「おいり」

 先日(大阪在住の)幼馴染みが入籍したので、お祝いを渡しがてら、久しぶりに会ってきました。同じ大阪に住んでいるけど、勤務体系が違うので彼女に会うのは1年ぶり位? たまに電話やメールで近況報告をしていたので、あまり久しぶりと言う感じはしなかったのだけど^^;
 旦那様は5月末から東京に4ヶ月間の出張でいらっしゃらなかったので、独身時代と変わらず3人でお喋りして、すっきり(笑)

 で、彼女にお祝いを渡したところ「おいり」を頂きました。私の実家の方では、結婚式には「おいり」付き物なのですが、確かJALの機内誌か何かで読んで、最近知ったのだけど「おいり」は香川の西讃方面の方のみのお菓子のようなので、ちょっとご紹介。
 と言っても私が知っているのは、花嫁さんが持って来るお菓子と言うくらいで、原料が何から出来ているとかかは知りません。
 「おいり」は、披露宴の引出物に入っていたり、お嫁さんが嫁ぎ先のご近所に挨拶に行く時の、手土産みたいなもので、それに小さいバケツやノート、(お嫁さんの名前を入れた)風呂敷、紅白の水引などと一緒に配られます。最近は目にすることがなかったので、久しぶりに見れて懐かしかったです。
 
a0100706_21414954.jpg


 「おいり」について調べたところ、四国新聞の記事に詳しい説明が載っていました。記事はこちら
 これによるともち米が原料のようですね。
四国新聞の記事ではないけど、これからも続いて欲しい風習だと思いました。そして、末永くお幸せに。Yちゃん♪
Commented by fu-ko at 2008-06-22 10:57 x
私は四国地方出身の友人が居ないので初耳でした!!(@_@)
四国新聞の記事も読みましたけど、結構手間がかかっているお菓子なんですね~。
色どりも良いし、一度食べてみたい気がします☆

それにしても、「お嫁入り」って地方によって色々ですね~。
関東は特にな~んにもないですけど(^_^;)
Commented by ajisai0614 at 2008-06-22 11:57
 「おいり」は子供の頃から普通にあったので、独自の風習と知った時には、逆の意味で衝撃でしたよ(笑)
 最近は地方文化の見直しとかで色々な風習が紹介されているので、fu-koさんのご実家の方にも意外とあるかもしれませんよ(^^)
 
 
by ajisai0614 | 2008-06-21 00:00 | 頂きもの | Comments(2)