西王母(「せいおうぼ」、または「さいおうぼ」)

 今日のお茶のお菓子。お雛様も近いし、見たまま「桃」かと思ったら、ご銘は「西王母」だそう。どうしてか?と思って調べたら、「西王母」とは、中国で古くから信仰された女仙、女神で、西王母が漢の武帝に与えたという、3000年に一度実がなる桃。めったに手に入らない珍しいもの、また、長寿のたとえ。
 が由来みたいだそうです。
a0100706_21105693.jpg

 「西王母」と聞いた時、三国志の時代の話かな?と思っていたら、別の生徒さんが「清の時代の人よね。」と言いだし、「それは西太后よ~」と突っ込みが(笑) どちらかと言えば私の思っている時代の方が近かったようですが、お茶のご銘や季語って別名とか色々あって勉強になりますね。
by ajisai0614 | 2012-02-27 00:00 | 日記 | Comments(0)