「落とし文」

今日のお菓子は、「落とし文(おとしぶみ)」
スズランみたいなお菓子だと思っていたけど、違っていました^^;
持ち帰った容器に入れたまま写真を撮ったので、風情がありませんが爽やかなこの季節にピッタリのお菓子ですね。
a0100706_23191483.jpg

「落とし文」とは、公然とは言えないことや秘かに想う恋心を伝えるために、伝えたい人の近くに落として拾わせた置手紙のことで、「オトシブミ」が葉を丸めて巻物状にするのがそれによく似ていることから名づけられたもので、葉を巻いて中に卵を産む「オトシブミ」と言う甲虫に似ていることから来た言葉だそう。
と言うことは、この露と思っていたのは、虫の卵と言うこと!? 食べたけど(笑)

ところで4月から二人新しい方が入ってこられました。1名は私と同世代か少し上と思われるKさん、もう1名は結構年配?のSさん。
 と言うのもSさんが「(お茶のお稽古の教室の)近くで30年程油絵を教えております。」とおっしゃていて、名刺を頂いたので、帰宅後調べたところ、結構有名な先生のようです。
 お茶の先生もGW中に、SさんやSさんの生徒さんの絵画展を観に行き「感動したわ~。」と話しておられ、いつもは軽い話が多いお稽古ですが、今日はなんだかアカデミックな教室に変わったのでした(笑)
私は絵を描くのは全くダメダメですが、観るのは好きなので、また機会があれば観に行かせて頂きたいと思います。
by ajisai0614 | 2012-05-14 00:00 | 日記 | Comments(0)