台北3日目その②

 新店からのバスが結構揺れて、道は悪くないのに、ガタガタ言うので30分近く乗っていたら酔ってしまいました。帰りも乗らないといけないと考えるとブルーだわ。
 何とかバスターミナルに到着したので、まずは散策。この辺りは烏来特定風景区に指定されているようで、マイナスイオンが一杯の感じです。トロッコ(片道50元)で2.5キロ先の烏来滝の前まで行きました。ここから更にロープウェイに乗る事もできますが、乗り場まで階段を登らないといけなかったので、乗っていません。現地人の観光客も多かったけど、トロッコ乗り場には日本語表記もあり分かりやすかったです。
 トロッコ乗り場近くのお店で、マンゴーカキ氷を食べて無料の露天風呂(水着着用)を探しました。近くまで行ったら、おじさんやおばさんが水着でくつろいで居ます。若い人も居たけど、着替える所の鍵があるのかないのか不明だったし、水着はあるけど、タオルを持ってくるのを忘れたので、ここで入ったら後が困ると思って、見学だけして、温泉街へ戻りました。春秋烏来へ行こうと思ったけど、地図に描いてある場所辺りに行っても見当たらないし、1時間位しか滞在出来ないことを考えると料金も高いので却下。結局、地球の歩き方に書かれていた小川源温泉(250元でタオル付き、鍵付きのロッカーもありました)へ行きました。日帰りは大体300~400元だったので思っていたより、台湾の物価を考えると高いです。
 さて、小川源温泉、片言の日本語で案内され、中に入ったらお風呂は3つくらい(ぬるめ、熱め、水風呂)。現地のオバちゃんが多かったです。熱めのお風呂に入りたかったので、入っていたら入浴する順番を書いた表示を教えてくれました。ぬるめから入るのが正しいらしい。あと、ジャグジーのボタンも押してくれたりして、何気に親切でした。
 暑くなったので、外の空気に当たろうと休憩室へ行ったら、外から丸見えでビックリ。おばちゃんが「バスタオルを巻いて出てね」とジェスチャーで教えてくれました。バスタオルを巻いて、デッキチェアに横たわり、うたた寝しました。途中すごい雨音で目が覚めたら、外は大雨。なので、ゆっくりしてから帰りましょと思いそのまましばらく熟睡。
 
a0100706_2017598.jpg

a0100706_20181410.jpg

 



 18時位になったのでそろそろ帰ろうと着替えてバス亭へ。帰りのバスは激混み。何とか座れたけど、酔うことを考えると席は譲れません。バス亭を出て、1つめか2つめのバス亭で、春秋烏来を発見し、そりゃ歩いても見つからないわ~と思いました。温泉街までの間にいくつかのきれいな温泉ホテルを見つけたので、この辺りが新しいホテル街なのかしらん?と思いました。温泉街の中は鄙びた感じのお宿が多かったです。
 今日も20時からのコンサートに行こうと思っていたけど、先ほどの雨で、地面は濡れているだろうと思うと、何だか面倒になり、中山駅まで出て晩ご飯を食べて帰る事にしました。ウロウロしながら、東京の方にも支店を出している、京鼎楼でショウロンポウと小さめの麺を頂きました。(二つで200元弱?)その後、忠孝復興駅で降りて、冰城でマンゴーカキ氷を食べました。
a0100706_2018273.jpg


クーポン利用で120元が100元へ。こちらのカキ氷は下の方は普通の氷、途中で練乳の氷、上にマンゴーどっさりで、大きさは冰館と変わらないくらいのボリュームです。ちょっと肌寒かったけど、完食!日本語の表示はないけど、写真があるので注文には困りません。冰館より安いし、忠孝復興駅から徒歩5分くらいなのでお勧めです。その後、忠孝復興駅近くのそごうでウィンドーショッピング。日本の物がたくさん置いてあったけど、日本より高いので購買意欲減退。お店の人は関税とかで高くなるって話してました。22時の閉店まで居て、遅くなったけど明るかったので、ホテルまでダッシュです。遅い時間でも人が多いから怖くは無かったです。
 ホテルに着いたら、ジャグジーバスを楽しみ、日本語のチャンネルで「Hero」(キムタクと松たか子の月9ドラマ)を見て、お休みなさい~
by ajisai0614 | 2007-05-13 20:18 | '07年GW 台湾 | Comments(0)