クロアチア&スロベニア1日目①

 昨夜はバタバタと成田入りしたけど、今朝は12時25分のフライトなので比較的ゆっくり目。8時半過ぎに起床し、買っておいたおにぎりなどを食べた後は、9時半のシャトルバスで空港へ向かいます。時間が来たのでシャトルバスに乗っていたら、乗り込んで来るのはアジア系の人達ばかり。「アジア系の外国人が多いなぁ~。」と思っていたら、人数確認の方が来られ「あれ?」と言う顔。
通常のシャトルバスに人数確認などないので「もしやこれってチャーターバス?」と思って聞いたら、インドネシア人ツアーのチャーターバスでした(>_<) チャーターバスと言ってもホテルのシャトルバスと同じだし、表記もなかったので間違えたのも仕方ないかも?で、9時半のシャトルバスはたった今出たところ。次を待つのもだるいなぁ~と思っていたら、運転手の方が「このまま乗っていて構いませんよ。ツアーの方は第2ターミナルですが、お客様はどちらですか?」と聞かれたので、「第1ターミナルです。」と答えたら、「後になりますが、第1ターミナルまでお送りしますから、このまま乗って下さい」と言われホッ。
 
途中、恒例の検問があったけど今回は「インドネシアの団体ツアー様ですね。はい、どうぞ~。」と個人個人のパスポートチェックはなかったです。
 第2ターミナル→第1ターミナルと移動したので、空港到着は10時位。2時間前に集合だったので、取り急ぎソフトバンクでJTBの旅ケータイをレンタル(多分使用しないけど、レンタル料無料だったので)し、スーツケースを受け取った後は、簡単に荷物を整理し、JTBのカウンターへ。添乗員さんが1組ずつ同じ説明をしているので、時間が掛かる~。
 今回の添乗員Sさんが事前の挨拶の電話では同じ年くらいの方かなぁ?と思っていたけど、私よりは10歳くらい年上の感じ。一通り説明を受けた後は、ルフトハンザのカウンターでチェックインして、再度カウンターに座席の連絡に来て下さいだって。今回のツアーは24名と割と人数が多いので、2回もカウンターに並ぶ方式は、時間が掛かるし効率悪い。
しかし、ツアーなので仕方ありません。ルフトのカウンターでチェックイン(もちろんANAのマイルに加算)したら、既に座席は指定済み^_^; 
a0100706_1214369.jpg




今回のツアーは、並び席保証(私は一人参加なので関係なし)のツアーだったので、先に座席は決められていました。だったら、座席番号は添乗員さんが知っているんじゃないの?と思いつつ、割り当てられた席は、真ん中3列の右端で、通路側。 
軽く変更を申し出たけど、混んでいるので無理だそう。おまけに私の機内持ち込み用のピギーケースを見て、「お客様のスーツケースは21キロで、無料預かりは20キロまでですので、その機内持ち込みケースの重さを量らせて頂きます。」と。幸い1泊分だけで軽かったので、エキストラチャージは取られませんでしたが、「機内預かりは8キロまでですので、帰りはこれ以上荷物を増やさないで下さい。」と言われてしまいました。日本人なのにハッキリ言うわね~と妙に感心しました。
 チェックイン後、再度座席番号の連絡に行った後は、ミュンヘンの空港までフリーです。思いがけず時間が掛かったので、さっさと出国(混んでいたので自動化ゲート使用)して、免税品店へ。第1ターミナルから出国なので、新鮮な感じです。(昨年のANAホーチミン線に続いて2回目だけど、前回はゆっくり見る暇が無かったのです。)
 ネットをしたかったので、第2ターミナルのyahoo.caféみたいなのがないかな?と思って探したら、有料のみ。しかもコイン式で近くに両替機なし。なので、1,000円札をくずすために、一旦免税品店に戻ったら両替不可。買う物も無いし~と思い、ダメもとで銀行の両替窓口に聞いてみたら、快く両替して頂きました♪
100円玉を握りしめてPCへ向かったら、数台とも使用中^_^; タイミング悪いなぁ~と思いながら待っていたら、程なく空いたけど、搭乗口まで距離があったので少しだけ(10分か15分で100円でした)メールチェックなどして、搭乗口へ。
by ajisai0614 | 2010-10-18 00:00 | '10年9月クロアチア・スロベニア | Comments(0)