富山に移動する日ですが、乗り放題切符を有効利用すべく、北陸線の端から端までとはいかなかったけど(笑)
 改装後初めて来た、金沢駅前。と行っても以前のは覚えてないけど(;'∀') 

a0100706_01240975.jpg
a0100706_01242315.jpg
 まずは金沢から七尾へ。七尾より先に行くと能登半島みたいですが、昔は鉄道が国鉄が通っていたけど今は第三セクターとバスになるようです。七尾駅は思っていたより開けていて、水戸駅に似ていたかな?
a0100706_01190536.jpg
a0100706_01192237.jpg


 続いて七尾から福井へ。車窓観光になりましたが、お天気も良くて気持ち良いです。また、北陸新幹線の橋脚の設置が進んでいて、金沢から福井寄りの方は一部線路が開通しているのか、試験運転もしているようでした。新幹線が延伸していない地区で新幹線が走行しているのが見えました。
昨日の土砂降りの影響か九頭竜川とかは水がかなり濁っておりました。福井駅前は動く恐竜などもありましたよ。

a0100706_01214719.jpg
a0100706_01220251.jpg
a0100706_01223315.jpg


a0100706_01221421.jpg



More
by ajisai0614 | 2019-09-07 00:00 | 国内(その他) | Comments(0)

 先週末(8/30~9/1)は、北陸乗り放題切符で、北陸に行ってきました。前日は、新大阪に近い、江坂の東急インに前泊したのですが、ホテル周辺は飲食店やスーパー、コンビニもありとっても便利♪大阪市内ではないけど、お勧めです。しかもホテルのアメニティが、コーセーのスティーブンノルのシャンプー&コンディショナー、ボディソープ。ポンプタイプなので、お持ち帰りは出来ませんが、いっぱい使わせていただきましたよ(笑)

 大阪から金沢までは、特急「サンダーバード」が30分おきくらいにあるけど、それより先の羽咋「はくい」、七尾、和倉温泉の直通は、1日1本。わざわざ、時間を合わせて乗ったのに、湖西線の大雨で徐行運転にで43分遅れ。30分後に出た次の「サンダーバード」は、東海道米原周りで、先に金沢に着いていると言う。しかも、遅延で金沢止まりに変更💦
 1時間30分くらい金沢駅で待って、次の特急「かがり火」で、金沢から羽咋に行くことに。ちょっと無駄な時間を過ごしてしまったけど、無事に千里浜「ちりがはま」に行って来ました。残念ながら、千里浜のドライブではなくて、歩いただけですが。タクシーの運転手さんいわく、海岸の侵食が進んで天候により、ドライブが禁止の日もあるみたい。

a0100706_12460101.jpg

a0100706_12463397.jpg

a0100706_01175451.jpg
a0100706_12461828.jpg

a0100706_12465143.jpg


羽咋は、宇宙人👽でも有名みたい。

a0100706_01171293.jpg



More
by ajisai0614 | 2019-09-06 00:00 | 国内(その他) | Comments(0)

 試写会に当たったので、『記憶にございません!』を観てきました!三谷作品だけあり、予想通りめちゃ面白くてみんなも大笑い。
 なかなか清廉潔白で理想主義のような政治家は難しいけど、こんな政治家ばかりだと良いのになぁと思わせる映画でしたよ。総理が中井貴一さん。官房長官役が草刈正雄さんで、朝ドラの「なつぞら」とは全く違うむしろ反対の役どころかしら?
 司会者の方によると「三谷さんが時事ネタを入れると後世に見れなくなるからと言うことで、時事ネタはあまり入っていません。」と話していましたが、消費税増税やme too など時事ネタと言うか今なら分かるネタもチラホラ。まぁこの程度なので、何十年後とかに見ても違和感はないかな?

a0100706_22121581.jpg
解説&あらすじ 
 三谷幸喜の長編映画監督8作目で、記憶をなくした総理大臣が主人公の政界コメディ。史上最低の支持率を叩き出した総理大臣を中井貴一が演じるほか、ディーン・フジオカ、石田ゆり子、草刈正雄、佐藤浩市ら豪華キャストが顔をそろえる。国民からは史上最悪のダメ総理と呼ばれた総理大臣の黒田啓介は、演説中に一般市民の投げた石が頭にあたり、一切の記憶をなくしてしまう。各大臣の顔や名前はもちろん、国会議事堂の本会議室の場所、自分の息子の名前すらもわからなくなってしまった啓介は、金と権力に目がくらんだ悪徳政治家から善良な普通のおじさんに変貌してしまった。国政の混乱を避けるため、啓介が記憶を失ったことは国民には隠され、啓介は秘書官たちのサポートにより、なんとか日々の公務をこなしていった。結果的にあらゆるしがらみから解放されて、真摯に政治と向き合うこととなった啓介は、本気でこの国を変えたいと思いはじめようになり……。


by ajisai0614 | 2019-09-05 00:00 | エンタメ | Comments(0)

 今日はターゲット年齢が若そうと思ったけど、試写会に当たったので、ジャニーズ好きのYさんと見に行ってきました。確かに客層は若かったけど、アニメのファンのいらっしゃったのか同世代の男性陣もチラホラ。で、映画の方は、面白すぎて大笑い。
 主役の二人を喰う勢いだったのが、ナレーションも兼ねている佐藤二朗さん。ホントいい味出してました。
青春ものでちょっと胸キュンですが、とにかく笑えるのでお勧めです♪
 

a0100706_21311671.png
 あらすじ
 テレビアニメ化もされた赤坂アカの同名人気ラブコメ漫画を「King & Prince」の平野紫耀と橋本環奈の共演で実写映画化。将来を嘱望されたエリートたちが集まる私立・秀知院学園。全国模試上位常連の頭脳明晰な生徒会会長・白銀御行と、文武両道の大財閥令嬢で容姿端麗容姿端麗な生徒会副会長・四宮かぐやは互いに惹かれ合いながらも、高すぎるプライドが邪魔をして、それぞれが思いを告げることができずにいた。やがて、告白したほうが「負け」という謎の思考にとらわれるようになった御行とかぐやは、いかにして相手から告白されるかだけを考えるようになり、天才であることが邪魔をして恋愛に不器用な2人による高度な恋愛頭脳戦が展開する。監督は「俺物語!!」「ニセコイ」の河合勇人。ドラマ「海月姫」や映画「翔んで埼玉」の徳永友一が脚本を担当する。



by ajisai0614 | 2019-09-02 00:00 | エンタメ | Comments(0)