『それでも夜は明ける』

 今日は、本年度アカデミー作品賞他受賞の『それでも夜は明ける』の鑑賞@TOHOシネマズなんば

解説: 奴隷制度がはびこっていたアメリカを舞台に、自由の身でありながら拉致され、南部の綿花農園で12年間も奴隷生活を強いられた黒人男性の実話を映画化した伝記ドラマ。主人公が体験した壮絶な奴隷生活の行方、そして絶望に打ち勝つ希望を描き出す。監督は『SHAME -シェイム-』のスティーヴ・マックィーン、黒人男性を『2012』などのキウェテル・イジョフォーが演じる。共演には、マイケル・ファスベンダー、ベネディクト・カンバーバッチ、ブラッド・ピットら豪華キャストがそろう。

あらすじ:1841年、奴隷制廃止以前のニューヨーク州で自由黒人として家族と共に幸せに暮らしていたバイオリニストのソロモン・ノーサップ(キウェテル・イジョフォー)。彼は白人2人組に騙され、南部に奴隷として売り飛ばされてしまう。農園で家畜同然の扱いを受けながら暮らす黒人たちの様子は、同じ黒人である彼にとって、にわかに信じがたい現実だ。しかし、白人に刃向かえば鞭で打たれ、逃亡を試みれば処刑される。もう家族に会う願いは叶わぬのか。白人たちの非道な仕打ちに虐げられながらも、彼は自身の尊厳を守り続ける。やがて12年の歳月が流れ、ソロモンは奴隷制度撤廃を唱えるカナダ人労働者バス(ブラッド・ピット)と出会い……。

劇中、有能なソロモンは白人の反感を買い、かろうじて地面につま先がつくという状態で大木に首を吊らされる。後ろでは他の黒人たちが黙々と働き、やがて陽が暮れ、そのまま放置され項垂れているソロモンただ1人の姿。見ているこちらまで息苦しくなるほど、長く、残酷なシーンだ。また彼は、狂信的な選民主義者で農園主のエップス(マイケル・ファスベンダー)に犯されている若い黒人女性パッツィー(ルピタ・ニョンゴ)を鞭打つよう命じられる。やせ細った彼女の背中の肉は、縦に横に裂けていく。マックイーン監督は、顔を背けたくなるような場面でも手綱を緩めない。生きる望み、そして尊厳を奪われるとはどういうことかをシュガーコーティングすることなく、まざまざと目前に見せつけるのだ。

主演キウェテル・イジョフォーは、抑制の効いた演技でソロモンの苦悩を体現。本作に出演するまでほぼ無名だったルピタ・ニョンゴは、パッツィー役でアカデミー賞助演女優賞を受賞。これからの活躍が大いに期待されている。『それでも夜は明ける』は、3月7日から日本公開。

a0100706_22483298.jpg





 ある程度予想していたけど、思わず目を覆いたくなるようなむごたらしいシーンが多くて…。
 ただ黒人にも自由黒人と奴隷になる黒人がいたことを初めて知りました。
 人身売買や人種差別、あってはならないことですが、当時は白人>黒人と言う差別がまかり通っていたことを改めて知ることができました。
 とは言え、少し前まで南アフリカのようにアパルトヘイト政策を取っていた国があるように、今も根深い問題なんだと思います。実際、アパルトヘイトは禁止されたとは言え、現地では今も差別があるようですし。マンデラ大統領が収監されていたロベン島の刑務所でも理不尽なことが多かったんだろうか?と今更ながら思ったり。
 鞭に打たれたり、理不尽な暴力を受けるのは、想定内でしたが、若い女性は性の犠牲にもなっていたりと…。
 ただ奴隷は物や家畜と考える人がいる一方で、人によっては彼らの良い面を見ぬいて、優しくしてくれる良い人もいたりしたんだなぁと思ったり。
 最後は、自由黒人と証明が出来て、奴隷から解放されるのだけど、その他大勢の奴隷たちは残酷な生活が続いていたと思うと、すっきりとした気持ちにはなれませんでした。
 いずれにせよ、内容が重くて暗いので、見終えた後はどっしりと疲れましたが、作品としては、良い作品だと思います。
Commented by fu-ko at 2014-03-15 16:18 x
黒人奴隷、人種差別等、予想どおり内容は重~~いみたいですねぇ(^_^;)
アカデミー賞授賞式を見て、大好きなブラピ(笑)がプロデュースした作品だと知ったので、「じゃ、観に行こうかなぁ~?」とも思いましたが・・・ う~ん。。。
映画館では、良い音響と大画面でこそ楽しめる作品を観たいほうなので、WOWOWの放送を待つ事になるかもしれません(^_^;)
Commented by ajisai0614 at 2014-03-16 09:39
fu-koさん 予想通り、重い内容なのでWOWOWに加入されているなら、そちらを待った方が良いかと。わざわざ大画面で観るような映像はないですし。
 そうそう、ブラピ いつ出てくるんだろう?と言うほど最後の方にちょっと出ているだけです。もちろん彼は良い方の白人役で、物語のキーパーソンにもなる役なので安心して観れますよ。
  
by ajisai0614 | 2014-03-12 00:00 | エンタメ | Comments(2)