<   2010年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧

行って来ます。

 今年はカレンダーの並びも良いのでGW@海外の方も多いようですね。
 4月に入り、アイスランドの火山噴火に伴う欧州主要空港の閉鎖やタイのデモなど、あまり好ましくないニュースが流れていたので、これらの地域を渡航先に選ばれていた方は、キャンセル云々悩まれたことだと思います。火山噴火は自然が相手なのでどうしようもありませんが、早く収束することを祈るばかりです。
 去年のこの時期は新型インフルエンザ、数年前はSARSなど、どうしてGW前にこう言った心配事が起こるのか不思議でなりません・・・。
 
 さて、私の方は明日から香港に行ってきます。
 例年より1日早い出発になったのは、GWの間に法事が入ったから。よって例年より滞在日数も短いのが残念ですが、きちんとご先祖様をしないと今後も安心してお出かけ出来ないですしね。後半は実家でゆっくりしたいと思います。
 と言う訳で、皆様も楽しいGWをお過ごし下さい!
 

 
by ajisai0614 | 2010-04-27 00:00 | '10年GW 香港&深? | Comments(4)

昨夜寝たのは遅いけど、今朝は10時のフライトなので、7時前には起きて朝食を頂きます。朝から客室は8階が最上階なのに上の階が煩いなぁ~と思っていたら9階が朝食会場で、そこの椅子を動かしているのが煩かったみたい・・・。
さて、気を取り直して朝食。フルーツもあって品揃えは、料金を考えると充実していますが、ここにも蟻が!途中でスタッフがスプレーで退治してくれたけど、食事をするところで防虫スプレーを振るのはどうなの?同じ料金ならホアン・ハイ・ロングホテルの方がずっと良いです。
 朝食
a0100706_19523896.jpg

8時前にはチェックアウトして空港に向かいます。早朝のためか、空いていたので30分弱で到着。ホテルからタクシーで9万VD弱だったので10万VDお支払い。「空港税が要る。」と言うので、太っ腹な私は、ベトナムドンも余っていたことだし、1万VDサービス(笑)それでも空港からのタクシー(14万VD)よりは安い。
 早速チェックインし、スーツケースを日本までスルーチェックイン出来るか確認したところ、「時間が早いので無理です。明日1時のフライトなので、13時から可能。」だそうで、残念。
a0100706_19531995.jpg

 さっさと出国し、余ったベトナムドンでお買い物♪
 時間になったので搭乗したところ、私の席(46K)の隣はご夫婦連れだったようですが、席がずい分離れた模様。旦那様が「席を替わってもらえませんか?」と言うので、後方のバシネットの前の席(52G)へ。足元は広いけど、隣は赤ちゃん連れのご夫婦。赤ちゃんは可愛いけど、泣かれたらうるさそうだなぁ(赤ちゃん連れの方ごめんなさい。)~と思っていたのですが、とても大人しい赤ちゃんで可愛らしかったです。
 機内食
a0100706_19535378.jpg

 シンガポールまでは2時間ほどのフライトで、ベトナムとシンガポールには1時間の時差があるので、シンガポールの13時に無事到着。

More
by ajisai0614 | 2010-04-26 00:00 | '10年お正月 アンコールワット他 | Comments(0)

 無事にオーチャードに着いたものの、DFSへの地下道が分からずウロウロ。去年もSちゃんから「ここは横断歩道がないから、地下がややこしいのよね~。」と言われていたのを思い出しながら何とか到着。
 時間は既に15時半過ぎ。Sちゃんがいくつかお勧めのハイティのお店をピックアップしてくれていたのですが、日曜と言うこともあり全て満席や予約不可。仕方ないので一番近くにあった、マリオットホテルなら少し待ったら入れるとのことだったのでこちらに決定♪
 
 待っている間にsaosaoさんに連絡する方法を教えてもらおうと思ったら、彼女も分からないそう。Sちゃんの使用している携帯(国際電話は不可)を借りて掛けたけどダメ。
 saosaoさんとは、事前に時間と場所は決めていたので、念の為saosaoさんの宿泊されているフラトンホテルに連絡して、無事にシンガポールに着いていることを伝言することに。私のつたない英語がsaosaoさんのメッセージに入ったらどうしよう?などと思いながら(笑)何とかオペレーターの方にメッセージを伝えることが出来ました。

 メニューにはハイティと書いていたけど、ビュフェ(S$35++)で、満員御礼状態でした。
フレッシュジュースや各国料理もあり、ついつい食べ過ぎてしまいます。
a0100706_1955501.jpg


More
by ajisai0614 | 2010-04-26 00:00 | '10年お正月 アンコールワット他 | Comments(0)

saosaoさんとは、宿泊されているフラトンホテルロビーで待ち合わせだったので、地下鉄でラッフルズプレイス駅まで向かいます。
フラトンホテルのような高級ホテルに入るには、カジュアル過ぎる格好(Tシャツとジーンズ)だったので、一瞬ためらってしまったけど、直ぐにsaosaoさんが見つけて下さり、無事に合流。手荷物があったのでお部屋に置かせていただくことにし、ホテル内も見学させてもらいました。こんなことでもないと、高級ホテルの中は見えないしネ。
お部屋では旦那様がいらしたのでご挨拶。初対面なのでちょっと緊張しましたが、物静かな優しい旦那様でした。お部屋を見せて頂いたら、やっぱり素敵~♪
蟻が出没したホーチミンのホテルとは大違いの広さと綺麗さ、もちろん静かだし。お値段が違うから、文句は言えませんが。
 
 その後、ホテル沿いのボートキーをブラブラ散策しがてら、夕食のお店を決めることに。初めての場所だったので、saosaoさんご夫妻に着いて行くだけですが、去年リバークルーズから見えていたのはこの辺りのレストランだったのね~。

「ジャンボシーフードレストラン」にて。
a0100706_19573239.jpg
 
海鮮料理色々
a0100706_19582020.jpg

 ランチが遅かった&食べ過ぎてあまりお腹は空いていなかったけど、チリクラブやマテ貝など初めて頂くものばかりで美味しくいただくことが出来ました。
 いつも旅行記に書いてある通り、saosaoさんはビールを何杯か飲んでらして「ご病気なのにお元気だわ~。」と思ったり(笑)
 アンコール・ワットの話を聞いて頂いたり、これまでの海外旅行の話をしたりで楽しい時間を過ごすことが出来ましたが、旦那様は、私のおしゃべりの勢いに圧倒されてなかったか心配…。
 その上、またご馳走になってしまいました。改めまして、ご馳走様でした♪

More
by ajisai0614 | 2010-04-26 00:00 | '10年お正月 アンコールワット他 | Comments(4)

 今朝は、サンライズ見学のため、4時55分にアンコールクッキーに集合です。この時期の日の出は6時半~7時くらいと遅いのですが、混雑するので早めに集合するそう。
 と言う訳で、真っ暗な5時前から、待機。しか~し、5分、10分過ぎてもお迎えが来ません。トゥクトゥクは何台も通り、その度に「サンライズ?乗って行くか?」と声を掛けられてうっとおしいことこの上なし。
 
 そうこうするうちに日本人ツアーのバスも何台も通り過ぎ、段々不安になってきます。「トゥクトゥクを個人でチャーターしても良いけど、暗い時間は女性一人ではレイプ事件とかもあり危険。」と言う口コミもあったし、クロマーツアーも時間外だし、どうしよう~?と思いながら一旦ホテルに戻ったところ、お迎えの車が!
 思わず「私5時から待っていたんですよ!30分も遅れるなんて!!」と言ったところ、「昨日のガイドに今日は5時半に変更になったって伝えていたんですけど、聞いてないですか?」と。今日、同じツアーに参加される日本人の男性も「僕も当初は5時の予約でしたが、昨日5時半に変更になったって連絡がありましたよ。」と。
 昨日のガイドさん、感じの良い人だったけど肝心なことを伝えるのを忘れるなんて~と思ったけど、ここは日本じゃないし、サンライズには間に合うしイライラするのは止めました。(→もちろんクロマーツアーには後日ミスを伝えましたけどね。)
 薄暗い中アンコール・ワットに到着。この時の為に懐中電灯を持参していたのに、アンコールクッキーで待っている間に落として壊してしまいトホホ。ガイドさんが大きめの懐中電灯を持っていたので足元を照らしてくれて、無事にアンコール・ワットに入ることができました。

 噂どおり、こんな早朝なのにたくさんの観光客が!昨日だと初日の出で日本人がとても多くて込み合っていたけど、雲って見えなかったそう。なので空いている今日にして正解?!
 アンコール・ワットもアブシンベル神殿のように、秋分・春分の日はアンコール・ワットの真ん中から日が出るように設計されているそうで、冬の今はやや右側から日が昇るそう。昔の人の文明って凄いなぁと改めて感心。
 写真撮影に良い場所は既にたくさんの人だかりでしたが、中は広いのでそんなにギュウギュウと言うはありませんが、思っていたより肌寒いので朝晩は羽織る物が合った方が良いです。6時半くらいから徐々に日が昇ってきましたが、ガイドブックのような幻想的な写真は撮れませんし、思っていた程は赤らんではなかったかな?
人の多さ、分かりますか?
a0100706_22165967.jpg

a0100706_2219081.jpg

上手く撮れなかったけど、サンライズの写真を一応UPしておきます。
a0100706_2218552.jpg

a0100706_22222430.jpg


More
by ajisai0614 | 2010-04-25 00:00 | '10年お正月 アンコールワット他 | Comments(0)

12時過ぎにチェックアウトし、16時の空港行きまでどうしましょ?

 可能であればアンコール・バルーンに行きたいけど、風向によっては飛ばない場合もあるそう。ちょうど日本人のスタッフの方がいらしたので聞いたところ、「今日は風も強くないので、大丈夫ですよ。」と言うのでトゥクトゥクを呼んでもらい「ホテルとアンコールバルーンの往復で$10。アンコールバルーンでの待ち時間込み。」と予約してもらいました。
 トゥクトゥクは初めての時は№の入ったジャケットを着用している、運転手を選ぶと安心です。(でも暑いから脱いでいる人がほとんど。)
a0100706_22465999.jpg

 アンコールバルーンは、事前の口コミでは混雑時期は予約がベター。ある程度人数(25人乗り)が集まってから飛ばす&気候にもよるので、長時間待つこともあるとのことだったのでどうかなぁ?と思いながら向かったところ、飛んでいました。
a0100706_22364661.jpg

 待合室はガラガラで、待たないとダメかなぁと思っていたら「(英語で)15分後。」と言うのでチケット($15)を買って待っていたら、韓国人ツアー(6名)の方が来られ直ぐに乗ることが出来ました。7人なので貸切り同然でラッキー♪ 
 しかし乗員が少なすぎるので、バランスを取るために分散して乗るように言われました。
 
 運良く私の立った位置からアンコール・ワットが正面に見えました♪上空から見ても密林の中の寺院と言うのが良く分かります。お天気も良いので気持ち良い~!
a0100706_22383093.jpg

a0100706_22393555.jpg

a0100706_22402075.jpg

a0100706_22421074.jpg

 各国語で歓迎と書かれています。日本語が大きいのは気のせい?
a0100706_22434019.jpg
 
 係留タイプの気球なので、普通の気球に比べると迫力はないかもしれませんが、その分お手頃に利用できるし、カンボジアと言うことを考えると安全面では係留タイプの方が良いかも?(笑)
 15分位と短時間で利用できるので、(時間の割りに高いと言う意見もありますが)時間が合えばお勧めのOPです♪

More
by ajisai0614 | 2010-04-25 00:00 | '10年お正月 アンコールワット他 | Comments(2)

 アンコールクッキーは、集合場所だったけど、入るのは今回が初めて。日本語の看板がある通り、日本人の経営です。しかも経営者は思っていたよりお若い小島幸子さんと言う女性の方。
 『マダムサチコ』こと小島幸子さんは、日経ウーマンのウーマンオブザイヤー2008を受賞されています。
 こちらの商品はカンボジアの物価にしてはお高いですが、カンボジア人が働いて自立出来る職場をと言うコンセプトの通り、原料は出来るだけカンボジア産、従業員は日本語の話せるカンボジア人を採用しています。
正直なところ特筆するような味ではないし、いかにもお土産店で買うのは好みませんが、企業理念と日本式(試食→お茶のサービスあり)の丁寧な応対に感動してお買い上げ(笑)
 包装も綺麗なのでちょっとしたお土産には最適かと思います。
a0100706_227441.jpg

 クッキーを買った後は、併設のプカプカと言うカフェでマンゴカキ氷を頂きます。マンゴーたっぷりで$4ですが、食器は使い捨ての物だし、現地価格にしては高いかな?でも清潔感はあるし、カキ氷も安心して食べられます。
a0100706_2274081.jpg


More
by ajisai0614 | 2010-04-25 00:00 | '10年お正月 アンコールワット他 | Comments(0)

 無事タン・ハイ・ロングホテルにチェックイン。系列が同じなので、先日泊まったホアン・ハイ・ロングホテルに雰囲気も部屋の狭さも似ていますが、こちらは窓はありました(笑)
 しかし、外からライブのような騒々しさが!最上階の8Fなのに?と思って廊下に出たら、廊下に面している窓が開いていました。閉めたら多少マシに。
a0100706_21591882.jpg
 
 落ち着いたら、市内散策です。と言っても既に20時半過ぎなので、オールドマーケット周辺で夕食を摂ることにしましたが、相変わらず人出&バイクが多い。
a0100706_221158.jpg

 結局 フォーで済ませちゃったけど。
a0100706_2212770.jpg

 ホテルまでブラブラ歩いていたら、お洒落なアイス屋「FANNY ICE CREAM」さんを発見♪
a0100706_2245330.jpg

夕食も軽かったことだし、デザートでも頂きましょ。メニューは写真つきで見やすく、英語表記もあるので安心してオーダーできます。現地の物価にしては高いかも?レシートを見ると65,000VD(=$3.82)。ドンで払ったか、ドルで払ったか覚えてないけど。
a0100706_2221552.jpg

 出てきた時はあまりの大きさにビックリしたけど、実際は、アイス3スクープ分のシャーベットだったので余裕で食べられました。しかし寒くなったので退散~。いつの間にかホーチミンにもお洒落なお店が出来たのですね♪

More
by ajisai0614 | 2010-04-25 00:00 | '10年お正月 アンコールワット他 | Comments(4)

  昼食後1時間ほどハンモックに揺られながら昼寝をした後は、シェムリアップから車で約30分(11km.)にあるトンレサップ湖へ向かいます。
 のどかな田舎道を通ってトンレサップ湖に到着。トンレサップ湖はカンボジアの中央に位置する大湖で、乾季で3,000k㎡、雨季には3倍の9,000k㎡にも膨れ上がる大きい湖です。雨季には道路が冠水することもあるそうだし、バイクタクシーなどではエアコンがないので暑いし、市内から距離もあるので多少高くても車で行く方がお勧めとのことだったのでツアーにて参加。
 到着後、ガイドさんがチケットを買いに行き、1艘のおばちゃんが運転するボートに乗り込みます。エジプトのイシス神殿に行く時に乗ったボート並みにボロイ船で沈まないか心配になったり(笑)
トンレサップ湖ボート乗り場
a0100706_2113252.jpg

 そんな心配はものともせず、おばちゃんはボートを出します。湖の両サイドには水上学校や商店、周辺で泳いでいる子供もたくさんいて、水上生活が垣間見られました。
a0100706_20574248.jpg

無邪気な子供達ですが、この水質大丈夫?
a0100706_20592964.jpg

商品がてんこ盛り
a0100706_20553479.jpg
 
 しばらくすると、親子(子供は小学校低学年と幼稚園児の兄妹)のボートが近づいて来たなぁと思っていたら、お母さんが私達のボートに接近し、妹の方が飲み物の入ったかごを持って乗り込んで来てビックリ!
「ボートが近づいているなぁ。」と思いながら前方を見ていてふと気配を感じて振り返ったら、子供が居たと言う感じ。同じツアーの方もビックリしたけど、一人の方がお水を買ってあげました。配達料があるのか水やジュースは全て$1と街中よりはお高いです(笑)
 1本売れた辺りで、タイミング良くお母さんの船が近寄って来て船に乗り換えてさようなら~。1本売るのに必死だなぁと感心。
a0100706_20533866.jpg


More
by ajisai0614 | 2010-04-24 00:00 | '10年お正月 アンコールワット他 | Comments(0)

 さっぱりした後で、(ガラディナー用に用意していた)ワンピースに着替えてロビーで待っていたら、夕食の予約は私だけのようです。「私だけのために、ガイドさん&運転手さんすいませんね~」と思いながら表に出たら、何とトゥクトゥク!
 「お一人ですし、道路が混んでいるのでこちらの方が渋滞に遭わずに済みますね~。」などと言われたのですが、微妙に今の衣装にミスマッチ。でもせっかくなので記念撮影してもらいました(笑)
a0100706_21105275.jpg
 
 夜は心地よい風が吹いていたし、インドやエジプトのように目に見えて埃が舞っている訳でないので、トゥクトゥクでも問題なしでした。ガイドさんと話しているうちに、今夜のレストラン「クーロンⅡ」に到着。
a0100706_21124650.jpg

 ガイドブックにも載っている外国人向けの大型レストランでした。ビュフェで、一人席を用意してくれていました。(ガイドさんの席は別。)一人なので浮きそうな感じでしたが、同じような女性客もチラホラいたので気にしません。ドリンク代は別なので、パイナップルジュース($3.5)を頼んで、先にお料理を頂きます。
a0100706_21132252.jpg
 
 ショーは昨日ガラディナーで見たようなショーだったので、どちらか一つ見れたら十分だったかと。でも、お得料金で送迎付きなので、見ても損はないかと思います。
a0100706_21153014.jpg
 
 ショーが終わったら、ガイドさんに踊り子さん達と写真も撮ってもらい、21時前に終了。
こんな感じで写真撮影OK.(写真は知らない人達です。)
a0100706_2117652.jpg

 そのままホテルに送ってくれるのかと思ったら、「マッサージどうですか?1時間で$10。送迎は$2です。」と言われ、現地価格からするとちょっと高い気もしたけど、多分この紹介料がこのガイドさんのアルバイト代かなぁ?でも私一人のために待っていてもらったことだしと思いお願いすることに。

More
by ajisai0614 | 2010-04-24 00:00 | '10年お正月 アンコールワット他 | Comments(2)