『キャロル』

今日は、アカデミー賞主演女優賞、助演女優賞ノミネートだったし、衣装も綺麗そう♪と言う理由で『キャロル』を観てきました。
が、少々疲れが残っていたのか、19時スタートで予告篇の途中から寝てしまったみたいで^^;気が付いたら19時半。あちゃー。肝心な二人の出会いのシーンを見逃してしまった。まぁ、良いわ~とそこからは起きていたんだけど、事前にあらすじを読んでなかったこともあり、うん?なんか思っていたのと違う?
解説
「ブルージャスミン」のケイト・ブランシェットと「ドラゴン・タトゥーの女」のルーニー・マーラが共演し、1950年代ニューヨークを舞台に女同士の美しい恋を描いた恋愛ドラマ。「太陽がいっぱい」などで知られるアメリカの女性作家パトリシア・ハイスミスが52年に発表したベストセラー小説「ザ・プライス・オブ・ソルト」を、「エデンより彼方に」のトッド・ヘインズ監督が映画化した。52年、冬。ジャーナリストを夢見てマンハッタンにやって来たテレーズは、クリスマスシーズンのデパートで玩具販売員のアルバイトをしていた。彼女にはリチャードという恋人がいたが、なかなか結婚に踏み切れずにいる。ある日テレーズは、デパートに娘へのプレゼントを探しに来たエレガントでミステリアスな女性キャロルにひと目で心を奪われてしまう。それ以来、2人は会うようになり、テレーズはキャロルが夫と離婚訴訟中であることを知る。生まれて初めて本当の恋をしていると実感するテレーズは、キャロルから車での小旅行に誘われ、ともに旅立つが……。テレーズ役のマーラが第68回カンヌ国際映画祭で女優賞を受賞した。

a0100706_22462623.jpg






1950年代のアメリカが舞台で、要は女同士の同性愛の話でした。大人の女性のケイト演じるキャロルに憧れる初々しいテレーズが初々しく描かれていて可愛かった キャロルのゴージャスな衣装とか50年代のアメリカの街の雰囲気は良かったんだけどね。
同性愛者の気持ちは理解出来ないので共感できることはなかったけど、こう言う感じでレズとかも始まるのかしら?と思ったり。
まぁ、悪くないけど何と言うかちょっと理解しがたい感覚で、正直わざわざ劇場で観なくても良かったけど、多分自宅で観たら集中できないので、劇場で観て良かったけど。ちなみにレディースデーと言うことと100席位のシアターでしたので、満席で、私と同じく注目している人も多かったんじゃないかと思わ
れます。
by ajisai0614 | 2016-02-24 00:00 | エンタメ | Comments(0)