'11年9月 南部アフリカ 手配編

2011年9月14日(水)~23日(金)
 クラブツーリズムの「ビクトリアの滝とサファリの南アフリカ周遊 ゆとりの南部アフリカロマン紀行10日間」
 
ツアーの基本料金378,000円 
一人部屋追加代金 40,000円
関西空港使用料2,650円
現地空港諸税 15,000円
燃油サーチャージ 59,000円
→現地空港諸税が14,400円、燃油サーチャージが57,220円に確定したので、当日事前支払い額との差額2,380円の返金あり。

現地取得のため、米ドルで支払い
ジンバブエ査証($75)
ザンビア査証($20)

 クラブツーリズムは、カード会社を通して申し込んでも特に割引等がなかったけど、少しでもお得に利用したかったので趣味人倶楽部を通してインターネットで申し込み。趣味人倶楽部を通して申し込むと、後日ツアー料金の1%がポイントになり、キャッシュバックできるようです。
 私の場合、378,000円の1% 3,780ポイント貯まり、3,000ポイントから交換可能で、500ポイント=500円なので3,500円キャッシュバックできる予定だと思うのですが、実際はどうなのかしら?ツアー出発の翌月15日以降にポイント付与されるそうなので、後日レポします。

 例年通り、年明けから今年の長期休暇の行先はどこにしようか?と検討し、1月の時点で料金発表&早期割引特典のあった旅物語の関西発着カタール航空利用のシリア・ヨルダンを申し込んだのですが、あれよあれよと言う間に中東一帯が…。しばらく様子を見ていたのですがシリアの情勢は悪化するばかり。
 4月になって他の地域で行きたいところ(いっぱいあるので、臨機応変です(笑))を考えていたら、行ってみたかったビクトリアフォールズ周辺が時期的にも良さそうな感じ。
 あと1週間遅い出発なら、南アフリカの首都プレトリアのジャカランダも見られるかもしれませんが、有給&後輩の結婚式に参列する関係でこの日程がベストだったのでした。今回は5日間&5時間取得^^;
 可能であれば関空出発が良いなぁと思っていたら、こちらのツアーは成田、名古屋、関空の混載ツアーで、成田から来る添乗員さんとは香港で合流と言うツアーだったのもポイント高し。香港の空港は何度か行っているので分かるだろうしね。海外旅行が初めてだったら心配かもしれませんが、初めての人がいきなり秘境に行くこともないでしょうしね。 
 GW後に申し込んだのですが、程なく催行保証も出たので、後はこれ以上燃油サーチャージが上がらないこと&現地の情勢が悪化しないことを祈るばかりです。
 結局、燃油サーチャージはMax料金(10月以降は下がるみたい。)だったけど、行ける時に行っておかないとね。




 7月初めに旅行説明会へ参加し、黄熱病の予防接種が必要になったり、ならなかったりと色々ありましたが^^;、何とか参加できることになりました。
 8月末に黄熱病の予防接種しなくても大丈夫だよね?と思って外務省の海外安全ホームページを見たら、またまた10月からイエローカードの所持が必要になるそうで、9月に行った私はギリギリセーフでしたが、何回変更したら気が済むの?

 今回は前泊や事前のビザ申請もないので、手配と言っても以上で終わり。

あ、そうそう、今回の旅行に備えて、動物をズームで撮影できるように高倍率のデジカメ、ドライヤーが置いてない場合(置いていても風量が弱かったり、電源が入らなかったりするとの口コミがありました。)があるかもしれないので、海外でも使えるドライヤー、出発前日になって懐中電灯(現地での停電&スタークフォンテン洞窟入場に備えて)を購入^^;

 それとビクトリアフォールズで水に濡れても足元が大丈夫そうな、クロックスのマリンディを購入しました。今更ながらクロックスデビューです(笑)でも、定番のクロックバンドはごつそうなので、女性らしいラインのマリンディを購入したのがポイント!
by ajisai0614 | 2011-10-01 00:00 | '11年9月 南部アフリカ | Comments(0)