「ゴールデンスランバー」

  今日は先日当選した「ゴールデンスランバー」@御堂会館でした。

 解説
圧倒的なリーダビリティと鮮やかすぎる伏線回収で、2008年の“本屋大賞”や“山本周五郎賞”を受賞するなど各方面から絶賛された伊坂幸太郎の傑作ミステリーを映画化。仙台を舞台に、ある日突然、見えない巨大な力によって首相暗殺の濡れ衣を着せられ追いつめられていく一人の男が、かつての仲間たちをはじめ彼の無実を信じる人々の支えだけを頼りに、懸命の逃亡を繰り広げる姿をスリリングかつ感動的に描き出す。主演は「南極料理人」の堺雅人、共演に「チーム・バチスタの栄光」の竹内結子。監督は、これまでにも「アヒルと鴨のコインロッカー」や「フィッシュストーリー」など伊坂幸太郎作品の映画化で実績を残してきた中村義洋。

 あらすじ
 仙台に暮らすごく平凡な30歳の独身男、青柳雅春(堺雅人)。金田首相が凱旋パレードを行うその日、大学時代の同級生・森田(吉岡秀隆)に呼び出された彼は、“お前、オズワルドにされるぞ。とにかく逃げろ”と謎の警告を受ける。その直後、背後のパレード会場で爆発音がしたかと思うと、なぜか2人の前に警官が現われ、躊躇なく拳銃を向ける。訳もわからぬまま反射的に逃げ出した青柳は、やがて自分が身に覚えのない証拠によって首相暗殺の犯人に周到に仕立てられていくことを大量のマスコミ報道で知る。青柳の元恋人で大学時代のサークル仲間でもある樋口晴子(竹内結子)は、事件の報道に驚き、かつての仲間たちに連絡を取ろうとするのだが…。
a0100706_2302047.jpg




タイトルの「ゴールデンスランバー」ってビートルズの曲だそうです。私も友達も知らなかったけど。無実の罪で犯人に仕立てあげられ、警察から逃げると言うストーリーでサスペンス&ミステリーの合間にほのぼのとした話や大学時代の甘酸っぱい思い出が重なりで面白いと言えば面白いのですが、納得できない点(あのボロボロの車がバッテリーを替えた位で動くの?ガソリンは?しかもあんなボロボロの車だと返って目立つのに検問に引っかからないの?警察がむやみやたらに発砲して良いの?警察が一般市民に意味無く暴行を加えている点などなど←映画なので深く考えない方が良いのでしょうが)や何ゆえ青柳が犯人に仕立て上げられる必要があるのか、本当の黒幕は誰なのかが分からないまま終了したのが残念な感じ。こう言う映画を見るとやっぱり冤罪ってあるんだなぁ…とか、整形したら分からない(でも癖は直せないんだなぁとか)じゃないと思ったりしました。
なので口コミは絶賛されている方が多いけど、私の感想は試写会で良かったと言う感じ。友達も面白かったけど、すっきりしない点も多いから同じような感想だったみたい。私的には、サスペンスとかなら、どちらかと言うと西村京太郎の土曜ワイド劇場とかの方が話のつじつまも合うし、納得しやすいかな。
by ajisai0614 | 2010-01-20 00:00 | エンタメ | Comments(0)