南米7日目②(2009年9月18日(金))

12時からはこちらのイタリアンレストランで昼食(サラダ、ラビオリ、プリン)
a0100706_0144235.jpg

ラビオリが美味しい!ついつい食べ過ぎで満腹&満足♪
a0100706_0153589.jpg

予定では、食後はパチャカマ遺跡、ナスカに向いますが、新市街(ミラフローレス地区)の「恋人の公園」に連れて行ってくれました。
巨大モニュメント「恋人達のキス」?
a0100706_0164714.jpg

ここはスペインのグエル公園のベンチと同じようなベンチがあるので、ちょっと気になっていたので嬉しい!ですが、あいにくの曇り空。
a0100706_0162080.jpg

a0100706_018164.jpg

リマは海流の関係で、雨は少ないけどスカッと晴れる日も少なくて、半年くらいどんよりとした曇り空が続くそうで、天野博物館の学芸員さんも「このどんよりした天気を見ていると気が滅入るから、青空が見たくなるんですよ~。ナスカ辺りは青空が見えますからね。」と話していたのも納得。





新市街を走って、パチャカマ遺跡(14時~14時半)に到着。一瞬ここはエジプトの砂漠か?と思うような一面砂漠地帯。但し空はどんより(汗)
車窓より新市街・・・近代的なビルが建っています。
a0100706_0191569.jpg

パチャカマ遺跡・・・リマから南へ約30km.600年頃にペルー中央海岸地帯に発生した文化で、のちにここを制服したインカによって、パチャマカ(Pacha=天地、Camac=創造者)、天地の創造者と名付けられた。遺跡は宗教色が濃く、都市と言うよりはパチャカマ神を信仰する民族の祭祀行事に使われた神殿であったとされている。神体は海岸の都市らしく魚だったと言われている。
 遺跡の発掘は現在も続けられており、2005年にはアメリカ南イリノイ大学の島田教授により、40体以上のミイラが発掘されて話題を呼んだ。
a0100706_020105.jpg

a0100706_0202977.jpg

a0100706_0205859.jpg

遺跡自体はかなり広いので、このようなオープントップバスで回ることもできるみたいです。私達は一部のみ見学。
a0100706_0221342.jpg


あとはひたすらパン・アメリカンハイウェイをドライブです。高速に乗り込む前にしばらく停車したので、何事かと思っていたら、車両の重量を測っているそうで、積載オーバーは罰金だそう。
 多分高速代の標識
a0100706_0232588.jpg

写真はありませんが、至るところに「KEIKO」 と書いてある看板やポスターがあり、気になっていたら、「来年大統領選挙があり、フジモリ元大統領の娘さんが立候補しているので、kEIKOと言うポスターや看板が多いんです」とのこと。

 途中日本人の方(元Jリーガ。お名前を聞いたけど失念)の経営するお土産物屋さんでトイレ休憩&お買い物(15時半~15時50分)
by ajisai0614 | 2009-11-24 00:00 | '09年9月 南米 | Comments(0)