第47回関空わくわくセミナー「シンガポール・マレーシア」

今日は久しぶりに関空わくわくセミナー「新リゾート都市シンガポールとくつろぎのマレーシア」へ。いつもと同じホテル日航関西空港で開催です。
少し前にシンガポールのセントーサに新しくホテルがオープンして云々と言うのをどこかのブログかHPで読んでいたので、そのお話が聞けたら良いかと思い参加してみました。もちろんお楽しみ抽選会の商品も狙います(笑) 
てっきり商品にシンガポール航空の航空券があると思っていたら、ありませんでした(>_<) 直前に予定表を見て気が付いたけど、せっかくなのでそのまま参加 (^_^)
日航関西ホテルのクリスマスツリー
a0100706_158353.jpg

シンガポール航空は、11月から関空便が増便し、これまでのデイリー運航に加え、月、水、金は23時30分関空発の深夜便が増えた。機材はA330で、機内は最新機材。
 シンガポール航空のCAが着用しているサロンケバヤの制服はピエール・バルマンデザインで、一人ずつオーダーなのでピッタリサイズ。お馴染みの紺(一般)以外にも、緑(リーディングマネージャ)、赤(チーフ)、黒(客室責任者…女性はほとんどいないそう)の制服もあり、男性のスチュワードはネクタイで色分けされているそうです。

 「リゾート・ワールド・セントーサ
セントーサにこの春、USS(ユニバーサルスタジオシンガポール)及び4つのリゾートホテルが開業。さらに2012年には2つのホテルが開業&世界最大の水族館や海洋博物館がオープン予定。
 中でもクロックフォードホテルは、ご招待状のあるゲストのみ宿泊できるオールスィートのホテルだそう。

 USSは、USJの5分の3の規模で、アトラクションは同じ物もあればUSSオリジナルもあるそう。大人平日S$66、週末S$72とUSJよりは多少お安い入場料ですが、ファストパス(料金は繁忙期と閑散期で別)が設けられ最大でも待ち時間は60分を予定しているそうですが、うーんお金が掛かる~けど、中国大陸からの観光客目当てなのかな?と思ったり。
 もう一つ興味があったのは、「ボヤージ・デ・ラヴィ」シルクドソレイユのような常設の舞台で、アクロバティックな演目に加え、ミュージカルを融合させたようなショーが上演される。
今日のお土産は
・カゴメ「野菜しぼりかぼちゃプリン」
・カゴメ 植物性乳酸菌ラブレ
・とまポン(トマトポン酢)
・リゾート・ワールド・セントーサのオリジナルラゲージタグ
・シンガポール航空のクリアファイル
・マーライオンクッキー
 シンガポール航空のオリジナル紙袋も素敵♪
a0100706_04010.jpg




 続いてマレーシア政府観光局より、海(ペナン、ランカウイ)も高原リゾート(キャメロンハイランド、クチン、ボルネオ)も楽しめ、シティリゾート(クアラルンプール)も楽しめる様々な魅力のあるマレーシアの紹介がありました。治安も良いし、物価も安い&食事も美味しいマレーシア。一度行ってみたいと思いつつなかなか機会がありません。今日のお話を聞いて、ますます行ってみたくなりました♪マイル貯めなくっちゃ!

最後はお楽しみの抽選会☆今回の商品☆

ゲンティンインターナショナルジャパン提供
・シュレックのぬいぐるみ(小) 3名
・USSキャラクターノート 3名
・リゾート・ワールド・セントーサ キャラクターノート 3名

シンガポール航空提供
・2011年卓上カレンダー 3名
・バティック柄パレオ 3名
・A330 400分の1 モデルプレーン 3名

マレーシア政府観光局提供
・デジタルカメラ 1名
・KL ツインタワー錫製置時計 1名
・オリジナルグッズセット 3名

関西国際空港(株)提供
・2011年オフィシャルカレンダー卓上・壁掛け 各5名

 と言う感じで、今回はそんなに欲しいのはなかった^_^; でもやっぱり当たったら嬉しいので最後まで待っていたけどハズレ。200名弱の参加者で33名当選だから当たるかと思ったんだけどね~。
 負け惜しみではないけど今回は、くじがあまり混ざってなかったのか、後の方に受付した人(150番以降)の当選番号が多かった気がします。実際家族4人で来ていて2名当たっているご家族もいたし。 今回は早めに受付したので45番だったのに、残念~!

 15時20分に終了したので、15時25分発のりんくうアウトレットのシャトルバスに乗るためダッシュで向かい、りんくうアウトレットでお買い物して帰ったのでした。しかし、今日はイベント中のせいか今までで一番の人出で、激混み。おまけに特に欲しい物もなかったので、ちょっと不発だったかしらん?無駄遣いせずに済んで良かった?!と思うようにしましょ。それでもダイアナで靴1足だけ買って帰った私(笑)
by ajisai0614 | 2010-11-14 00:00 | 日記 | Comments(0)