『空海ーKU-KAIー美しき王妃の謎』

 『空海ーKU-KAIー美しき王妃の謎』を観てきました。予告編を見て、映像が豪華絢爛&阿部寛さん出演&空海のお話と思って観に行った訳ですが、うーん、実際は楊貴妃と黒猫の復讐と言う感じ?
 確かに映像は綺麗だし、衣装も豪華絢爛で良かったんだけど、気味の悪いシーンが多くて気持ち悪かった。
 日中合作映画で、中国語のタイトルは『妖貓傳(妖猫伝)』となっていたので、こちらの方がぴったりかも!?

a0100706_20402679.jpg





解説

空海を主人公にした夢枕獏の小説「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」を実写化した歴史ドラマ。7世紀の中国を舞台に、遣唐使として同国を訪れた若き日の空海が不可解な権力者連続死亡事件の真相を追う。メガホンを取るのは、『さらば、わが愛/覇王別姫(はおうべっき)』などの名匠チェン・カイコー。『ヒミズ』などの染谷将太が空海を、『黄金時代』などのホアン・シュアンが彼と一緒に事件に挑む詩人・白楽天を演じる。日中の俳優陣の顔合わせに加え、湖北省襄陽市に建てられた唐の都のセットにも注目。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

7世紀、唐の時代の中国。若き日の空海(染谷将太)は、遣唐使として日本から唐へ向かう。密教の全てを会得しようという決意に燃える中、ひょんなことから詩人の白楽天(ホアン・シュアン)と出会う。交流を重ねていく一方、権力者が連続して命を落とす不可解な事件が唐の都で起きていた。その真相に迫ろうとする空海と白楽天だが、二人の前に歴史が生み出した巨大な謎が立ちはだかる。

シネマトゥデイ (外部リンク


by ajisai0614 | 2018-03-01 00:00 | エンタメ | Comments(0)