南米4日目④(2009年9月15日(火))

 初めて行く旅先では自分宛にエアメールを出すことが多いのですが、アルゼンチンは滞在時間が短いので無理だと思っていました。でも空港内のお店で絵葉書と切手を売っているのを見つけたので、自分と両親に送ることに。ポストカード、切手各2枚で$4.75とちょっと高いけど、両替するほどでもないし・・・。
書き上げてポストが無いなぁ?と思って聞いたら、これだそう。意外にも赤と青のツートン。海外は黄色が多いので。多少不安に思いつつ投函したら、2週間弱で届きました。
a0100706_21334383.jpg


搭乗口も決まってなかったので、時々フライトインフォメーションをチェックしつつ、2時間以上遅れないでよ~と思っていたら、20時過ぎに搭乗口が表示されたのでホッ。
a0100706_21341693.jpg


明日からは標高の高いクスコで睡眠不足は大敵なので、洗面を済ませたら、搭乗口付近で寝て待つことに。(搭乗口付近だとツアーの誰かが起こしてくれると思ったので)もっとも寝過ごすほど熟睡は出来ませんでしたが。
22時過ぎから搭乗開始で、運良く2人並びに一人だったので2席利用して、寝る体制に。機内食は、深夜なのにこってりしたラザニア?
a0100706_21343315.jpg

ランチが胃もたれしていたので、ちょっとだけ頂いて、後はひたすら眠ります。結構揺れたけど、寝ていたので酔わずに済みました。結果的にこれが高山病を防いだのかも?




1時10分にリマの空港へ到着し、うとうとしつつペルーに入国。ぼーっとしたまま、お迎えのバスに乗り込み、シェラトンリマホテルへ向います。現地ガイドさん風邪を引いていたのに、こんな遅くまでご苦労様です。
ペルーでは、観光客の宿泊は免税になるので、常にパスポートを預け宿泊カードを記入しないといけません。ほとんどの箇所は旅行会社が記入してくれているのですが、署名欄のみ本人が記載しないといけないので、意識もうろうとしつつ、サイン。
現地ガイドさんや添乗員さんも「お疲れのところすいません」とお詫びしてくれていますが、何とかして欲しいものですね。
こちらのホテルではウェルカムドリンクがあるとのことで、この時間でもOKだそう。ペルーはピスコサワーと言うカクテルが有名なのですが、クスコのように標高の高い所でアルコールは控えた方が良いので、飲むとしたら今日かナスカしかチャンスはありません。ちょうど寝酒に良いわ~と思い、ピスコサワーを頂き、お部屋に持って行って頂くことにしました。遅い時間なのでピスコサワーはパスしてペットボトルのお水を頂いている方もいらっしゃいました。

お部屋は、やっぱり5☆ホテルだけあって、広くて調度品も立派です。TVはLGの液晶TV32インチ位。暗証番号式のセーフティボックスもありました。せっかく良いホテルですが、寝る時間がなくなるので一通りお部屋チェックをし、バスタブにお湯を張ってゆっくり浸かって、ピスコサワーを頂いてお休みなさい☆
a0100706_21354762.jpg

ピスコサワーは、葡萄の蒸留酒ピスコを卵白とレモンとともにシェイクしたカクテルで、アルコール度数は高いけど、甘くて飲み易かったです。
a0100706_21345267.jpg

by ajisai0614 | 2009-11-02 00:00 | '09年9月 南米 | Comments(0)