葩餅(はなびらもち)

 松の内は過ぎてしまいましたが、先日はお茶の初稽古でした。裏千家の初釜の時は、「葩餅(はなびらもち)」を頂くのが慣わしなので、ご紹介。
 葩餅(はなびらもち)_a0100706_2254441.jpg

 葩餅(はなびらもち)・・・宮中で正月の儀式に用いられた菱葩がお菓子化したもので、円くのばした餅を編み笠のように二つ折りにして、年魚に見立てた牛蒡(ごぼう)と淡い紅餡と味噌餡を重ねて包みこんだ正月にふさわしいお菓子。
 上記の通り、味噌餡と甘く煮込んだ牛蒡の組み合わせなので、正直あまり美味しいものではありません。でも、駿河屋さんのは、味噌餡抜きの白餡なので比較的食べやすいです。その昔、本格的な味噌餡&牛蒡のを食べた時は、衝撃的な味でビックリしたことを今でも覚えています。
by ajisai0614 | 2010-01-21 00:00 | 日記 | Comments(0)