台北4日目その①

 今日も起きたら良いお天気。去年行こうと思って行けなかった、九分(正しくは人偏に分だけど、変換できないので九分と表示します)へ行く事へしました。
 と言うわけで、まずは台北駅へ向かいます。到着したのは11時15分過ぎだったけど、次の電車は12時のようで、仕方ないので瑞芳までの自強号のチケット(80元)を購入し、台北駅を見学です。去年来た時より、新幹線開通に合わせてか綺麗になっている感じです。台湾新幹線にも乗りたかったので、そちらを見学。当日でもチケット購入は簡単そうです。料金も日本に比べたら安いので、次回は是非これで周遊したいな。
 10分くらい前になったので、改札を通ってホームへ。私の乗る電車以外は5分前後遅れているようでした。12時になり電車が到着したので、乗り込みます。指定席だったのですが、思っていたより、混んでいます。客層も、台湾人や欧米人と幅広い。回りの方達も九分へ行くみたいで、それぞれのガイドブックを見ています。40分位だからうたた寝をしていて、はっと起きたら40分を過ぎています。でも回りの様子を見ると未だ到着していない感じ。10分弱の遅れで到着。ホームでは「ベントー、ベントー」とオバちゃんがお弁当を売っています。「お弁当のことか!」と妙に納得して嬉しかったです。駅からバスに乗るので駅前のバス亭へ。バス亭には「九分行きのバスは向かい側から出ます」と日本語の表示があるので分かりやすいです。でもしばらく待ってもバスが来ないので、間違えてないか不安になって日本人の女性二人組に声を掛けたら、彼女達も九分へ行くと言うのでご一緒させてもらいました。そうこうしているうちにバスが到着したので、乗ろうと思ったら、バス代は15元とバスの入り口にも「地球の歩き方」にも書いてあるけど、運転手は「22元」と言っているようです。仕方ないので、20元を払い乗り込んだら、後ろの方に昨年秋より22元に値上げした旨書いてあります。だとしたら、言葉の通じない観光客達は20元しか払って無いので、バスの表示を前も後ろも変えておかないと紛らわしいわ。
 



 
a0100706_2224134.jpg

a0100706_223281.jpg


地球の歩き方には15分から20分くらいと書いていたけど、今日は5月1日で台湾も労働節の祝日です。そのせいか道がとても混んでいて、到着までに1時間も掛かりました。お陰でバスの中で彼女達とゆっくり話すことが出来て良かったけど。彼女達は東京、もう一人は新潟から来てて、26日に日本を出て、明日帰国で、7日間台北のみの滞在だそうです。歩き方には、舊道で下車して、散策して、帰りは九分から乗ると良いと書かれていたので、その通りに。
 バスを降りたら、観梅亭に立って市街を眺めます。そのまま人の波に沿って、基山街、賢崎路と土産物街を散策しました。それにしてもすごい人出で、もっと寂れたところだと思っていた私達はビックリ。それから臭豆腐が臭い。
 暑さと人込みであまり食欲は無かったけど、ここではモチモチした食感が有名な芋圓を食べないと。行列の出来ていた「阿柑姨芋圓」でお買い上げ。階段上で座って街並みを眺めながら頂きます。モチモチして美味しい~。結構ボリュームもあります。
a0100706_2232136.jpg


 写真はガイドブックに良く掲載してある、九分の風景ですが、近くで見て気がついたのは、ガイドブックで赤いとこが実際は剥げかけているということでした。
by ajisai0614 | 2007-05-13 22:04 | '07年GW 台湾 | Comments(0)