2010年 03月 24日 ( 1 )

「NINE -ナイン-」

 今日はレディースデーだったので、先日から上映が始まった「NINE」を観賞。シネマイレージを貯めている東宝系で見たかったけど、上映がなかったので久々に梅田ブルクで。
ネットで予約が出来ない、観賞ポイントが貯まらないのはマイナスですが、それ以外は結構好きな劇場です。

 卑猥なダンスのシーン(ムーラン・ルージュ風?)が多いのですが、ファーギーのこのダンスのシーンでは目に砂が入らないのかと要らぬ心配をしてしまいましたよ。
a0100706_23343513.jpg
 

 解説: 『シカゴ』のロブ・マーシャル監督がメガホンを取り、『イングリッシュ・ペイシェント』のアンソニー・ミンゲラ監督が脚本を手掛け、トニー賞受賞の同名ブロードウェイ・ミュージカルをオールスター・キャストで映画化。主人公に『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』のダニエル・デイ=ルイス、彼を取り巻く女たちにマリオン・コティヤールやニコール・キッドマンらアカデミー賞受賞者がきらびやかに華を添える。ゴージャスなステージで繰り広げられるエモーショナルな歌とダンスに注目。


  あらすじ: 1964年のイタリア。スランプ中の映画監督、グイド・コンティーニ(ダニエル・デイ=ルイス)にとって、妻のルイザ(マリオン・コティヤール)だけが心のよりどころだった。ところが、妻以外にも愛人カルラ(ペネロペ・クルス)や主演女優のクローディア(ニコール・キッドマン)など美しい女たちに囲まれているグイドは、愛とプレッシャーとのはざまで幻想の世界へと陥っていく。

感想など
by ajisai0614 | 2010-03-24 00:00 | エンタメ | Comments(2)