阪急たびコト塾~世界のコンサート~

 今日は、ピアニストの森本美帆さんがご案内する世界のコンサート169.pngのお話。
 第1部は~サヴォンリンナ・オペラ・フェステイバルの愉しみ方~です。
 サヴォンリンナは、フィンランド屈指のリゾート地、サヴォンリンナの湖に浮かぶように岩の上に立つオラヴィ城の中庭で毎年7万人以上が訪れるフィンランド屈指のオペラ祭。
 正直、このオペラフェステイバルもサヴォンリンナと言う地名も知りませんでしたが(;'∀')、こう言うフェステイバルはお話を聞くだけでも楽しいですしね。
a0100706_22232137.jpg
a0100706_22233433.jpg
 今年のプログラムは、ジョアキーノ・アントーニオ・ロッシーニ。セビリアの理髪師やウィリアムテル序曲で有名ですね。


2:10辺りからが、有名かな?


 8:40からのスイス軍の行進が運動会でお馴染みの曲です。

 ロッシーニは、イタリアロマン派初期の作曲家ですが、音楽に固執することなく、美食家としても知られているそうです。フランス料理のロッシーニ風とは、彼の名前から来ているそうです。ロッシーニ風とは、フォアグラやトリュフと言った高級食材をソースに使っている料理。

 そして、ボーマルシェ「フィガロ三部作」の紹介があり、①「セビリアの理髪師」やモーツアルトの②「フィガロの結婚」、ミヨー③「罪ある母」のあらすじの紹介。この3部はつながっている物語だけど、③は先生もご存じなかったんだとか。
 三部作を通して、喜劇でメロドラマや不倫、浮気という今も昔も好まれそうなストーリーです(笑)登場人物が多いので、観る場合は事前に人間関係を整理しておいた方がベター。




昼休憩を挟んで第2部は、「プラハの春」音楽祭オープニングコンサートの紹介。
 プラハで開催されるクラッシック、特に管弦楽や室内楽のための国際音楽祭で、ホストはチェコ・フィルハーモニー管弦楽団。その他にも著名な音楽家やオーケストラが招待される。チェコ・フィル創設50周年に当たる1946年から開催。毎年春スメタナの命日でもある5月12日に彼の代表作「わが祖国」の演奏で幕を開ける
そうです。時期的にGW明けだから働いている間に行くことは難しいですね。
a0100706_22233725.jpg
a0100706_22234074.jpg
 で、今年は第74回でヤコブ・フルシャ指揮(チェコ人37歳)とドイツのバンベルク交響楽団の演奏でスタートだそうで、チェコフィル以外の楽団が演奏することも多いみたいです。
 チェコの作曲家として有名なスメタナは、あまり知られていないけど聴覚を失っていたそうです。
 ちなみに、チェコと言えば、スメタナホールが有名ですが、スメタナホールは市庁舎で、同じ建物内にいくつかのホールを有しているので、スメタナホールのコンサートを見たい場合で個人でチケットを取る際は、ホール名をチェックしてくださいねとのこと。

 個人的には、「モルダウ」は、高3の時の吹奏楽部のコンクール自由曲だったので、とっても思い入れのある曲です。吹奏楽と管弦楽なので多少雰囲気は違いますが、モルダウ川の流れるような曲調や雄大な景色を思い描けるこの曲は大好きです。なので、2004年にプラハに行ったとき、モルダウ川(チェコ語ではヴルタヴァ川と言う)の上のカレル橋を歩きながら、モルダウが頭の中をぐるぐる流れていたのでした。
 そして、夜はミニコンサートを聴きに行って懐かしい思い出に浸っていたのに、近くで寝息が聞こえてきてガッカリした記憶が思い出されます(笑)
まぁ、興味のない人にとっては眠気を誘いますものね。チェコもハンガリーに行ってから15年も経っているから、今日の話を踏まえてまた行きたいです。

 「わが祖国」モルダウはスメタナの祖国であるチェコの歴史、伝統、風景を描写した作品で、6つの交響詩からなる連作交響詩。→標題を持つオーケストラ作品。
 1.ヴィシェフラド プラハの城の名前
 2.ヴルタヴァ(独:モルダウ)
 3.シャールカ 女性の名前で、ツチラトという男の将軍と死闘を繰り広げた谷の名前でもある。
 4.ボヘミアの森と草原から
 5.ターボル
 6.ブラニーク

 
1&2、5&6はそれぞれペアで、チェコ国家の最終的勝利を映し出している。
 先生の説明では、この曲は、ヴィシェフラドの楽譜がテーマとなっていて、この楽譜に彼の名前「ベドルジハ・スメタナ」が音として入っているそうです。分かったような分からなかったような(;'∀')、
a0100706_22411694.jpg
うまく説明できないのでwikiを調べたところ
4つの音で構成される主題(B♭-E♭-D-B♭)がヴィシェフラド城を示しており、第2曲『ヴルタヴァ』の終わりと第6曲『ブラニーク』の終わりにも提示される。この主題の最初の部分には、スメタナの名前の頭文字B.S.(=B♭-E♭[注釈 2]が音として刻まれている。wikiには 私が写した楽譜も綺麗に紹介されていました(笑)
a0100706_22453554.jpg





by ajisai0614 | 2019-03-21 00:00 | 日記 | Comments(0)