今日は「アスペクツ オブ ラブ 恋はすべてを変える」@四季京都劇場。
a0100706_038118.jpg

このところ、関西の公演は子供向けが多いのだけど、これはアンドリュー・ロイド=ウェバーの曲だし、大人向けの公演かなぁ?と思って予約。事前にあらすじを読んでいたので、話は分かり易かったけど、大人の恋と言うか何というか、昼ドラのようなドロドロした恋愛話のような(笑)
恋愛話も、こう言う恋愛もあるのかなぁとは思うけど…。でもね、アレックス役の方、顔は好みだけど(笑)、さすがに17歳の少年には見えないよね。私だけ?
 で、ローズって、八方美人と言うか我儘と言うか。破産したジョージのために女優として働いて家計を支えてあげているのに、アレックスに未練があるみたいだし…。でもこう言っては何ですが、ローズ役の方、イメージに合っていました。
 しかし、アレックスは何で年上のローズに17年も思いを寄せるんだろう?あと、ジョージの葬式のあとの喪服でのダンスのシーンも理解できず。この辺りは日本人の感覚と違うのかなぁ?
 そんな訳で、イマイチ感情移入する前に終わった感じ^^; いえ、音楽は良かったと思うんだけど、このところ頭痛が酷くて集中できなかったと言うこともあります。
 もう一度見たらまた違った感想になるかもしれませんが、とりあえずちょっと期待したのと違った内容だったかな。

 今回は、 ★“アンドリュー・ロイド=ウェバー”キャンペーン★、を実施していたので、半券を持参し、ミニカードセットを頂きました。彼にちなんだ作品のミニカード6種各2枚ずつ入っていました。半券置いといて良かったわ(笑) 
a0100706_0383652.jpg

 千秋楽まであと数日ですが、これから観劇の方で半券をお持ちの方は持参されては?
作曲家ロイド=ウェバーの秀作『アスペクツ オブ ラブ』の京都公演上演を記念して、
彼の作品を愛好する皆様に特製ミニカードセットを差し上げます。
□対象期間 
7月16日(月・祝)~8月12日(日)
□参加方法
関西で2002年以降に上演したロイド=ウェバーが関わった作品(『オペラ座の怪人』『エビータ』『ジーザス・クライスト=スーパースター』『キャッツ』『サウンド・オブ・ミュージック』)のチケット半券を劇場イベント受付までお持ちください。

by ajisai0614 | 2012-08-05 00:00 | エンタメ | Comments(2)