<   2012年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧

南部アフリカ9日目①

今朝は6時20分起床、出発は8時だけど、スーツケースを7時までに廊下に出しておかないといけないので、仕方なく早めに起床(笑) ふと窓の外を見たら、テーブルマウンテンが雲一つなくくっきり。今朝が一番綺麗に見えたかも?
a0100706_0145616.jpg

楽しい時間はあっという間に過ぎるもので、午前中の観光を終えたら帰国だわ~なんて思いながらさっさと朝食を済ませます。3連泊だからもう少し違うメニューがあると嬉しいな。
a0100706_0151756.jpg

 車窓からもテーブルマウンテンが綺麗に見えたのでパチリ。この辺りの家は綺麗なので、白人街なんでしょうね。
a0100706_0153397.jpg

車で30分ほど走って、約9000種の植物が栽培されている世界遺産、ケープ植物区保護地域群のカーステンボッシュ植物園の見学です。
 たくさんの品種が栽培されているだけあって、敷地は恐ろしく広いです。ガイドさんに着いて行かないと迷ってしまいそうなくらい。しかも植物の高さが高いので隠れてしまうと、どこにいるのか見えないし。そんな訳で、現地ガイドさんに説明して頂きながら、1時間半ほど園内を散策。お名前を失念しましたが、ケープタウンの現地ガイドさんは、植物の名前はもちろん、アフリカ原産の品種についても説明して下さり、とても植物に詳しかったです。
説明を受けたものの、右から左へ^_^; 調べるのも面倒なので、適当にUP。思っていたような一つ一つが華のあるような品種じゃなくて素朴な感じの花が多かったです。
a0100706_0155398.jpga0100706_016644.jpga0100706_0162859.jpg

a0100706_0164667.jpga0100706_017212.jpga0100706_0171389.jpg

a0100706_0172969.jpga0100706_01740100.jpga0100706_0175488.jpg

a0100706_0187100.jpga0100706_01821100.jpga0100706_0184034.jpg

唯一覚えているのがエリカと言う花。日本語みたいで覚えやすいですよね。
a0100706_0275867.jpg

そして、この大きいプロテアの花は、アフリカの国花
a0100706_0185638.jpga0100706_019518.jpga0100706_0191934.jpg

園内にはエジプト雁やその他の野鳥もたくさん。
a0100706_0193172.jpga0100706_0194766.jpga0100706_0195961.jpg

大きな木もありました。
a0100706_0291368.jpg

良く分からないオブジェとか^_^;
a0100706_0293917.jpga0100706_0295163.jpg

少し先に行くと、日本じゃ見ないような紫色の花がありました。
a0100706_030341.jpga0100706_0301662.jpga0100706_0302679.jpg

これは日本でもあるような景色ですね。
a0100706_0304230.jpga0100706_0305084.jpga0100706_031350.jpg

マンデラ氏お手植えの極楽鳥
a0100706_0342032.jpga0100706_033026.jpga0100706_033136.jpg


More
by ajisai0614 | 2012-01-31 00:00 | '11年9月 南部アフリカ | Comments(0)
見学後は空港に向かいます。車窓からは、所謂スラム街やカラード(混血の人達)の居住区が見え、アパルトヘイトが廃止されたとは言え、先ほどまでの住宅街との違いに複雑な気持ちになりました。
カラフルな色で塗られているので、多分カラードの居住区
a0100706_0475760.jpg

車窓からは、スラム街もたくさん見かけました。
a0100706_0481554.jpg

ケープタウンの空港に到着後は、現地ガイドさんとはさようなら。
12時15分発のSA332便でヨハネスブルグに向かいます。往路のように激しく揺れなかったら良いのだけど…。
a0100706_0483227.jpg

と、思いながら乗り込んだ機材は、国内線なのにとても綺麗でパーソナルTVまであります。いえ、他の機材も綺麗だったけど、短い区間はパーソナルTVはなかったのです。
2×4×2の大きい機材だったので、揺れもマシだろうと期待しましょ。しかも、機内食も軽食じゃなくて、ホットミール。この違いはなんでしょ?
a0100706_0484748.jpga0100706_049329.jpg

 
飛行機には、マンデラ氏が描かれていました。
a0100706_0491568.jpg

途中、揺れることなく定刻より15分早い14時にヨハネスブルグへ到着。
こちらは往路でもたっぷり過ごしたので、大体のお土産物はチェック済み。特別欲しい物もなかったので、疲れない程度に散策し、長時間フライトに備えます。
SA286便(NH6666)16時45分発の香港行きに乗ります。
何度となく頂いた、南アフリカ航空の水。ツアーの方にスパークリングワインもあると教えて頂いたので最後はスパークリングワインをお願いしました。機内食1回目
a0100706_0493194.jpga0100706_0555169.jpg


香港まで遠いなぁ~。パーソナルTVで昨年公開されたものの見損ねた「インビクタス/負けざる者たち」を見ているうちにウトウト寝てしまいました。残念ながらほぼ満席で、移動は出来なかったけど、南アフリカ航空は、比較的広かったので、そんなに圧迫感はなかったです。
そうこうするうちに、機内食2回目が配られ、12時25分香港に到着。
a0100706_0504551.jpg


More
by ajisai0614 | 2012-01-31 00:00 | '11年9月 南部アフリカ | Comments(6)

南部アフリカ8日目④

喜望峰を堪能した後は、ケープタウン市内に戻ります。
途中、またまた運転手が「2キロ先にクジラがいるよ。」と言って停めてくれて、何とか目視は出来たけど、現地の方の目の良さに改めてビックリでした。ズームしてかろうじて撮った写真がこちらですが、分からないですよね^_^;
a0100706_2139418.jpg

ケープタウンへ戻る途中の車窓。人口密度も適度で緑も多いから、ここなら住めるわ~なんて思ったり。
a0100706_21433011.jpg


南アフリカ最後の夕食は、お馴染みの中華(笑) 南アフリカには20万人もの中国人がいて、ヨハネスブルグには中華街もあるそうです。日本人は2,000人だったかな?
こちらのレストランで頂きました。
a0100706_21434863.jpg

お料理を待っているうちに、サンセットになったのでレストランの外で鑑賞
a0100706_2144091.jpg

a0100706_21441680.jpg

オレンジ色の夕日が「沈まぬ太陽」を思い出します。
食事は一般的な中華でデザート(オレンジ)を入れて10品。8人テーブルで取り分けて頂いたのですが、大勢だと色々食べられて嬉しいですね。特筆するほどのお料理はなかったけど、中華なのでハズレもなし。やっぱり海外で中華は落ち着きます(笑)
a0100706_21442892.jpga0100706_21444294.jpga0100706_21445463.jpg
a0100706_2145720.jpga0100706_2145161.jpga0100706_21453265.jpg
a0100706_21454290.jpga0100706_21455663.jpga0100706_2146626.jpg


夕食後は、ケープタウンの夜景観賞へ。
幸いお天気もよくて、夜景は綺麗に見えたのだけど、ちょっと高台から見るので風が吹いて寒い&新しいデジカメの夜景モードの設定がイマイチ分からずマゴマゴ。母息子で一眼レフ持参の方に教えてもらって、何とか撮影^^;
a0100706_21473575.jpg
a0100706_21474754.jpg

a0100706_2147558.jpg


充実した1日を終えたけど、今日が最終日。皆さんで「名残惜しいね~。」と話しながらホテルに戻ってお休み~☆
by ajisai0614 | 2012-01-29 00:03 | '11年9月 南部アフリカ | Comments(4)

南部アフリカ8日目③

喜望峰に到着。と言ってもこの立て看板があるだけ。英語とアフリカーンス語で書かれています。次々と観光客がやってくるので、他の観光客が写っていますが。
a0100706_20164249.jpg

ちなみに私達の前に某国のグループ客がいたのですが、騒がしいわ、並ばないわ、いつまでも写真を撮って譲らないわで大変でした。そんな訳で、某国のグループが居なくなった後で大急ぎで順番に撮影したのでした。
a0100706_20165391.jpg


それにしても、結構風が強いし、波が高いからこの辺りを大航海時代に通った人達はどんな気持ちだったんだろう。ちなみにこの辺りは、海流の関係でいつも波が高いそうです。
時間がある人は奥の山にも登れます。
a0100706_20375766.jpg

波は高いし、岩場で上陸するのも大変だわ~。
a0100706_20381619.jpg

a0100706_20383063.jpg

黒っぽく見えるのは昆布だそうですが、これが大きいの!こちらでは昆布は食べないので、ほったらかしだそうです。写真は日本人の現地ガイドさん。お名前失念。
a0100706_20384093.jpg


喜望峰を確認した後は、ケープ・ポイントの見えるルック・アウト・ポイントに向かいます。ちなみに喜望峰は黄色の丸辺りで、周辺にはお土産物屋さん一つもありません。本当に写真を撮るだけ(笑)
a0100706_20174635.jpg

ルック・アウト・ポイントに到着。まずはこの車で灯台に向かいます。本当はケーブルカーが走っているらしいけど、メンテナンス中?で代替え車だそうです。もちろん歩いても登れますが、行きは全員で灯台に向かい、帰りは自由解散と言うことになりました。
a0100706_21142351.jpg

a0100706_21143911.jpg

a0100706_211447100.jpg

この辺りでも綺麗な景色が広がっています。
a0100706_2115455.jpg

灯台に到着
a0100706_21151463.jpg
 
a0100706_2115298.jpg

海の色が変わっているのが分かりますね。
a0100706_21153848.jpg

a0100706_21155388.jpg

「歩き方」のケープタウンのページの表紙に写っていた写真はどこだろう?と思っていたら、ここだったのですね。残念ながら東京の表示(以前はあったみたいです。)はないけど、北京の方角が日本と思いましょ。
a0100706_2116690.jpg

a0100706_21162333.jpg

海の色が変化しているのが目視できますね。それにしても綺麗な青です。
a0100706_21163277.jpg

ふと灯台の下を見たら、もう少し先にも行けそうな感じ。
a0100706_21164999.jpg


More
by ajisai0614 | 2012-01-29 00:02 | '11年9月 南部アフリカ | Comments(0)

南部アフリカ8日目②

1時間弱でボルダーズビーチに到着したけど、ますますリゾート地っぽい。アフリカでこんな景色が見れると思ってなかったので不思議な感じ。
a0100706_0502680.jpg

駐車場からボルダーズビーチは徒歩15分位?ちょっと坂を下りて行くとビーチです。この辺りは高級住宅街らしく、立派なお宅がたくさんあります。
a0100706_0504459.jpg

a0100706_0505712.jpg

しばし景色を楽しみつつ、先に右手に写っているレストランでランチです。
a0100706_05110100.jpg

入り口ではペンギンがお出迎え。可愛いと思って撮って来たけど、近くで見たら怖いですね(笑)
a0100706_0512410.jpg

今日のランチのスープ。
a0100706_0513740.jpg

メインはロブスターです。
a0100706_0522716.jpg

一瞬ハンバーグのチーズ乗せ風ですが、デザートです。
a0100706_0524187.jpg

期待していなかったけど、ボリューム満点で美味しかったですよ~。デザートも甘すぎず、完食。
食後はしばらくフリータイム。お天気も良いし、食事も美味しいのでここなら住めるわ~なんて思ったり(笑)
a0100706_0525420.jpg

a0100706_0532482.jpg

a0100706_10718.jpg

a0100706_101844.jpg

a0100706_103882.jpg


満足した後は、メインのボルダーズビーチへ。
a0100706_10503.jpg
a0100706_111213.jpg

ちなみにこちらも砂浜で直接ペンギンに触れるのかと思っていたら、指定された順路を進みながら野生のペンギンを観察するので、触ることはできないみたい。
a0100706_13215825.jpg

a0100706_13221321.jpg

早速いました。これは人間が作った巣だそうです。
a0100706_13223098.jpg

結構緑が多いのですが、良く見たらこの木の下にいたりします。
a0100706_13224381.jpg

ここには2,000羽のペンギンが生息しているそうですが、昼間なので海に漁に行っていて今はあまりいないそう。
a0100706_13225856.jpg

a0100706_1323765.jpg

a0100706_13232310.jpg

とは言え、結構います。しかし、ペンギンがこんな暖かいところにも生息していることにもビックリでした。
a0100706_13285649.jpg
 a0100706_13292634.jpg


More
by ajisai0614 | 2012-01-29 00:01 | '11年9月 南部アフリカ | Comments(0)

南部アフリカ8日目①

今朝はゆっくり目の出発なので7時頃起床し、朝食。
小さいホテルなので昨日とあまり変わらないメニューですが、十分です。
a0100706_0112985.jpg


8時45分に出発し、今日は終日ケープ半島観光です。1時間程のドライブだったのですが、お天気が良かったこともあるけど、私のイメージするアフリカにいると思えないような景色が広がっておりびっくり。
a0100706_0114872.jpg

a0100706_012750.jpg

a0100706_01221100.jpg
途中で写真ストップ。結構波は高いです。
a0100706_0123815.jpg

これからハウトベイよりオットセイの島シールアイランドを船で見学です。
9時45分の船に乗ります。これは船の上から撮ったチケット売り場。
a0100706_0125179.jpg

こちらの乗船券もシールタイプ。
a0100706_013815.jpg

露天のお土産物屋さんもあります。
a0100706_0131788.jpg

港は賑わっていますが、プライベートっぽい船もたくさんあります。
a0100706_013359.jpg

a0100706_0134764.jpg


あいにく船の写真を撮り忘れたけど、ロベン島に行く船よりは小さいです。そして同じく停まっていても波が荒いので揺れています。程なく出航~。徐々にハウトベイを出て行くので揺れも激しくなるけど、景色は最高!
ライオンズヘッドの裏側になるのかな?
a0100706_0212962.jpg

湾の周辺は賑わっている感じですね。
a0100706_02828100.jpg

このカヌーで大丈夫?
a0100706_0284411.jpg

オットセイ?
a0100706_029824.jpg

と思ったらドイカー島(シールアイランドとも呼ばれている)が見えて来ました。おびただしいほどのオットセイにビックリ。さすがに声も賑やかです。
a0100706_0292518.jpg

a0100706_0293970.jpg


More
by ajisai0614 | 2012-01-29 00:00 | '11年9月 南部アフリカ | Comments(0)
 今日は久しぶりにネイル@アトリエはるかへ。前回のネイル、とても持ちが良くて、いつもなら3週間を過ぎたらジェルが浮いてきたりしてうっとおしいけど、今回は1か月を過ぎてもしっかり定着していて、オフするのが勿体なかったけど、爪が伸びて日常生活に支障が出るのでチェンジすることに。
 それにしても前回ネイルに行った辺りから風邪を引いていたのだけど、1か月以上経ってようやく回復しました。このところ冷え込んでいるので、ぶり返さないように気をつけないとね。
 今回もキャンペーンネイルから雪の結晶をお願いしました。前回は雪の結晶のシールが品切れて出来なかったのですが、今回はシールもあったし、時期的にもちょうど良いデザインかな?と思って選んでみました。
 白のラメグラデーションに、雪の結晶のシールを3本の指に貼ってくれました。その後はシルバーのホログラムを散らして、良い感じに仕上がったと自己満足。
a0100706_2237118.jpg

 ちなみに今日は平日の夜と言うこともあるけど、お客さんが誰一人来ず^_^;、途中でヘアセットの方が来られたけど、同じフロアの他の店もガラガラで、大丈夫かと心配してしまいました。
 お会計の時に、ふと見たらWAONで支払えるようになっていたので、WAONとで払おうと思ったら残高が8,000円弱で1,000円ほど足りません。オートチャージの設定をしているけど、エラーになっても困るので普通のJALカードで払ったんだけど、こう言う時って精算出来るのかしら?お店の人も最近使えるようになったので分からないと言われました^_^;

 帰りに大丸梅田の地下でお弁当(←値引きされる時間帯(笑))でも買って帰ろうと立ち寄ったら、こちらは春節で旅行に来たのか中国人がたくさんいてビックリ(@_@) ニュースで聞いて知っていたけど、あちこちから中国語が聞こえ、ここはどこ?状態でした。
ブランドの紙袋も持っていたのでたくさんお買い物してくれたのでしょう。どうか日本にお金をたくさん落として下さいね~なんて思ったりしながら帰宅したのでした。
by ajisai0614 | 2012-01-26 00:00 | ネイル | Comments(0)

お年玉付き年賀はがき

先日発表のあった、お年玉付き年賀はがきの当選確認されましたか?
 早速確認したところ、切手シートが6枚。実家の分と合わせて100枚弱で6枚なので、100枚に2枚の確率からすれば良い方じゃないかしら?
ちなみに当選分は全て私の職場関係の方。在職中の方3枚&退職された方の分3枚だったのが偶然とはいえ不思議。しかも全部下2桁が27の数字だったのも不思議。
 今回は3等2511に近い、5511があって、一瞬喜んだけど残念ながらハズレ。昔は3等も何年かに1度は当たっていた気がするけど、最近は3等も当たるのが難しいですね。
と言う訳で、まだの方は忘れないうちに確認されてみては?当選番号はこちら
by ajisai0614 | 2012-01-24 00:00 | 懸賞 | Comments(0)

千両(せんりょう)

 今日のお茶のお菓子は、「千両(せんりょう)」でした。しっとりした生地に、餡のまったり感が美味しかったです♪
a0100706_22395086.jpg

 ところで、千両と万両、南天って、赤い実が付いていて似ていて見分け方が良く分かりませんよね?先日職場で配られた冊子を読んでいたら「千両と万両」の見分け方が掲載されていて、なるほど!と思ったのでご紹介。
千両は葉の上の方に実をつける。
万両の実は垂れ下がり、千両は上向きにつくので、万両の実は重く千両の実は軽い、との発想からこの名になった、ともいわれる。
ちなみに百両十両と言う植物もあるそうで、こちらは、千両、万両に比べ背が低く、実の数も少ないからことから名づけられたそうです。
 なお、南天は秋に咲いて、千両、万両はちょうどこの時期冬に咲くので区別しやすいと思います。

 そんな訳で、このお菓子は葉の上に実が置かれているので、「千両」で決まり!?
by ajisai0614 | 2012-01-23 00:00 | 日記 | Comments(0)
 今日は、「日本列島 いきものたちの物語」の試写会@御堂会館でした。どこの主催の試写会かハガキに書いてなかったので分からなかったけど、MBSのアナウンサーの司会だったので、今日はMBS主催だったんでしょうね。
 映画の内容からか子供連れが多いかなぁと思ったけどそうでもなかったかな?近くの席には小学生くらいの子供が何人かいたけど全体的に静かだったので良かったです。
 マシになったとは言え、私の咳の方が煩いかも^^; 上映前に咳き込んでいたら、前の席の方がのど飴を下さいました。私もトローチは持っていたのですが、出そうと思っているうちに下さったので遠慮なく頂き、しばらくしたら落ち着いて上映中は咳き込まずに済みました。知らない方ですが、ありがとうございました。
 そうそう、映画のチラシに合わせて、オリジナル折り紙を頂きました。折り紙なんて懐かしいけど、今どきの子はするのかな?と思っていたのですが、以前小さい子供を持つ友達が「お受験に折り紙、あや取りが必要だから、(お受験しない子も含めて)結構幼稚園で流行っているのよ~。」と教えてもらったことを思い出しました。
 a0100706_242451.jpg
 

 解説: 四季折々の自然を織り成す日本列島に生息する動物の家族としての記録を、岩合光昭や中村征夫といった著名な写真家たちが撮影した自然ドキュメンタリー。およそ全国30個所で30種類の動物を2年半、1000時間にわたって撮影し、動物たちの愛らしい姿やしぐさ、たくましい生命力、家族愛を感動的に映し出す。
 ナビゲーターは、バラエティー番組「天才!志村どうぶつ園」などで動物に触れ合う機会の多いアイドルグループ嵐の相葉雅紀ほか、長澤まさみ、ゴリ、黒木瞳が担当。なかなかお目にかかれないヒグマやニホンザル、イノシシといった動物たちと、日本が誇る豊かな自然を楽しみたい。 

 あらすじ: ヒグマやニホンザル、イノシシ、キタキツネ、アザラシ、ニホンジカといった日本列島に生息する生き物たち。親子や家族で支え合って生きる動物たちの姿を、動物や自然をテーマに撮影するカメラマン、岩合光昭や中村征夫、嶋田忠らがとらえていく。

 

感想など
by ajisai0614 | 2012-01-21 00:00 | エンタメ | Comments(0)

あじさいの日常や旅行記を綴ったブログです。


by ajisai0614