「バーレスク」

 年末から、見に行きたいと思っていた「バーレスク」ようやく見ることができました♪
 TOHO梅田の100席位のシアターだったので、満員御礼でレディースデ―と言うこともあるけど、周りはほぼ全員女性でした。こう言う華やかなショー形式の映画は女性向けかな?
a0100706_018166.jpg
 
あらすじ
スターを夢見るヒロインとショー・クラブの再生を目指す人々が織りなす人間模様を華麗なステージ・パフォーマンスとともに描くエンタテインメント・ミュージカル・ドラマ。
 主演は「月の輝く夜に」のシェールとこれが映画デビューの人気シンガー、クリスティーナ・アギレラ。共演にクリステン・ベル、スタンリー・トゥッチ。監督は俳優や脚本家として活躍し、これが長編2作目のスティーヴン・アンティン。

 かつては栄華を誇った大人のためのショー・クラブ“バーレスク”も、いまや客足が衰え経営難に陥っていた。伝説のスターにして現オーナーのテス(シェール)は、舞台監督のショーンとともに再建に尽力するが、すべては新たなスターの誕生にかかっていた。そんな時、アイオワの田舎町からスターを夢見て単身ロサンジェルスへとやって来た少女、アリ(クリスティーナ・アギレラ)。彼女は偶然目にしたバーレスクの華麗なショーに心奪われる。そして、どうにかウェイトレスとして雇ってもらい、ステージに立つチャンスを狙う。やがて、その歌唱力とダンスの才能がテスにも認められ、ついにスターへの階段を上り始めるアリだったが…。




 アリのサクセスストーリー&恋愛も絡め、クラブ「バーレスク」の経営難をアリの歌唱力と「空中権」←映画を見れば分かります。で乗り切って…とキラキラしたロスの街並みが映し出され、これぞアメリカンドリームと言う感じ。思っていたより、セクシーなダンスと衣装も素敵でした♪
 個人的には、オーナーのテス(シェール)が「YOU HAVEN'T SEEN THE LAST OF ME」を歌うシーンは歌詞をじっくり聴くとジーンとしてきました。
タイトル名を調べようとHPをチェックしたら、ちょうどゴールデングローブの主題歌賞を受賞したみたいで、納得(^^)
by ajisai0614 | 2011-01-19 00:00 | エンタメ | Comments(0)