『君の膵臓をたべたい』

 今日は先日当選した『君の膵臓をたべたい』の試写会@大阪商工会議所。先週と同じ場所で同じ後輩Tさんと参加です。 
 気味の悪い&ちょっと怖そうなタイトルですが、映画を見るとちゃんと意味があることが分かりました。映画の内容は、青春映画で涙腺が😢
 が、しかし、ネタバレになるけど、意外な展開でさよならになったのが残念でした。
司会の方によると小説が原作ですが、映画は12年後の様子も描かれていて原作を読んでても楽しめるのでは、とのことでした。桜良を演じる浜辺美波ちゃんの女子高生、初々しくて可愛かったです
a0100706_19585765.jpg
タイトルとストーリーのギャップで話題を集めた住野よるの同名ベストセラー小説を実写映画化した青春ドラマ。高校時代のクラスメイト・山内桜良の言葉をきっかけに教師となった“僕”は、教え子の栗山と話すうちに、桜良と過ごした数カ月間の思い出をよみがえらせていく。高校時代の“僕”は、膵臓の病を抱える桜良の秘密の闘病日記を見つけたことをきっかけに、桜良と一緒に過ごすようになる。そして桜良の死から12年後、彼女の親友だった恭子もまた、結婚を目前に控え、桜良と過ごした日々を思い出していた。大人になった“僕”役を小栗旬、恭子役を北川景子がそれぞれ演じる。「黒崎くんの言いなりになんてならない」などの新鋭・月川翔監督がメガホンをとり、「ホットロード」「アオハライド」など青春映画に定評のある吉田智子が脚本を担当。

by ajisai0614 | 2017-07-20 00:00 | エンタメ | Comments(0)