ベネズエラ3日目①

2014年9月16日(火)
今朝は8時40分出発で、希望者はヘリのOPでロライマ山の卓上台地へ向かいます。
3班に分かれて、当初は早朝に3便とも出る予定だったようですが、天候の加減で①7:37、②9:32、③10:40発と変更になりました。なので、②班以降は、出先で観光しながら交替でヘリに乗りに行く感じ。 
で、OP参加しないので、ゆっくり起きるつもりだったけど、添乗員さんが隣の部屋へモーニングノックしに来たので、その音で目が覚めました(笑)せっかくなので、早めに起きて朝食を頂き、ロッジ周辺を散策。
a0100706_1354675.jpg

ロッジは2部屋づつ敷地内に点在しています。
a0100706_1363315.jpg

入って直ぐがロビー兼レストラン
a0100706_1364995.jpg

プールもあり、写真で見るとリゾート風です。
a0100706_1384821.jpg

1班のメンバーが帰って来たのでお話を聞いたら、卓上台地に着陸出来たそうです♪ヘリなので、多少揺れはあったようですが、良かった~(←おばちゃん)とおっしゃっていたので、それを聞くとやっぱり行ったら良かったかなぁと思ったり(笑)
でも3班のメンバーさんによると、わざと?かどうか分からないけど急降下してくれて、気分が悪くなって、怖かった(>_<)(←同世代の男性)と聞いたので、やっぱり止めておいて無難だったかも?と思ったり。結局、お天気が良かったこともあり、私達のツアー3班とも無事に着陸出来たようで、添乗員さんも一安心と言うところでしょうか。
 ちなみにロライマ山はこんな感じ。とは言え、多分ヘリでの撮影だと、こんなに綺麗に撮れないんじゃないかと。雲や霧のタイミングもあるし。20億年も前の台地で、独自の植物などもあるそうですが、やっぱり標高が2810mで、寒いのそうです。霧が凄い時期だと、数メートル先も見えなくて、ヘリに乗れなくなったりしたら大変なので、降りた位置からそんなに離れないように説明がありましたよ。
a0100706_1393377.jpg
 
 今日も、パンアメリカンハイウェイ(アラスカのフェアバンクスからアルゼンチンのフェゴ島まで続く道路)を通り、まずはハスぺの谷へ。
ロッジからハイウェイまでは、舗装されてない道路なので激しく揺さぶられます(笑)
a0100706_1411033.jpg

a0100706_142194.jpg

a0100706_1423263.jpg

駐車場から、100段ほどの石段を登り、その後森の中へ。
a0100706_1434876.jpg

a0100706_1441152.jpg

a0100706_1442323.jpg

途中、ヘリポート(と言っても草むらの中にあるだけ)も見え、ロライマへのフライトもここから行くそうで、2班のメンバーはとはここでお別れ。1台のヘリを回しているので、順番になります。
a0100706_1444316.jpg

a0100706_1451290.jpg

a0100706_1453230.jpg

森を抜けると赤い岩が広がっています。
a0100706_1455632.jpg

a0100706_146728.jpg

a0100706_1461767.jpg

a0100706_157610.jpg

ハスぺの谷…ハスぺとは碧玉(へきぎょく)の一種で、ここは鉄などの不純物を20%ほど含んでいるため赤くなっている。こう言った物が面積50k㎡に渡り広がっている。水に濡れると赤が鮮やかで綺麗。2段の滝になっていて、滝に打たれることが出来る。
 個人的には、静岡の宝石店で見た宝石(碧玉=ジャスパー)を思いだし、これを掘り出して売ったら高く売れるかなぁ?なんて考えちゃいましたよ(笑)もちろん掘ったりしてませんけど。
a0100706_15729100.jpg

a0100706_1575347.jpg

a0100706_15849.jpg

 滑ると危ないので、靴下を履いて滝で水遊び♪ガイドのベネトンさんが腹滑りをしてくれました。
a0100706_154399.jpg

a0100706_1481261.jpg

ツアーの若い男子(右側の子)も滑ってみたけど、痩せているので骨盤が当たって痛いみたいで(笑)、程よくお腹に肉がないと上手く滑れないようです。
 




そうそう、青い蝶々?が飛んでいて綺麗だったんだけど、動きが早くて写真に撮ると分かり難い。写真右上
a0100706_223938.jpg

停まっていると、羽が閉じられて青いのが分からなくて残念!
a0100706_1591345.jpg

 滝遊びをしている間に、2班のメンバーが帰ってきて、3班のメンバーがヘリのOPへ。濡れたりするから、3班の人は着替えが面倒だったろうなぁと思ったり。

 そんな訳で、ヘリOPの無かった私と1班のメンバーは結構長い時間ハスぺの滝で遊べました。着替えを置く場所も十分なかったのですが、添乗員さんがレジャーシートを持って来ていて、助かりました。
 
 ハスぺの滝を満喫した後は、サンフランシスコ ユルアン村のレストランで昼食です。a0100706_158476.jpg

早めに着いたけど、用意に時間が掛かって待たされたりしたけど、その間近所の民芸品店などを見れて良かったかな。と言って欲しい物もないけど^_^;
a0100706_203147.jpg

a0100706_205657.jpg

a0100706_21810.jpg

a0100706_1595486.jpg

a0100706_201185.jpg

 12時25分~昼食でサラダ、ビーフ、ライス、バナナ。コーラーとビール1人1本はサービス。
a0100706_1593473.jpg

Commented by Alice at 2015-02-22 16:05 x
ロライマ山、皆さん下りれたみたいでよかったですね。でもあじさいさんの予想通り、そこそこ揺れるし、パイロットさんは面白がって急降下するので、苦手な人は辛いかも。写真も、あんな写真は撮れませんが上陸できた事実が楽しかったりします。

ハスぺの滝は誰もいなくて、貸し切り状態だったんですね。私の時はたくさんの観光客が水浴びしてて、向かう途中から「きゃーきゃー」ってはしゃぐ声が聞こえてました(笑)。着替えるところもなかったから、ゴム入りのバスタオルを巻いて着替えたり、途中のトイレで着替えたりしてましたよ。

それにしても、ヤッコ―キャンプ。素敵ですね~。リゾートっぽいロッジで。こんな宿もあるんだなぁ、と眺めてました(笑)。
Commented by ajisai0614 at 2015-02-22 19:37
Aliceさん この日はお天気も良かったので、ロライマ山へのフライトは全員着地出来たので、添乗員さんも一安心だったことと思います。そうそう、パイロットさんのサービス?で急降下、あれ心臓に悪いから止めて欲しいんですよね(;_:) 今回、エンジェルフォールズのセスナも、山間すれすれや、急降下して川辺すれすれを飛んだりと、ヒヤヒヤでした。添乗員さん曰く「お天気が良くて、風がないからこそのサービスですよ。」なんておっしゃっていましたが、普通に飛んでも怖いのに…。

 ハスぺの滝は、貸切状態で、私達の時は、着替えは水着を着用して行ったんですよ。で、手荷物だけ添乗員さんが持ってきたレジャーシートに置いて遊ぶと言う感じでした。
 
 ヤッコーキャンプ、写真で見るとリゾート風ですが、実際は…。場所を考えると十分なんでしょうけど。個人的にベネズエラで快適に過ごせたのはカラカスのホテルだけでした。多分、Aliceさんも同じなんじゃないかと(笑)
by ajisai0614 | 2015-02-14 00:00 | '14年9月 ベネズエラ | Comments(2)