日体大体育研究発表実演会①

本日のメインイベント「日体大体育研究発表実演会」へ。半年前にAちゃんから誘われた時は、イマイチどんなイベントか分かってなくて、「集団行動」もなんのことだろう?と思いながら、Aちゃんのおじ様がご招待してくださると言うので、お言葉に甘えて、Aちゃんファミリーに合流することに。Aちゃんのお母さんYさんはお茶のお稽古でご一緒していて知り合いです。
a0100706_01230715.jpg

15時開場だけど、早めに行かないと席が取れない(席はブロックごとの自由席で、私達は招待席Bと言うエリア)と言うので14時半過ぎに会場へ到着。既にYさんやお友だちが並んでくれていたので合流。15時に開場後は、ダッシュで私とAちゃんが座席取りに。Aちゃんファミリーはもちろんお友だち等で総勢20名近い団体様だったのでした。
 オープニングは梅花学園のチアリーディング。本格的なチアを見たのは初めてだったので、思わず私もやりたくなりましたよ。絶対に無理だけど^^;
a0100706_01235141.jpg
 

開会式では理事長の松波健四郎氏の挨拶や、
a0100706_12611.jpg

司会の森末慎二氏、日体大体操では田中理恵さんなど日体大に縁のある有名人もいらっしゃいました。
a0100706_1254473.jpg

プログラムは下記の通り。
 各競技ごと、大阪出身者の紹介もあったりして、地元出身の子にとっては晴れ舞台ですね。
体操や新体操などオリンピックでお馴染みの競技もあったりして、テレビでしか見たこと無かった競技も間近で見ると興奮しますね。司会の方の話によると日本の五輪のメダルの半数以上?は日体大出身者の物らしく、日本のアスリートのトップ大学なんですね。
 実際今日の参加者にも五輪出場者や世界レベルの選手も多かったです
プログラム
1)伝統芸能(和太鼓)
2)バスケットボール
3)陸上競技
4)体操競技
5)レスリング
6)チアリーダー
7)トランポリン
8)新体操
9)少林寺拳法
10)体操
11)集団行動
12)ダンス
13)エッサッサ




バスケットボールは、ダンクシュートの紹介や陸上競技ではハードルや高跳びの紹介などがあったんだけど、やっぱりこう言う競技より、チアやトランポリン新体操の方が見応えはありました。
a0100706_127344.jpg

 体操競技、新体操、体操と色々種類がありますが、4)体操競技と言うのが昔で言う器械体操、内村選手とかで有名な競技です。10)の体操は、組体操みたいな感じ。森末氏曰く、こう言う組体操もきちんと指導者が教えたら組体操の怪我も減るんですけどねぇ~とのこと。
 
レスリングではリオ五輪銀メダリストの樋口黎選手(真ん中の小柄な方)も登場。
a0100706_127988.jpg

レスリングのフリースタイルやグレコローマンの解説等もあり分かり易かったですよ。

 個人的にはやっぱり新体操とか華やかなのが好きかな。
a0100706_1282971.jpg

あと、体操競技では女子平均台を目の前で見たのでこれは凄かった。平均台の幅は10センチ。私なら真っ直ぐ歩くだけでも落ちそうです(笑)
 トランポリンも競技用と一般用では支えているのがスプリングとゴムの違いがあり、普通の人が競技用のトランポリンで飛んだりしたら、膝がガクッとなるそうです。平均台は無理でもトランポリン位なら出来そうと思ったけど、なかなかハードルが高いですね(笑)そして、8メートル位の高さに飛べるみたいです。
 知らなかったけどシンクロナイズド競技と言って、並べたトランポリンで2人同時に演技して、演技の同時性や着地のタイミング(レーダーで判定)を競う競技もあるそうです。
a0100706_128048.jpg

Commented by ともっち at 2016-12-06 12:36 x
楽しそうなイベントですね~
私は日体大の関係者でも卒業生でもないのですが日体大卒業生の知人(かなり年配(^-^; )が宴会の最後は必ずエッサッサで閉めないと~!と常に言っていたのを思い出します(^^)
日体大名物なんですね~そういえば松波健四郎氏も日体大出身でしたね!一流選手のパフォーマンス~見ごたえあったでしょうね!!
Commented by ajisai0614 at 2016-12-06 22:12
ともっちさん 私も日体大とは全く関係ない人なんですが、友人のおじ様が日体大の集団行動の指導者の清原先生で、そのご縁で今回のイベントに誘って頂いたんです。なので、エッサッサも初めてで、上半身裸の男性がいっぱいはちょっと衝撃的でしたよ^^;
 そんな訳でほとんどどんな内容か知らずに観に行った訳ですが、一流選手のパフォーマンスを目の前で見て、俄然東京五輪観に行きたくなりました(笑)
 
by ajisai0614 | 2016-12-03 00:00 | 日記 | Comments(2)