カテゴリ:日記( 906 )

 今日で大相撲春場所@大阪も終わり。相撲は観に行っていませんが(;'∀')、今年も佐渡ヶ嶽部屋の千秋楽祝賀会のチケットを頂いたので行ってきました。

a0100706_23034614.jpg
a0100706_23035148.jpg
今年は余興もあったし、お料理も増えて豪華になったような。いえ、例年たくさんあるにはあるんですが、人が多いし、立食なので取るのが大変(;'∀')
 琴奨菊関は、11勝4敗で勝ち越し、琴恵光関は7勝8敗、琴勇輝関は5勝10敗と来場所に期待ですが、琴奨菊関が勝ち越したので例年より盛り上がっていた気がします。

 親方
a0100706_23021824.jpg
 琴奨菊関
a0100706_23023680.jpg
 琴恵光関
a0100706_23022684.jpg
 琴勇輝関
a0100706_23074918.jpg
 琴手計(ことてばかり)


a0100706_23080190.jpg
お名前を聞けず(;'∀') 若手です(笑)
a0100706_23024910.jpg


 
a0100706_23024334.jpg

 平成最後の大相撲になりましたが、来年もご招待券を頂いたら行きたいと思います(笑)
 
 今年のお土産
扇雀飴と大相撲のイラスト入り日本手ぬぐい、ディアフルオイルトリートメント 
 詳しくは知らないけど、扇雀飴の社長さん?も後援会の方なのか、毎年扇雀飴のお土産があります。
a0100706_20244629.jpg


by ajisai0614 | 2019-03-24 00:00 | 日記 | Comments(2)

 今日は、ピアニストの森本美帆さんがご案内する世界のコンサート169.pngのお話。
 第1部は~サヴォンリンナ・オペラ・フェステイバルの愉しみ方~です。
 サヴォンリンナは、フィンランド屈指のリゾート地、サヴォンリンナの湖に浮かぶように岩の上に立つオラヴィ城の中庭で毎年7万人以上が訪れるフィンランド屈指のオペラ祭。
 正直、このオペラフェステイバルもサヴォンリンナと言う地名も知りませんでしたが(;'∀')、こう言うフェステイバルはお話を聞くだけでも楽しいですしね。
a0100706_22232137.jpg
a0100706_22233433.jpg
 今年のプログラムは、ジョアキーノ・アントーニオ・ロッシーニ。セビリアの理髪師やウィリアムテル序曲で有名ですね。


2:10辺りからが、有名かな?


 8:40からのスイス軍の行進が運動会でお馴染みの曲です。

 ロッシーニは、イタリアロマン派初期の作曲家ですが、音楽に固執することなく、美食家としても知られているそうです。フランス料理のロッシーニ風とは、彼の名前から来ているそうです。ロッシーニ風とは、フォアグラやトリュフと言った高級食材をソースに使っている料理。

 そして、ボーマルシェ「フィガロ三部作」の紹介があり、①「セビリアの理髪師」やモーツアルトの②「フィガロの結婚」、ミヨー③「罪ある母」のあらすじの紹介。この3部はつながっている物語だけど、③は先生もご存じなかったんだとか。
 三部作を通して、喜劇でメロドラマや不倫、浮気という今も昔も好まれそうなストーリーです(笑)登場人物が多いので、観る場合は事前に人間関係を整理しておいた方がベター。


More
by ajisai0614 | 2019-03-21 00:00 | 日記 | Comments(0)

 今日は、オランダ絵画~アムステルダム国立博物館、マウリッツハイス美術館~で、講師は添乗員の園田昌代さんです。
 どちらも数年前に行ったところだったので、復習?を兼ねてお勉強。
a0100706_21131282.jpg
 オランダはチューリップが有名だけど、これは元々ニシン漁で儲けて、塩漬けのニシン(1400年代にドイツから塩が送られてニシンを保存できるようになった。ハンザ同盟)をバルト海の北(ポーランドとかバルト3国)へ売って、小麦や材木を輸入。アントワープはイギリスから羊毛、南ドイツから銅が入ってきたり、ポルトガルはインドから香辛料を買ってきたりと一大貿易港だった。
 材木で造船を作り、船を北欧に売ったりして、遠方のトルコとかと貿易。トルコからチューリップ178.pngの球根が輸入されて、当初は、チューリップは投機対象の商品だった。そして、1637年2月3日にチューリプの価格が200分の1に値下がり(バブルが弾けた、リーマンショックみたいな感じ)、そのせいもあってオランダの人にはチューリップ178.pngは忌み嫌われていたそうです。それまで、市民は絵画を買っており、チューリップが値下がりしたので、その後は戒めのために絵画を買った。
a0100706_21132986.jpg
 178.png●今日のまとめ●178.png
 1600年~1650年くらいがオランダが繁栄した時期でそれまでは、教会や王侯貴族から依頼を受けて絵を描いていたが、オランダでは画家が好きな絵を描いて(フェルメール)、それを見て気に入った人が買う(今の画商制度)ような仕組みが確立された。
・宗教画→風俗画(日常生活とか人物とか)
 例)フェルメールの「牛乳を注ぐ女」や「レースを編む女」など
・注文作品→商品化
・一般家庭に飾るので小型化
 例)フェルメールの絵画の大半は小型作品
・集団肖像画(一人で注文すると高いので複数人でオーダー。)
 例)レンブラントの「夜警」や「デュルフ博士の解剖学講義」


a0100706_21133601.jpg
 フェルメールは生涯に35作品しか描いてなくて、そのうち6点が今大阪で展示中。平日でも激混みとのこと(笑)
 庶民の女性を描くのが得意で、黄色と青がフェルメールらしいカラーと言われている。
 青は、当時珍しいラピスラズリ(当時は金と同じくらいの価値があり、アフガニスタンやチリでしか取れなかった)を砕いて青の色を出していたので、青色は非常に高価で高い絵の具だった。にもかかわらず、フェルメールは青の絵の具をたくさん使用したので、彼の死後、妻は破産したのではないかとも言われている。フェルメール以前は青の衣装はマリア様の服にしか使用されてなかった。

by ajisai0614 | 2019-03-15 00:00 | 日記 | Comments(0)

きれいレッスン

 昨日に続いて、今日もきれいレッスン@ルクアです。
a0100706_08205472.jpg
 今日は、コーセーを予約していて、コーセーのパウダーファンデーションはいつも買っているので今回もこちらをお買い上げ。5,000円以上購入のプレゼントをゲットすべく、雪肌精の日焼け止めを買って日傘と雪肌精のサンプルセットもゲット。抽選会の参加賞で雪肌精のフェイスパックも頂き、ホクホク♪
a0100706_20233060.jpg

こちらは、後日(21日)500円割引クーポン有り&ルクアのポイント5倍+ポイント5倍の時に購入。今月はコスメの支出が多いわ~
a0100706_20233960.jpg

 続いて、これまた当日予約の資生堂へ。4,000円以上お買い上げで、dプログラムの一週間サンプルプレゼント(1,080円)だったので、色々悩んでアベンヌの保湿ジェルクリームをお買い上げ。他の商品でも良かったんだけど、資生堂はワタシプラスのネットで買った方がクーポン分お得なことが多いので、なるべくワタシプラスで購入しています。でも、アベンヌやベネフィークは店頭のみの販売だから、今回購入することに。右端のアベンヌだけ購入。その他は来店賞やお買い上げ賞です。
a0100706_20235005.jpg


More
by ajisai0614 | 2019-03-10 00:00 | 日記 | Comments(0)

 今日は、Yさんがイベントの招待券を当ててくれたので、グランフロント大阪のダイキンフーハ大阪へ。12月にも資生堂ベネフィークとダイキンのコラボイベントがあって、フーハ大阪は2回目の訪問です。 
 で、今日は資生堂dプログラムのコラボイベント。ちょうど花粉の多い時期で、なんと顔面には1万個もの花粉が付着しているそうで(;^ω^)
a0100706_08193026.jpg
 花粉や季節の変わり目で、敏感になっている今の季節にはdプログラムがお勧めとのこと。。確かに私も花粉で目はかゆいし、鼻水ズルズル。しかも鼻をかみすぎて、鼻の皮むけてしみる~。首元は花粉ですれてか乾燥でか分かりませんが痒いと言うか違和感が…。
 そんな時は、ダイキンの優秀な空気清浄機やエアコンがお勧めとのことで、ショールームの中を色々見学させてもらい、参考になりました。数年前に取り換えた職場のエアコンはダイキンなんだけど、ついでに空気清浄機&加湿器も職場に配置して欲しいね~なんて話したのでした。
a0100706_08184213.jpg
 お土産は、ぴちょん君のミニタオル(めちゃ可愛い💛)と資生堂dプログラムのサンプルとコットン、飲む肌ケアサプリ。
a0100706_20231966.jpg
 
 イベント後は、グランフロント大阪からルクアへ移動し、半年に1度のきれいレッスンへ!
 今日は、カネボウを予約しています。コフレドールのファンデーションの説明を聞いて、お土産をゲット!カネボウはカネボウのパンストが頂けるのがポイント高いです。←パンストは来店賞で、お店に行ったらもらえます。レッスン参加だけでも試供品もらえます。購入したらさらに特典があったんだけど、今回はパス。
a0100706_20241665.jpg
 
 カネボウのレッスン後は、花王ソフィーナのレッスン。予約は1日1レッスンしかできないけど、当日空席があったのでソフィーナのレッスンも参加できました。
 こちらはプリマヴィスタのファンデーションのお話。目元から下のメイクをオフしたり、オンしたりで忙しい~。今日は、カネボウの時に綺麗にお直ししたし、1日に何度もオフするのは今はお肌が敏感になっているのでパスして見学のみ。
 花王ソフィーナの来店賞は、ニベアのハンドクリーム。その他は、きれいレッスンに参加していただいた試供品類。
a0100706_20240814.jpg

by ajisai0614 | 2019-03-09 00:00 | 日記 | Comments(0)

 先週2月28日は、久しぶりののたびコト塾。たびコト塾は、ヨガなどのスポーツ系もあり、最近はこちらに参加したりして、かなり愛用させてもらっています。 
 今日の講師は、阪急交通社の添乗員の山上泰布さん。この方の講義は、とっても分かりやすくて面白いので、なるべく参加したいんですが、なかなか都合が合わないんですよね。と言う訳で、今日は西洋史に駆ける美術と音楽~第4回バロック後編~です。3回目までは参加できず(:_;)
 年表によると1600年~バロック絵画、1700年~バロック音楽と言う感じ。

a0100706_22505140.jpg
先生のイラストがいつも素敵177.png177.png177.png
a0100706_22504579.jpg
 分かりやすかったのは、バロック音楽の時代の代表、バッハとヘンデル。二人とも1685年ドイツ生まれですが、対照的な二人なんですって。なので、生涯1度も会ったことがなかったとか。
 今でこそ、バロックの父バッハと言われているけど、当時はヘンデルの方がヨーロッパ内で有名だったそうです。
山上先生のまとめによると
ヘンデル…プロデューサー、国際的でシンプルな旋律(イタリアに留学し、イギリスで活躍。貴族向けの音楽)
バッハ…作曲家、演奏家。国内の活動が中心で、ち密で複雑な旋律(ドイツ国内にとどまり、教会音楽)

 そう言えば、バッハの『トッカーターとフーガ』や『G線上のアリア』などは、宗教ぽい感じがありますよね。特に『トッカータとフーガ』は、子供ながら洗脳されそうな曲だなぁと思っていた記憶があります。
 『トッカーターとフーガ』
 

『G線上のアリア』バイオリンのGの弦のみを使って演奏するからG線上のアリアって言うそうで、なるほど~。


169.png169.png169.png169.png169.png169.png169.png169.png169.png
 その点、『水上の音楽』は、華やかな感じ。作曲された背景も伺い、絵画の景色と音楽がピッタリ!


by ajisai0614 | 2019-03-07 00:00 | 日記 | Comments(0)

ドローン

 先週は、四国列車の旅でしたが、今週も四国@実家です(笑) 
 
 少し前に父からドローンを買ったと聞いていたのですが、実家に帰ったら、弟の家の座敷に鎮座しておりました。羽根を畳んでいるので、小さく見えるけど、10リットル分の農薬を入れることができるみたい。免許取得や登録はこれからで、弟が今週いっぱい研修中(座学&実技で5日間連続)。父は来週研修予定。
a0100706_22000479.jpg
 もちろん、農薬散布の使用後は倉庫に保管する予定です。と言う訳で、補助金が出る関係で、急遽購入したり、研修が入ったりしたので、確定申告の用意が間に合わないかもしれないというので、私がお手伝い。今週末はひたすら農業簿記のソフトにデータ入力で、疲れた。来年からは、時々帰省したタイミングで入力した方が楽なので、早めに弟にデータを用意するように伝えておきましょ。
 と言う訳で、母からバイト代?として、従妹から買ったたくさんのいちご、お返しでもらったカタログギフト、商品券1万円分(←父のクレカのポイントで私が交換した。)をもらったので、まぁ悪くないバイトだったかな109.png
 
 おまけ
祖母の家に行ったら瀬戸内限定のじゃこ天味のポテチをくれました。初めて見ましたよ。お味の方は、まぁ美味しいけど、じゃこ天単独の方が美味しいかな。。正直、関西だししょうゆ味の方が好みかも(;^ω^)
 
a0100706_22003507.jpg

by ajisai0614 | 2019-03-03 00:00 | 日記 | Comments(0)

 今日は後輩がUNIQLO大阪で開催される春の新作体験会のイベントに当たったので一緒に行ってきました!私も応募したけど外れた(笑) 彼女も繰り上げ当選だった&アプリの当選通知に気が付いたのがギリギリだったので見逃さずに行けてセーフでした(*^^*)
 で、内容がイマイチ分からなかったんだけど、スタイリストさんが好みを聞いてくれてお勧めのコーディネートを選び、店内にある売り物を各自でチョイスし、試着。その後、プロのカメラマンが撮影してくれて、アンケートに答えたらお土産をプレゼントと言うもの。
 が、この日はめちゃ寒かったので、春物と言うよりは冬物を着たい感じ。店内で薄着になったら寒かった。
私はストライプのシャツワンピ&レギンスでふんわり。後輩は事前にチェックしていたワンピースを選んだんだけど、数日前に発売になったばかりのワンピースなのに、もう好みのカラーは売り切れ(@_@)このワンピースもM,L各ラスト1点。カナリア色のカーディガンで明るく春らしく。私は、ふんわりしすぎてウエストシェイプしてないから妊婦みたいな仕上がりになり、残念無念ですが、貴重な体験ができました(*^^*)
a0100706_00242552.jpg
 アンケートでプレゼントってなんだろう?と思っていたら、UNIQLOの無地のTシャツ。カラーとサイズは選べたので、無難に黒をチョイス。
 18時から20時の枠で参加でしたが、結局いろいろな待ち時間で2時間かかったかな?ついでにセールになっていたヒートテックも買って退散したのでした。

 帰りに三番街のもりの屋で牛タン。金曜夜だったこともありどの店も大行列!タイミングよく入れたこちらで久しぶりの牛タンを頂き、女子トークで楽しかったです(^^♪
a0100706_00254660.jpg

by ajisai0614 | 2019-02-08 00:00 | 日記 | Comments(0)

マネーセミナー

 今日は、エノテカのビュフェ付きに釣られて、マネーセミナーへ(笑)
初心者向けの講座と言うこともあり大体知っていることばかりでしたが、住宅ローン控除の考え方とかローンのことは参考になりました。
 今はマイナス金利だから、頭金を貯めているうちに金利が上がったらその方が損なので、低金利のうちに借りて、買った方がお得とのこと。でも買ったら固定資産税やその他も掛かるしねぇ。まぁ、今のところ買うつもりはありませんけど(笑)
 ビュフェと言う割には少な目でしたが、皆さんといろいろお話出来て楽しかったです(^^♪
a0100706_00380835.jpg

by ajisai0614 | 2019-01-30 00:00 | 日記 | Comments(0)

a0100706_07280664.jpg
 今日は阪急タビこと塾でウフィツィ美術館の無料講座があったので参加してみました。
 ウフィツィ美術館は、私が初めて行った欧州の美術館で、ボッティチェリの春、ヴィーナスの誕生の絵画が有名です。ルネサンス=再生の代表的な作品として美術の教科書にも載っていたかと思います。
a0100706_07280352.jpg
a0100706_07275875.jpg
 私は初欧州だったこともあり、嬉しがってこの絵画の前で写真を撮ったことを覚えています(笑)今は撮影可か否か分かりませんが2000年当時は撮影可でした。
 

 ウフィツィ美術館の見学を終え、ショップをチェックしているときに、「ウルビーノ公爵夫妻の肖像」のポストカードを見つけて、この美術館に収蔵されていたことを知り(;'∀')、(ショップから逆走は不可)本物を見たかった~と悔やんだ作品だったのでした。
 と言うのも、大学の西洋美術史の講義で「ウルビーノ公爵夫人の髪型を自分の髪で再現出来たら、テストもレポート提出も無しで、単位をあげるよ!」と教授に言われていた作品だったから。もちろんどんな髪型か分からなかったので、テスト&レポートで単位を取りましたが(笑)

 で、今日のお話では、当時はおでこが広い女性が美人とされていたので、この夫人(と言っても20代後半)もおでこの上の方の髪の毛を抜いて、おでこを広くして、宝石を飾っているそうです。また、ウルビーノ公が横顔なのは、右側は戦争で右目をけがをしているので、左側からの肖像画を描かせたともいわれているそうです。なので、鼻も曲がっているでしょ?

a0100706_07281052.jpg
 ...
 そして、背景に描かれている景色はこの肖像画の作者である、ピエロ・テラ・フランチェスカの故郷の景色なんだそうです。

 今日のお話はもちろん全部は覚えてないけど、こう言う小話を聞いてから見たら絵を見るのも更に楽しいだろうなぁ~なんて思ったのでした。そんな訳で、ウフィツィ美術館は私が再訪したい美術館の一つです。


by ajisai0614 | 2019-01-24 00:00 | 日記 | Comments(2)