2015年 03月 28日 ( 3 )

ベネズエラ5日目①

今日は、今回の旅行のハイライトでもあるエンジェルフォールへ向かいます。前日だったかな?この日の大まかな行程を教えてもらい、イメージトレーニング。
①カナイマを出発。トラックバスで船着き場へ。要着用レインコート上下。
②約50分ボートに乗ってマユパ島に到着。マユパ島内は約3キロ(30分)徒歩にて移動。
③60~90分ボートに乗って、7時頃オルキデア島に到着し、朝食。
④90~120分ボートに乗って、ラトンシート島に到着し、14時~14時30分位?昼食。
⑤1時間半ほどジャングルウォークで、最後の30分は急な登り坂があり、エンジェルフォールへ到着。
ボートはともかく、最後の急な登り坂ってどのレベルなんだろう?でも、大勢の人が行っているから、私でも大丈夫かな?と思っているうちに、起床時間です。本日は4時起床で、身支度を整えたら、4時50分にロビーへ集合。
 5時10分 ホテルのあるカナイマをトラックバスに乗って出発し、5時22分、船着き場に到着。
 小さいボートで、板を敷いただけなので数時間座るにはお尻が痛いとの口コミがあったので、要らなくなったストールをビニール袋に入れて座布団代わりにしようと持参していたのですが、クッション付でした^^;
 ぶれちゃったけど、このボートに乗り込みます。
a0100706_0442063.jpg

でも、せっかく持ってきたので、お座布も引いて座っちゃいます。←現地で捨てるとは言え、こう言う物を色々持ってきたから、荷物が多い(笑)ボートに乗って朝焼けを見ながらカラオ川を進みます~。
a0100706_0472787.jpg

お世話になったガイドさん。お名前失念(>_<)
a0100706_049133.jpg

マユパ島に向かう時に見えた、トポチ(左)とマナイ(右)(女性の胸と言われていて、横たわった女性の胸のようです。)
a0100706_04898.jpg
 
マユパ島で降りずにそのままボートで向かうことも出来るようですが、マユパ急流で、ボートが転覆したりする事故があったりするので、安全のために一旦降りて、ボートだけ先回りしてくれるそうです。
日が昇り始めようかというころ、5時45分 マユパ島に到着。こちらは50人ほどの住人が住んでいて、島内には集会場や学校もあります。
a0100706_0493769.jpg

a0100706_050662.jpg

a0100706_0502371.jpg

現在の時刻
a0100706_0505846.jpg

 亀を見つけたり、割とゆっくりペースで歩いたので、楽勝だけど、帰りだと疲れてそうだなぁと思ったり。
a0100706_0512055.jpg

a0100706_0513964.jpg

a0100706_0515036.jpg

a0100706_052510.jpg


More
by ajisai0614 | 2015-03-28 00:00 | '14年9月 ベネズエラ | Comments(0)

ベネズエラ5日目②

10時5分、トレッキングスタートです。木の根がいたるところに張られていたり、石がゴロゴロ、雨で水たまりやぬかるみも多くて、足元を見つつ、前の人に着いて行ってと言う感じ。
a0100706_057508.jpg

a0100706_058720.jpg

a0100706_2271569.jpg

a0100706_2274155.jpg

 ガイドさんの名前は失念しちゃったんだけど(普段も覚えてないけど^^;)、ユーラシア旅行社は旅行後に旅日記を配ってくれるので、細かい時間が分かるのでした。
 で、ガイドさん、やたらと私と80代のおばあちゃんに優しくて(笑)途中からおばあちゃんのリュックは担いでくれて、横たわった樹の上を歩いて水たまりを渡る度に私の名前を呼びながら、私の手を取ってくれて、ありがたいんだけど、おばちゃんとかの手は取ってくれないものだから、途中でおばちゃんに「若い人(←私のこと)の手しかとってくれへんなぁ。」と。大阪のおばちゃんなので怒っていると言うよりは、軽口と言う感じ。なので、おばちゃんの手は、同世代のおじさん達が取ってあげていましたよ。(笑)
a0100706_0591577.jpg

と、こんな原生林のような中をひたすら歩いていたら、エンジェルフォールズの看板が見えたのでもう少しと喜んでいたら、「ここから先は急な坂が続くので不安な方は、こちらで待機しておいてください。」と。見た感じ、さすがにおばあちゃんは微妙?一人のおばちゃんも足が悪そうなので、どうするんだろう?と思っていたら、みんなで昇りますとのこと。写真は序の口で、もっと凄い岩場でしたが、危ないので写真は撮っていません。
a0100706_111749.jpg

a0100706_112531.jpg

なので、ゆっくり登ってくれたので、予想していたよりは楽でした。
もう少しでエンジェルフォールズだ~とか自分で励ましていたのだけど、徐々に轟音とともに、小雨?と思ったら、雨じゃなくて、エンジェルフォールズの水しぶき。「ここで、水しぶきが掛かるってことは、かなりの水量ですよ。」と言われ、ワクワクしながら、12時15分、ライメ展望台に到着したところ…。水量が凄すぎて、展望台からの景色は、何がなにやら。一瞬滝が見えるけど、立って写真を撮るなんて危なすぎるし、へっぴり腰でようやく岩場に登って写真を撮ってもらったけど、水しぶきで訳分かりません(+o+)
 そんな訳で、他の方の旅行記で見るような景色どころか、滞在時間も早々に退散しないと危険な状態だったのでした。台風の中で立っているような感じ。


 なので、もちろん滝壺に行くことも不可でした。
a0100706_212733.jpg

a0100706_2122784.jpg

a0100706_216094.jpg


More
by ajisai0614 | 2015-03-28 00:00 | '14年9月 ベネズエラ | Comments(0)

ベネズエラ5日目③

ボートに乗り、テプイ群の見納めです。エンジェルフォールズ以外にも無数の滝が流れており、ボートクルーズだけでも満喫! でもやっぱり行きのような青空の方が映えますね。雨期だから降られなかっただけでも良しとしましょう。
a0100706_2185868.jpg

a0100706_2192164.jpg

a0100706_220419.jpg

a0100706_2202831.jpg

a0100706_224484.jpg

a0100706_2242220.jpg

a0100706_2244994.jpg

途中から雨がポツポツ。レインコートは着ているけど、帽子を被っていても顔は濡れます。
徐々に日も暮れて来て、「マユパ島で30分歩くの面倒だなぁ。」と思っていたら、みなさんが「マユパ島過ぎたんじゃない?」「もしかして船着き場まで行ってくれるかも?」と思っていたら、「遅くなったし、雨も降ってきたので特別に港まで送ってくださった。」そうで、ラッキー。多分、おばあちゃんのペースで全体的にゆっくりだったと思うのですが、みんなも疲れていたのでラッキーでした。
 17時50分、ボートを下りて、トラックバスに乗り込み、ホテルへの道を走っていたところ、幻想的な大きな灯りで、なんだろう?と思っていたら、この辺りのだそうで、日本で見るホタルの光と違ってかなり大きかったです。揺れるトラック内でカメラを取り出す時間がなくて写真はないけど、本当に大きい灯りでした。
 トラックバスに揺られ10分ほどでロッジに到着。レインコートを着ていたとは言え、結構濡れてしまったので、シャワータイムをゆっくり取ってくださり、夕食は19時45分から。
 シャワーと言っても昨日と同じく、茶色い水ですが、昨日よりは熱いお湯の出が良かったので、冷えた身体だったので、助かりました。シャワー後は、濡れた物を捨てたり、洗濯したり。大体捨てる服類にしていたので、洗い物も少なくてすっきり(笑)

More
by ajisai0614 | 2015-03-28 00:00 | '14年9月 ベネズエラ | Comments(2)