「最強のふたり」

昨日19時10分頃届いたメール。

いつもご利用ありがとうございます。
GAGAシアターです。
この度は、『最強のふたり』無料オンライン試写会に
ご応募いただき、誠にありがとうございました。
厳正なる抽選の結果、見事ご当選されましたのでお知らせ致します。
本作は、8/28(水) 0:00~23:59までの間で、視聴可能となっております。
ご登録頂きました、ID(メールアドレス)/パスワードにてログイン頂き、
マイページよりご覧ください。


 28日は火曜だし??と思っていたら、30分後に視聴可能時間は28日(火)の誤りでした。との訂正メールが届き、昨日の夜届いて、その数時間後から24時間視聴可能か~と思い、昨夜0時を過ぎてからチェックしたら、予告編は視聴できるけど本編が視聴できず??予告編ばかり3回も見てしまいましたわ^^; 早く寝ろって!?(笑)
 しかし、口コミを見たら、皆さん同じく視聴できない模様。諦めて問い合わせ窓口にメールをして寝たところ、0時から2時まで不具合で視聴できなかったとのこと。
 そんな訳で、その間にログインした方は29日(水)~23時59分まで視聴可能との返事を頂き、本日ようやく見ることが出来ました^^;

解説
主演2人の演技が世界中で絶賛された感動のヒューマン・コメディ。実話を基に、首から下が麻痺した大富豪の中年男と、ひょんなことからその介護人となったスラム出身の黒人青年が、互いの境遇の違いを乗り越えて真の友情を育んでいく姿を、ユーモアを織り交ぜハートウォーミングかつエモーショナルに綴る。主演は「主婦マリーがしたこと」のフランソワ・クリュゼと「ミックマック」のオマール・シー。監督はこれが長編4作目となるコンビ、エリック・トレダノ&オリヴィエ・ナカシュ。

あらすじ
 パラグライダーの事故で首から下が麻痺してしまった大富豪のフィリップ。彼の新しい介護人募集の面接にやってきたのは、いささか場違いな雰囲気の黒人青年ドリス。スラム街に暮らす彼の目的は、失業手当をもらうための不採用の証明書だった。周囲の憐れみの同情と腫れ物に触るような態度に辟易していたフィリップは、そんなドリスのふてぶてしい態度に興味を抱き、思いつきで採用してしまう。ドリスには介護の経験がないばかりか、趣味や生活習慣にいたるまで互いが歩んできた世界はまるで水と油。いつまで持つかと思われたが、障がい者相手にも遠慮することなく本音で接するドリスは、他の誰よりもフィリップの心を解きほぐし、いつしか2人は固い絆で結ばれていく。
a0100706_2257232.jpg




 あらすじを読んだ時、感動系かなぁ?と思って見たら、確かに感動系ではあるけどドリスの遠慮が無い物言いと言うか、下品と言うか、一歩間違えたら失礼だったり、セクハラまがいの発言がしんみり涙を誘うと言うよりは、笑いに変わってしまう映画です。フィリップもドリスのその遠慮の無い物言いが返って心地よく、2人は心から信頼しあえる仲になっていく過程を描いた映画です。

 途中、2人でフィリップが麻痺の原因になったパラグライダーで飛ぶシーン。正確に言うとドリスとフィリップそれぞれにインストラクター?がついて2人一組で飛んでいるシーン、怖いけど気持ち良さそうでした。自宅のPCだから迫力なかったけど、劇場の大画面で見たいなぁと思ったシーンでした。
 あとは、自宅でフィリップの誕生会でクラッシックの名曲が流れる度にドリスの「あぁ、この曲はコーヒーのCMだね、とか職安の電話の保留音」とか言うシーン。私の文面では面白さが伝わらないけど面白かったです。
 最後のふざけた髭剃りでナチスを思い出すようなシーンもフランス映画だからありなのかしら?フランス映画って暗くて、眠くなりがちだけど^^;、これはどちらかと言うと笑いとヒューマンドラマで口コミ通り良かったし、お勧めしたい映画です。障がい者に対する考え方とか接し方を考えさせられる映画でした。
 そして、この二人の話は実話だそうで、フィリップは再婚して今はモロッコ在住、ドリスは結婚して社長?だそう。スラム街出身から考えると大出世ですね。
 
by ajisai0614 | 2012-08-28 22:00 | エンタメ | Comments(0)