2011年 03月 25日 ( 1 )

あれから2週間

 今夜から所用で帰省しているのですが、帰宅後の両親との会話は地震のこと。
 もちろん地震の後、両親と電話で話はしたのですが、こんな時に長電話も…と思い控えていたので積もる話がたくさん。ついつい阪神大震災(当時弟が神戸に住んでいたので直ぐに連絡が取れず心配したり、神戸に住んでいた父の叔母が避難してきたりして、大変でした。)の時のことを思い出したりしつつ、家族みんな元気で過せる普通の生活にこれほど感謝せずにはいられませんでした。

 地震、津波、原発、さらには過酷な避難所生活を送る被災地の方のことを思うとTVを見るのも辛く、さすがに楽天家の私でも家族も家も流されたりしたら、立ち直れないわ…と思っていたのですが、復興に向けて前向きに頑張っている被災者の方々を見ると、逆に私の方が励まされたり。
 復興まで長い時間がかかると思いますが、アンケートの結果「必ず復興できると考える日本人が多い。」ことに驚くとともに嬉しく思いました。
 
 そして被災していない西日本に住む私達がこれまで通り普通の生活をすることにより、経済活動を支え、義捐金などで被災地に協力出来たらと話したのでした。
 人の良い母はこう言う義捐金とかの詐欺に引っ掛かり易いので心配していたのですが、幸い地元の婦人会やJAなどを通して寄付したと話していたので安心しました。父も消防団のOB会や民生委員の会を通しての寄付だったので一安心。
私は日赤のHP からクレジットカードで払ったのですが、自宅に居ながら出自の確かなところに寄付できるので、良いシステムだと思いますよ。

More
by ajisai0614 | 2011-03-25 00:00 | 日記 | Comments(2)