NHKカジュアルクラッシックコンサート♪

 今日は先日当選したNHKとJ:COM の「NHKカジュアルコンサート」@大阪中央公会堂でした。大阪中央公会堂は何度か利用したことあるけど、レトロと言うか、古い建物と言う印象だったのですが、今日のお話では1918年に建てられて今年で93年!だそう。もちろん途中で改装などはしていると思いますが、柱や天井など90年以上前からあるのか…と思うと感慨深かったです。
 一緒に行ったおば様曰く「私が若かった頃はもっと薄暗かったのよ。」とおっしゃっていたので、当時より照明は明るくなっているんでしょうね。後ろや端の方に空席がチラホラあったので、応募者が少なかったのかな?と思っていたら、「今回は6,000名以上の応募があったんです。」とのこと。当選者数は不明だけど、客席は800席前後を考えると当選したのはラッキーでした。

*NHK大阪放送局と株式会社ジェイコムウエスト大阪セントラル局では、「NHKカジュアルクラシックコンサート」を実施します。
NHK交響楽団・東京フィルハーモニー交響楽団など一流オーケストラのメンバーを中心としたピアノと弦楽による室内楽コンサートです。クラシックの名曲から、映画音楽、ポップス、ジャズまで様々なジャンルを演奏します。*

出演者
<ピアノ> 今村 尚子(ピアニスト)
<オーボエ> 小林 裕(東京フィルハーモニー交響楽団首席奏者)
<バイオリン> 松田 拓之(NHK交響楽団)
<バイオリン> 大宮 臨太郎(NHK交響楽団)
<ビオラ> 坂口 弦太郎(NHK交響楽団)
<チェロ> 山内 俊輔(NHK交響楽団)
<ゲスト> 吉澤 友美(ジャズピアニスト)

プログラム
1.バレエ組曲「くるみ割り人形」より第13曲「花のワルツ」/作曲:チャイコフスキー
2.ドビュッシー「夢」/作曲:クロード・ドビュッシー
3.ベートーベン ピアノ三重奏曲「街の歌」より第3楽章/作曲:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーベン
4.アラジン/作曲:作曲:アラン・メンケン 編曲:長山善洋
5.チャールダーシュ/作曲:ピットリオ・モンティ
6.赤とんぼ/作曲:作曲:山田耕筰 編曲:長山善洋
7見上げてごらん夜の星を/作曲:いずみたく 編曲:長山善洋
休憩
8.スペイン/作曲:チック・コリア 編曲:吉澤友美
9.ジブリJAZZメドレー(ナウシカ・さんぽ)/作曲:木村弓・久石譲 編曲:吉澤友美
10.夕焼けと影/作・編曲:吉澤友美
11.風と共に去りぬ~タラのテーマ~/作曲:マックス・スタイナー 
12.バッハ パルティータ第1番より/作曲:ヨハン・セバスティアン・バッハ
13.シューマン・ピアノ五重奏曲より 第1楽章/作曲:ロベルト・シューマン
アンコールは「ふるさと」でした。




 弦楽器のミニアンサンブルコンサートと言う雰囲気で、開会の時の司会はJ:comのスタッフでしたが、その後の曲目紹介は、演者が交替で司会や曲に関する紹介する形式でした。大阪開催のせいか、大阪にちなんだ話を紹介してくれて、オーボエの小林裕氏は東京生まれ、北海道育ちなのに阪神タイガースファンで云々(コンサートの途中で試合経過の報告もあり(笑))など、この演者の司会もなかなか面白く、一緒に行ったおばさまと「最近の音楽家は、演奏だけじゃなく、楽しく司会進行も出来ないといけないから大変ね~」と話したのでした。

 肝心のコンサートの方は、交響楽団のような派手さはありませんが、弦楽器の優しい音色(アンサンブルだったので普段聴けないビオラとチェロの音も良く分かりました。)にとても癒されました。そして小林さんのオーボエの音色が弦楽器と上手く馴染んで、オーボエの音色ってこんなに綺麗な音なんだ~と改めて知ることができました。また、ジブリ音楽をジャズ風にアレンジしたら、こんな風になるんだ~。ジャズって普段聴かないけど、吉澤さんのアレンジのお蔭かクラッシックの曲とも上手くコラボするのね~と思ったり。
 今日はレトロな雰囲気満載の大阪中央公会堂で「素敵な芸術の秋」を堪能することが出来ました(*^_^*)
by ajisai0614 | 2011-10-11 00:00 | エンタメ | Comments(0)