台北3日目その①

今日はホテルチェンジの日です。いつもは前半にお得なホテル、後半に私にしてはちょっと良いホテルを選ぶのだけど、今回は行く前の日程が決まらなかったこともあり、直前までキャンセル可の楽天トラベルで豪城大飯店を予約していました。しかし、4月26日になってネットでキャンセルしようと思ったら、ネット上で出来なくなっていたため、そのまま3泊ともこちらのホテルに決めました。一応四つ☆は付いているけど、口コミも無いし、他のサイトではラブホチックであるとの口コミがあったりして、いささか不安です。
 そんな気持ちも手伝ってチェックアウト時間の12時まで城市商旅でのんびりしました。と言うより、前日遅かったので起きるのが遅かったのですが。
 とは言え時間が来たので、荷物を持ってタクシーにて移動です。タクシー代は145元でした。ちなみに豪城大飯店はMRTの大安駅徒歩3分、忠孝復興駅徒歩5分と立地は抜群です。斜め向にはハーワードプラザホテル台北があります。
 



チェックイン前に着いたけど、お部屋に入れるとのことでお部屋へ。当初案内された6F の部屋は、バスタブ無し。バスタブ有りでこのホテルに決めたのに~とフロントに言ったら11Fのお部屋にチェンジしてくれました。こちらの部屋の方が何だか豪華な感じ。
 入った時は何となく嫌だ~と思ったけど、お風呂はジャグジー付で、ラブホチックではありますが、DVDもあるし、日本語チャンネルもあるし、駅にも近いし、何より城市商旅の約半額ということを考えると妥当かな。台湾のスタンダードだとバスタブなしとか部屋が狭いとか書かれているので、それに比べれば料金はスタンダードだけど、設備は充実していると思います。帰る時に気がついたのですが、フロント奥のロビーには日本語可のPCも2台常設してあり、無料で利用出来るので便利でした。ホテル内の表示は日本語がありますが、フロントでは通じません。英語はOK.
 朝食のおかずは日替わりですが、あまり期待しない方が良いかもしれません。
香城大飯店&商旅と言う、台湾のビジネスホテルチェーンのようなので、客層は台湾人、欧米人が多かったです。日本人は私の滞在中には見かけませんでした。
 
a0100706_20202526.jpg


さて、落ち着いた所で、昼食を食べて、今日は烏来温泉へ行きましょう。大安駅近くの八方雲集で焼き餃子(1つ5元、5つ以上から注文の事)と酸辣湯(30元)を頂きました。ちなみに焼き餃子は鍋貼と書くようです。水餃子は日本語と同じ。このお店はチェーン店のようで市内のあちこちで見かけました。
a0100706_20204871.jpg


by ajisai0614 | 2007-05-13 20:14 | '07年GW 台湾 | Comments(0)