'19年9月 チュニジア 手配編

2019年9月18日から9日間
『全都市デラックスクラス滞在 少人数で巡る 魅惑のチュニジア9日間』 各出発日20名様限定/マトマタ・ジェリド湖訪問/3都市2連泊<プレミアムステージ>

基本旅費/大人(大人) 318,000円 大人 1名様分 318,000円
加算費用空港税・空港使用料(大人) 4,500円 大人 1名様分 4,500円
燃油サーチャージ(飛行機)(大人) 21,000円 大人 1名様分 21,000円
旅客保安サービス料(大人) 310円 大人 1名様分 310円
日本国内空港使用料(国際線)(大人) 2,730円 大人 1名様分 2,730円
国際観光旅客税(大人) 1,000円 大人 1名様分 1,000円
合計347,540円 →現地空港税の差額280円が当日返金あり

ツアー行程表

地名交通予定
1日目
9月18日(水)
関西空港発
ドバイ着
23:35
04:50
EK-317

■空路、ドバイ乗継にてチュニジアの首都チュニスへ

お食事: 朝 :×× 昼 :×× 夕 :機内食
宿泊地:(機中泊)
2日目
9月19日(木)
ドバイ発

チュニス着

チュニス発
スファックス着
09:00

12:25

EK-747

■着後、スファックスへ



■着後ホテルへご案内


★デラックスクラス(弊社基準)に2連泊★

お食事: 朝 :機内食 昼 :機内食 夕 :
宿泊地:(スファックス泊)
3日目
9月20日(金)
スファックス発

スファックス着

■一路、マトマタへ


■有名なSF映画のロケ地として知られる、マトマタ観光。

現地の方が暮らしている、民家訪問にもご案内。



■ジェリド湖へ

真っ白な塩原でのお写真ストップ


■スファックスへ

お食事: 朝 : 昼 : 夕 :
宿泊地:(スファックス泊)
4日目
9月21日(土)
スファックス発
エル・ジェム着
エル・ジェム発
スース着

■ローマ遺跡の世界遺産エル・ジェムの円形闘技場を観光。


■地中海を代表するリゾート地「地中海の真珠」とも呼ばれる世界遺産スース旧市街観光(メディナ)



★デラックスクラス(弊社基準)に2連泊★


お食事: 朝 : 昼 : 夕 :
宿泊地:(スース泊)
5日目
9月22日(日)
スース発
スース着

■世界遺産ケロアン(カイルアン)旧市街観光(北アフリカ一美しいと称されるシディ・サハブ廟(◎)、グランドモスク(○)、アブラブ朝貯水池(◎))


◇城塞風ホテルでのご昼食



■ホテルへ


早めのホテル入りでごゆっくりおくつろぎください。(約15時頃)


■■ クラブツーリズムオリジナル企画 ■■

9月18日出発は、地中海サンセットクルーズにご案内いたします。

美しい地中海に沈む夕日を見ながらカクテルパーティーをお楽しみください。

お食事: 朝 : 昼 : 夕 :
宿泊地:(スース泊)
6日目
9月23日(月)
スース発
チュニス着

■フェニキア時代の遺跡の世界遺産ケルクアンの古代カルタゴの遺跡観光。 ■観光、チュニスへ戻り、世界遺産のチュニス旧市街観光。


★デラックスクラス(弊社基準)に2連泊★

お食事: 朝 : 昼 : 夕 :
宿泊地:(チュニス泊)
7日目
9月24日(火)
チュニス発
チュニス着

■チュニジア国内でも最も保存状態が良いと言われる世界遺産ドゥッガ遺跡を見学。


■かつての栄華を偲ばせる世界遺産カルタゴ遺跡を見学



■チュニジアンブルーが最も美しい町シディ・ブ・サイドを散策し、チュニスへ。


お食事: 朝 : 昼 : 夕 :
宿泊地:(チュニス泊)
8日目
9月25日(水)
チュニス発
ドバイ着
14:05
23:10
EK-748

■朝食後、モザイクが名高い考古学博物館バルドー博物館見学。


■空路、ドバイ乗り継ぎにて帰国の途へ。

お食事: 朝 : 昼 :× 夕 :
宿泊地:(機中泊)
9日目
9月26日(木)
ドバイ発
関西空港着
03:40
17:50
EK-316

■通関手続き後、解散となります。

お食事: 朝 : 昼 : 夕 :×





 クラブツーリズムは、割と早めにツアーの発表があるので、お正月前からいくつか旅先の候補をピックアップ。昨年行きそびれたグランドサークルにしようかと思ったんだけど、ちょうど良い週末発着のツアーなし。 
 まずは日程が合って、私の行きたい旅先候補、ウズベキスタン、スリランカ、レンソイス、ポーランド、南イタリア、北欧からいくつかピックアップ。
 Yさんは欧州はあまり興味ないみたいなので、こちらは一人で行く時用に避けて(笑)、ウズベキスタンはウズベキスタン航空の設定のみ。出来たらアシアナ航空(その後、売却決まったので今後は就航するのか不明)か大韓航空で行きたいので却下。
 GWにインドに行くことにしたので、比較的近いスリランカは今回はパス。結果的に4月末のテロでツアーが中止になりました。
 レンソイスも行きたいけどなかなか日程が合わず。料金も高い。GW明け位に、ブラジルビザ廃止の発表がされ、記念で?7日間で40万少々のコンパクトなツアーも出たけど、せっかく遠い南米まで行くのに、+アルファの観光地も観たいなと思って却下。
 今回申し込んだ関空発着のチュニジアは、チュニジアにしてはちょっと高くて32万円弱。でもプレミアムステージの商品だし、最大20名様だし良いかなぁと思って2月下旬に申込。
 GW明け位から、集客状況をチェックするけど、なかなか催行確定になりません。しかも、同じツアーのその他の月は、すべて催行中止。9月も催行中止になったら困るので、一応サブ候補をチェック。たまたま同じ日の出発で8日間の羽田発成田着のコースがありました。そして、料金は23万円。1日短いけど、9万の差は大きい。東京の往復足してもこちらの方が安いし。そして、気になる内容はホテルもDX、いずれもエミレーツ、観光地もほぼ同じで、最大22名様で、ちょっとだけ違うけど、料金のこの差はなんでしょう?
→9/7の説明会の時に聞いたら、同じDXでもプレミアムステージの商品の方が更に良いホテルとのこと。本当かしら?(笑)

 ちょっと東京往復が面倒だけど、こちらも催行確定出てないので、第二候補にしつつ、様子をみることに。同じエアラインだし、日程も同じなので、掛け持ち予約は不可。
 催行確定までは、価格的に東京発着のツアーにしようかと思ったりしたけど、東京に定時後移動だと、万一台風で、国内線や新幹線が止まったりしたら、目も当てられません。国内線と海外は別手配だから、当日東京に行けなかったら、当日キャンセル扱いになります。まぁ台風が近づいていたら、有給追加して、当日早めか前日に移動しても良いけど、それもなぁ…と色々考えているうちに、6月下旬にようやく催行確定が出ました。それも関空発着も東京発着も同日に。この時点で関空発着は7名、東京発着は10名以上集まっていました。
 この時点で関空発着は7名だから、20名も集まらないんじゃないの?と予想し(笑)、このまま関空発着のコースで申し込むことに。
 9月7日の説明会の時に聞いたら、5名に減っていて、少なすぎてビックリしたけど、私の予想当たりました(*^^)v ちなみにドバイからチュニジアは同じフライトだったので、チュニジア入国時にチラッと確認したら20名弱で私たちの方を羨ましそうに見ておられましたよ。5人だとかなり楽だったので、これはこれで良かったかな。
 ただ、5名だったので、現地のバスがミニバスと言うかミニバン。長距離バス移動は大型バスの方が楽だったので、これはマイナスでした。
 さらにちなみに、9月19日関空発の7日間のツアー(22万位、一応チェックしていたけど、せっかく遠くまで行くので長く行ける方が良いかと思って今回のツアーにした。)があって、クルーズの時だけ合流で、こちらは7名だったので大型バスで、一番コストパフォーマンスが良かったんじゃないかと思います。最終的な参加人数ばかりは、参加しないと分かりませんけどね。

 6月頃になると色々ツアーも出てきて、コスタリカやコロンビア、北米や中米のクルーズ船も気になったけど、いずれも料金が40万円以上。サーチャージとか色々足していたら50万円近くなるので、今回は止めておこうかなぁと。

by ajisai0614 | 2019-10-27 00:00 | ’19年9月 チュニジア | Comments(0)