2019年 10月 15日 ( 1 )

T-34 レジェンド・オブ・ウォー』の試写会に当たったので、行って来ました。第二次対戦中にナチスの捕虜になったソ連の戦車兵が、脱出する話で、ちょっと恋愛もあります。
ロシア🇷🇺映画だったし、知らない俳優さん達なので区別がつかなくて、眠くならないか心配だったけど、登場人物は少ないし、始めから最後までハラハラドキドキ大迫力で、眠くなる暇無し。全編ロシア🇷🇺語&ドイツ🇩🇪語で、「ハイルヒトラー」と数字くらいしか聞き取れなかったけど💦 
大画面で観るのがお勧めです。ちなみにT-34とは、ソ連の戦車の名称。

『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』_a0100706_19185666.jpg
 解説
第2次世界大戦時、ナチスの捕虜になったソ連兵が、たった4人の味方と一台の戦車で敵の軍勢に立ち向かう姿を描いたロシア製戦争アクション。「太陽に灼かれて」の名匠ニキータ・ミハルコフが製作を務め、撮影にはT-34の本物の機体を使用した。第2次世界大戦下、ソ連の新米士官イヴシュキンは初めて出た前線の戦いで敗れ、ナチス・ドイツ軍の捕虜となってしまう。イヴシュキンが戦車の指揮をしていたことを知った敵軍は、収容所で行われているナチスの戦車戦演習のため、ソ連軍の戦車T-34の操縦をイヴシュキンに命じる。しかし、与えられたT-34は実弾を装備せず、演習では敵の砲火から逃げ惑うことしかできない。確実に死が待ち受ける演習を前に、T-34の整備を命じられたイヴシュキンは、仲間とともに無謀な脱出計画を立て、実行に移す。


by ajisai0614 | 2019-10-15 00:00 | エンタメ | Comments(0)