南米7日目③(2009年9月18日(金))

 途中イカ(リマから約308km.ナスカとリマの間の街)の街のリゾートホテル Las Dunas(ラス ディナス)で、夕食(19時~20時)
 「こちらではアスパラガスが有名で今日のスープはアスパラガススープです。」と説明を受けていたのですが、出されたスープはレストラン内が薄暗いこともありますが、コーンスープのよう。たまたま私が一番先に提供されたので「もしかしてホワイトアスパラガス?」とも思ったけど、食べる前に現地ガイドさんに確認したら、手違いでコーンスープだそう。「今から作り直すのも無理だし、遅くなるので翌日のランチでアスパラガススープを用意するので、今日はコーンスープでご了承下さい。」と。メニューまでは指定されてないので、もちろん文句を言う人は誰もいません。と言うより、さすがに長時間ドライブに疲れたので早く食事を終えて、ホテルで休みたい感じ。
ランチョマットに注目!ナスカの地上絵柄で素敵♪
a0100706_039553.jpg

コーンポタージュですよね?!
a0100706_0392473.jpg

サボテンジュースも味見させてもらったのですが、色も味もスイカジュースみたいでした。確認したけど、これは間違ってないそう。
a0100706_0394677.jpg

 食事が終わった後は、ナスカまで2時間のドライブです。




 22時半ようやくナスカの本日のホテル「マホロ」へ到着です。特に何をした訳ではないけど、さすがに疲れました。ホテル周辺は何もなく真っ暗で、他の方も、鍵をもらったらさっさとお部屋に向います。
こちらのホテルはドライヤー完備でないので、必要な方は先着順にフロントで貸し出しとのこと。たまにパンフレットのホテル欄の注意書きに書かれていることはあるけど、ドライヤーのないホテルなんて初めてだったので、ビックリ!夜は結構冷えてきていたので、速攻借りてお部屋に向いました。
たまたま隣のお部屋になった同じツアーの親子三名が借りられなかったようなので、融通しあって利用しました。
 何だかコロニアルな雰囲気のホテルだなぁと思いながら、お部屋に入ったところヒーターはあるけど、コンセントの口が合いません。せっかく置いていても意味ないなぁ~と思いながら朝晩は冷えるらしいので、フロントにお願いし変換機を持ってきてもらいました。ちなみにTV&セーフティボックスもなかったので、夜は虫の音が聞こえてきました。
a0100706_0402968.jpg

大きい浴槽があったのでお風呂に入ってさっぱりし、お休みなさい~。

 翌日明るくなってホテル内を散策したり、他の方に聞いたところ、ホテルはコテージ風のリゾートホテルで棟によって造りなどが違うようでした。私のお部屋(109号室)は普通のお部屋でしたが、一人でも2部屋以上のお部屋に当たった方もいらしたようです。(600番代のお部屋)
Commented by fu-ko at 2009-12-06 11:04 x
南米7日目、拝見しました~♪

リマ新市街の「恋人の公園」のベンチ。ホント、グエル公園のベンチに似てますね~!背景が海だし、快晴なら気持ち良さそうなのにちょっと残念でしたね。
海流の影響とはいえ、半年もどんよりとした曇り空が続くなんて・・・ 南米らしい明るい雰囲気を味わえないのは勿体ないですね。

夕食レストランのナスカの地上絵柄のランチョンマット、カワイイですネ。売っていたら買っちゃうかも(笑)。

ナスカのホテル。ドライヤー、TV、セーフティーボックスが無いのは私はイースター島で経験してます(^_^;)。南米の世界遺産近くのホテルってこういうの多いのかしらね~?
Commented by ajisai0614 at 2009-12-06 21:01
fu-koさん、こんばんは。
 公園のベンチ、グエル公園に行った人じゃないと分かりにくいですが、似てますよね。リマ市内は、海流の関係で年間を通して降水量は少なくて温暖みたいなんですけど、半年も曇りって気持ちまでどんよりしますよね。

 地上絵のランチョンマット>お土産にも良いし、買おうと思っていたんですけど、残念ながら見当たりませんでした。

 イースター島のホテルも似たような感じなんですね。モロッコやチュニジア辺りも同じらしいですが、確かに地の果てのような場所なので文明の利器?がないのは仕方ないんでしょうけど、便利さに慣れた私たちにはちょっと不便ですよね~。
by ajisai0614 | 2009-11-24 00:00 | '09年9月 南米 | Comments(2)