オランダ&ベルギー5日目②

チューリップも色々な品種やカラーがあって、これだけ同時に色々比べれると迫力があります。
a0100706_2348824.jpg

a0100706_23482672.jpg

a0100706_23485188.jpg

a0100706_2349914.jpg

a0100706_234929100.jpg

a0100706_23495224.jpg

a0100706_23501413.jpg

a0100706_23503153.jpg

a0100706_2350577.jpg

a0100706_2351975.jpg

a0100706_2352548.jpg

a0100706_23522140.jpg

a0100706_23524323.jpg

a0100706_23525432.jpg

a0100706_23531926.jpg

途中、ゴッホの絵画をイメージした展示やミッフィのコーナー。a0100706_23432368.jpg

a0100706_23434539.jpg

13時ごろまで、園内をうろうろしていたら、先ほどの親子連れに再会。こんな広い園内で再会するなんて~と思ったけど、思っていたほど日本人観光客はいなかったのでした。
暑かったので途中でアイスを食べて休憩(2.5€)a0100706_23454526.jpg

a0100706_2346484.jpg

レストランは園内何か所かにあったけど、混んでいたので軽食を持ち込むのも良いかと。(8€)
a0100706_23442787.jpg

a0100706_2344170.jpg
園内をぐるっと囲むように運河が流れていて、この運河クルーズと言うかボート(
8€)に乗ってみようと思いチケット売り場に行ってみたら、今(14時30分)からだと18時のボートになりますと言われ、諦めます。
a0100706_024032.jpg

引き続き園内をくまなく見学。
a0100706_23553380.jpg

a0100706_23555329.jpg

a0100706_23561681.jpg

a0100706_23563485.jpg

a0100706_23571216.jpg

a0100706_23573934.jpg

a0100706_23575667.jpg

a0100706_23581099.jpg

a0100706_23583727.jpg

a0100706_2359356.jpg

なぜだかお花繋がり?で、鳥取花回廊のコーナーがあったり、
a0100706_23594578.jpg

オランダらしく風車や木靴などの置物も。
a0100706_003940.jpg

a0100706_013341.jpg

温室もあったので疲れていたけど、サーッと見学したけど、あじさいとかやっぱり花弁が大きいですね。
a0100706_033871.jpg

a0100706_04963.jpg

a0100706_042633.jpg

結局18時過ぎまで園内をウロウロし、お土産を購入したら、さすがに疲れたので帰りましょう。帰りはオルゴールを楽しみます。
a0100706_07973.jpg

入る時人が多過ぎて見えなかった看板。
a0100706_072031.jpg




が、帰りのバスももちろん大混雑だし、多分立ちっぱなし。ふと見たらライデン行きのバスもあり、ライデンはバスで20分位だし、ちょうど見たい場所があったので、行っちゃいますか。(18時15分~18時40分)
バスは分かり易い柄なので、直ぐに見つけれます。
a0100706_08894.jpg

ちなみに車内はこんな感じ。ね?荷物置きが高いでしょう?
a0100706_08229.jpg

ライデン行きの混雑度合いはマシでした。18時40分ごろ駅前に到着したら、小腹が空いてきたので、駅前のファーストフードで食べようとオーダーするも通じなかったり、売切れと言われ(ホント?日本人だから差別してるんじゃないの?と言う感じ)てイラついたので安いポテト(1.5€)だけお買上げ(爆)
a0100706_09729.jpg

a0100706_092343.jpg

ライデンの街は徒歩で見学です。地図を見ながら観たいスポットまで。
a0100706_011437.jpg

a0100706_0112884.jpg

a0100706_0115498.jpg

a0100706_0122159.jpg

ライデンンは、オランダ最古の大学があり、幕末に長崎の医師として赴任したドイツ人シーボルトが晩年日本研究に励んだところです。と言う訳で、運河沿いを歩いて、民俗学博物館やライデン大学、シーボルトハウス等を外観から見学。
a0100706_010526.jpg



ライデンの街ではあちこちの壁に詩が書かれていて、芭蕉の句もあるんですよ~。このミスマッチさが面白い。写真だけ撮って、気がすんだので、そろそろ帰りましょう。
a0100706_012455.jpg


 このまま帰っても良いけど、夕食をどうしようかな?と思い、ふと見えたトルコ料理のファーストフード店へ。
ケバブ(3.5€)だけ頼んだら、お客さんが居なかったせいもあるけど、1€のアイラン(塩ヨーグルト)をサービスしてくれました♪ 喉が渇きそうだから、好んで飲まないけど、サービスしてくれる気持ちが嬉しいですよね。
a0100706_11132456.jpg

a0100706_11134124.jpg

 ゆっくり、明日の予定を考えながら食事を済ませ、気分良くライデンの街を去ることができました。
 帰りは20時27分発ライデンからスキポール20時44分着(6.7€)で乗って、そこからシャトルバス(20時55分発~21時10分着)
 ちなみに、オランダの鉄道は、クレカでも購入できるけど0.5€手数料が必要で、窓口はもう少し手数料が高かったと思います。なので、なるべく現金で購入がお勧めなんだけど、これがまた紙幣の支払いは不可なので、重いコインを多数用意しておかないといけないのが面倒。(両替機もなし)英語表記もあり、利用しやすいけど、この点だけは改善をお願いしたいですね。
Commented by あっちゃん at 2015-12-01 20:11 x
ホント、いろいろなチューリップがありますね~。
でも、園内のボートも3時間以上待ちとは…
あじさいさんの写真でいろいろと拝見できたので、私はこれで十分満喫できて満足かな(笑)

ライデン、名前くらいは聞いたことありますが、実際にどんなところかはよく分からず… 日本にも縁のある場所なんですね。オランダの街の壁に芭蕉の句なんで面白いです♪ 海外でこういうの見つけると、ついつい写真撮っちゃいますよね(^_-)
Commented by ajisai0614 at 2015-12-01 21:49
> あっちゃん チューリップ 花弁やらカラ―やら色々ありましたよ~。名称も書いていたけど、どうせ整理が追いつかないので撮影してません(爆)
 園内のボート、呼び込んでいたから直ぐに乗れるのかと思って行ったんですけどねぇ。まぁ、この旅行ではボートクルーズ何度か乗ったので、無理に乗らなくても良かったんですけどね^^;

 ライデン、私も地名を知っていた程度で、時間があれば行こうかな?と思っていた街なので、タイミング良く行けて気がすみました。海外で日本を見つけるとつい撮っちゃいますよね~。
Commented by fu-ko at 2015-12-10 12:50 x
続けて5日目も拝見♪

空港からのバス乗り場。私もいつも感じますけど、海外のこういう列の並びってホント分かりにくいですよねっ!(-_-;)
係員を置かないなら看板くらい立てて!!
こういう感覚って日本人だけなのかしら?外人さんってあんな分かりにくい列で何も感じないのかといつも不思議です・・・。
さて、今回の旅のハイライト「キューケンホフ公園」。
さすがチューリップの国!!種類がスゴイ多い~~~!!(*^_^*)
八重やフリルや、色もた~くさん!!あとで写真の整理が大変になる事が分かっていてもガンガン撮っちゃいそう(笑)
これだけの他種類のチューリップを1ヶ所見られるのは、きっと世界の中でもこの公園だけでしょうね~♪
ライデンの街は日本と縁のある街なんですね~。英語圏でもない国で日本語を見ると不思議な感覚かも(^_^;)。芭蕉の句ってたくさんあるけど、壁に書かれたのがなぜあの句なのか?チョイスの理由が知りたいデス(笑)
Commented by ajisai0614 at 2015-12-10 22:50
 fu-koさん、海外の列の並び分かり難いことが多いですよね。分かり易く合理的な点は、日本人って素晴らしいと思います。

 キューケンホフ公園のチューリップ、種類も量も多いでしょう(*^_^*) 構図とかのセンスがないので、素晴らしさが伝えきれないのが残念ですが^^;
 ちなみに品種とかを書いた札もあって、初めの方は撮っていたんですが、途中で面倒になって止めました(爆)

 ライデンの街で見た日本語。遠く離れた異国の地で日本語を見ると妙に嬉しいですよね♪ 
by ajisai0614 | 2015-11-28 00:00 | '15年GW オランダ&ベルギー | Comments(4)