杭州、上海、ソウル1日目①

 7時半ごろ自宅を出発し、いつもながら(笑)ラピートにはタッチの差で乗れなかったので、空港急行で9時頃関空に到着。空港急行はGWと言うこともあり、スーツケースを持った人もチラホラいてちょっと安心。
 例年より減っているとは言え、関空はまずまずの混み具合。早速ANAにチェックインに行ったら、拍子抜けする位空いていてあっという間にチェックイン終了。出国審査は混んでいたので、自動化ゲートで。しかし、何度指紋認証をしても受付できずエラー表示が。指が乾燥しているから?と思って指をこすっていたら、係りの方が出て来られて「もう少し指の腹をスキャナーに置いてみて下さい。」と言われ試してみたらOKに。今回は爪が伸びていたので、指の腹の位置が下の方になったのが、悪かったみたいです。

 無事に出国できたので、免税品店チェック。この前は友達に頼まれた免税品がたくさんあったけど、今回は特にないので自分の物だけチェック。ジル・スチューワートで可愛いリキッドアイシャドーがあったのでお買い上げ♪この前買ったグロスもまだ使ってないのに^_^;
 その後はカードラウンジで野菜ジュースを飲んだりしているうちに搭乗時間です。

 3×3の小さい飛行機でしたが、85~90%位の搭乗率で私の隣は空席でちょっとだけ得した気分。
機内食
a0100706_114669.jpg


 残念ながらパーソナルTVが無い機材なので、ガイドブックを見たりしているうちに、杭州杭州蕭山国際空港空港に到着しました。
 天気予報通り、外は雨…。更には着陸したのに「当局の許可があるまで機内から出られません。」とのことで、さすが中国…と思ったり。でもこれまで中国に着いた時にこんなことを言われたことありませんが。
 ほどなく許可が出たので降りたら、ボーディングブリッジではなく、バス移動でした。なので、階段を降りた所からバスの間は係りの方が傘を差してくれたので濡れずに済みました。入国審査場に行ったら、審査官が誰も居ません。程なく現れましたが、「到着便の時間なんて分っているんだから、それに合わせて準備したら待たなくてよいのに。」と思ったのでした。

 しかも雨のせいか、空港が薄暗い~。小さい空港&飛行機だったので荷物は直ぐに出てきたのは◎でした。広州白雲空港と同じ位の規模かと思っていましたが、広州白雲空港の方がはるかに広くて立派でした。
 空港を出た所で両替をします。100元位の中国元は手元にあったけど、リムジンバス(20元)で駅前まで行って、その後ホテルまでのタクシー代が不安だったので、窓口で2,000円分だけ両替。中国はどこで(空港やホテル、街中)で両替しても大差ないと言う記憶があったので、レートをしっかり見てなかったのですが、両替して手元に来た中国元が93元。
「あれ?100元以上はあるはずなのに?」と思って両替の控えを見たら、確かに両替額は143元だけど、手数料が50元となっています。あちゃー。窓口を見たら確かに小さい字で書いていました。
 もっとたくさん両替したら大した額でないけど、2,000円分の両替だと手数料を入れると1元20円以上!(今のレートは、1元13円弱)悔しいけど、サインをした後だし、中国語も分からないので仕方がありません。これからは気をつけよう>自分。




その後市内行きのリムジンバス乗り場に向かうも、それらしきバスが見当たらず。近くの係の人に聞いたら、英語通じず。筆談で「杭州駅?」と書いたら、「あっち」と教えてくれました。
教えてくれた方は、国内線乗り場だったのですが、近くまで行っても分からず^_^; 
再度係りの人に聞いたら、片言英語で「市内までのバスは無いから、タクシーで行け!」と言われ、タクシーだと100元以上掛かりそうだし、これ以上ここで両替するのは悔しいので、バスを探します。ちょうどバスに隠れて分からなかったけど、ふと見たら市内行きのバス乗り場がありました。行先表示は武林門となっているけど、杭州駅前を経由することは事前に確認していたのでこれで大丈夫。

 ちなみに国際線のターミナルを出て右手にしばらく歩いた所に市内行きのリムジンバス乗り場があります。
 
国内線のターミナルの所にあるチケット売り場でリムジンバスのチケット(20元)を購入し、バスに乗り込みます。漢字なので何となく意味が分かりますが、英語はほとんど通じません。
a0100706_1142672.jpga0100706_1143652.jpg



 バスに乗る時に杭州駅前で降りるか、武林門で降りるか聞かれたので、駅前と答えたら荷物は分けて入れてくれて、荷物の引き換え券も渡してくれたので、こう言う点は意外ときっちりしているようです。
a0100706_1144698.jpg
 
 バスの中は、思っていたより綺麗でしたが、中国なので騒がしいことこの上なし。あまりに騒々しいので「タクシーで行けば良かったかなぁ。」と思っていたら、係りの人(運転手と別で英語が出来る人)が注意してくれて静かになりました。
 空港を出たら、高速を走っていて、ほどなく高層ビルが見えてきました。杭州も思っていたより都会のようです。1時間弱で杭州駅に着いたみたいで降りたのですが、駅と言う割には駅の建物が見えず、路線バスのように道路の片隅で下されたようで、現在位置が分からず。係りの人に聞いたら「杭州駅はこの道を200m位先に行ったところ。」と言われ…。私以外の外国人も困っていた様子だったので、これは何とかして欲しい。
ホントは駅で明後日の中国版新幹線の切符を買ってからホテルに行こうと思っていたけど、雨も降っているし、荷物もあるので諦めて先にホテルに行くことにします。
 が、雨が降っていることもありタクシーがつかまらず。事前に杭州はタクシーが不足していると口コミを読んでいたので、焦りはしないけど、杭州市は4月にタクシーを400台投入って書いてあったんだけどなぁ?と思っているうちに、ようやく空車のタクシーが。タクシーを待っているうちに雨も止みました。実は今回のホテルの位置をきちんと分かっていなかったので、タクシーの運転手も分かるのかしら?と思ったら、住所表示で分かったようでホッ。ホテルまでは15分弱で17元+1元(燃油サーチャージ代)でした。
by ajisai0614 | 2011-05-18 00:00 | '11年GW 杭州、上海&ソウル | Comments(0)