大連&旅順 3日目①

今日は、ツアーでは自由行動日ですがOPで旅順観光を申し込んでおきました。基本は昼食付のOPでしたが、10名以上参加者がいるので、サービスで餃子の有名店での夕食1500円相当もつけてもらえることになり、ラッキー♪19時半からは今回の目的の花火を見に星海広場まで行く必要があるのだけど、時間は問題なし。(事前に日本でOPの終了時間を確認済み)
更に、希望者はサービスで行きは星海広場までツアーのバスで送ります。ガイドさんは、他のOPの人に付いて行くので、運転手さんだけが送ってくれるとのこと。チップなども不要とのことでありがたや~。
結局、希望者は私達母娘と同じく花火が目的で参加されたご夫妻のみでした。他の方は寒そうだし、市内のあちこちで花火が上がっているからわざわざ行かなくても&帰りが混みそうなのでと言うことで来られませんでした。

昨日と同じく7時に起床。NHKで「カーネション」が映っていて、母が不思議そう。「時差があるから、今は日本時間の8時だよ。」と伝えると、納得した模様。
 TVを見ながら身支度を済ませた後は、朝食レストランへ。昨日とほぼ同じラインナップで、天気も微妙。
 9時に出発し、旅順へ向かいます。OPは17名だったので、大半の方が参加している模様。
 大連から車で1時間弱で旅順に到着。まずは、日露戦争の激戦地、東鶏冠山北堡塁(とうけいかんざんほくほるい)の見学。東鶏冠山北堡塁は、東鶏冠山に築かれた日露戦争時のロシア側防御要塞跡です。
なので、日本語、中国語、英語、ハングル語表記に加えてロシア語表記もあります。でも実際旅順見学に来るのは圧倒的に日本人が多いそう。まぁ敗戦国のロシア人が見学する気持ちにならないのも分かる気が。とは言え、日本軍もかろうじて陥落で、死傷者9,000人以上、ロシア側守備兵はほぼ全滅したそうです。
a0100706_2335081.jpg

a0100706_23352033.jpg
 
a0100706_23354985.jpg

1926年に建立された記念碑
a0100706_233696.jpga0100706_23362122.jpg
 
望台山砲台 標高185mの高台にある砲台跡
a0100706_23364330.jpga0100706_23365924.jpg

ロシア軍の司令部跡
a0100706_23372869.jpg

ロシア軍で最も有名なコンドラチェンコ少尉の慰霊碑
a0100706_2337404.jpga0100706_2338111.jpg

世界和平と刈り込まれていました。
a0100706_23381361.jpg


続いて、日露戦争最大の激戦地で有名な二〇三高地の見学です。地名を知っている程度で詳しいことは知らなかったけど、今回行って勉強になりました。
a0100706_23384461.jpg


駐車譲から爾霊山記念碑のある場所までは、徒歩15分で、乗り合いタクシーもあります。「タクシーだと一人100元掛かるけど、二〇三高地の周辺を回ってくれて、戦死した乃木希典陸軍大将の次男保典の慰霊碑も見ることができます。」とのこと。

「一人100元って高いわ~。」と思ったけど、母が「慰霊碑見たいから乗りましょ。」と言うので利用。他の方は歩いて登ってらっしゃいました。徒歩でも十分登れるけど、周辺を回れるから良かったことにしましょ。
歩く場合はこの坂道を登ります。
a0100706_2339831.jpg

これが乗り合いタクシー…オフシーズンだからか利用者なし^^; 運転手は写真を見せながらジェスチャーで説明してくれて親切でしたよ。
a0100706_23392563.jpg

乃木希典陸軍大将の次男保典の慰霊碑
a0100706_23394276.jpga0100706_23395675.jpg


一旦爾霊山記念碑でツアーの方と合流。日が差してきたけど、風が冷たくて寒い(>_<)
a0100706_23401680.jpga0100706_23402947.jpg


お天気が良かったらここから旅順港が見えるそうだけど、生憎のお天気で…。
a0100706_23405226.jpg

a0100706_2341763.jpga0100706_23412628.jpg




ちなみに同じツアーでOPに参加されていない方(旦那様同士がご兄弟でそれぞれご夫婦で参加されていて、旅順はタクシーをチャーターしたそうです。)とここでばったり。前日の夜にお兄さんの方が「大連には仕事で30回以上来ているけど、観光は初めてで旅順は行ったことないので今回は旅順を楽しみにしているんですよ。」と話していたのにOPに参加してないので変だなぁと思っていたのです。同じところを回るにしても、チャーターの方が融通も効くから良いですよね、。

山上での見学後は、私と母は一旦車に乗り込み、山の周りを回ってもらいます。
途中、運転手が写真とジェスチャーで説明。慰霊碑なのかな?
a0100706_23414564.jpga0100706_2342497.jpg


ちなみに山道はこんな感じ。整備されているけど、道幅が狭いのでスピードを出されるとちょっと怖い。
a0100706_23565424.jpg


しばらく市内を走っていたかと思うと、路上で突然車を停めたので、何事?と思ったら、道を隔てたところにあるのが、川島芳子の住居跡だそうで、外観は洋風で大きい館ですがかなり廃墟化しています。さらに近くで見たらガラスが割れていたり、中もボロボロだけど、外観からは往時に思いを馳せることは出来るかも?
a0100706_23521773.jpg

a0100706_2352405.jpg

by ajisai0614 | 2012-02-26 00:00 | '12年2月 大連&旅順 | Comments(0)