5時過ぎに起床し、荷物をまとめて5時半前にはチェックアウト。初めの2泊はドル建てで現地決済だったので、精算してもらったんだけど、これがまたドルからベトナムドンに直して計算する物だからややこしい&時間が掛かってイライラ。早朝なのでホテル前の通りにはタクシーが通ってなかったので、チェックアウトの間にベルマンが呼んでくれたのは気が利いていたけど。
 直ぐにタクシーに乗って空港へ。早朝なので20分弱で到着。(13万VD)Web チェックインは済んでいるので荷物を預けた後は、ちょっと早いけど荷物になるので朝食を頂きます。
a0100706_3151711.jpg
 
 未だ温かかったので、「出来立てだね~。」と言いながら開けたら、せっかくオーダーを取ったのに、2人の中身は同じ(笑)例えば、チャーハンと焼きビーフンを頼んでいたのに二人ともチャーハンだったり、春巻きやら点心類が同じ物になっていたりと、それなら洋風か中華のチョイスだけで良かったのにね。まぁこれがベトナムクオリティ?時間に間に合っているだけでも良しとしましょう。オーダーの内容と多少異なるけど味は美味しかったですよ。

 朝食を頂いた後は、出国審査を済ませて、免税エリアへ。早朝にも拘らずオープンしていたけど、特別欲しい物も無かったので見るだけです。
 帰りの機材も新間隔エコノミーで2席並びを取っていたので、楽チンです。
a0100706_3161463.jpg

a0100706_3162340.jpg

復路では向井理&片桐はいり主演の『小野寺の弟、小野寺の姉』を見て、小栗旬主演の『ルパン三世』をちょっと見た辺りで、YさんにJALカードの件で質問があり、何だろうと思ったら、この時のフライトではJALカード会員様300万人突破記念で、初入会の方は20%キャッシュバックと言う、かつてない大盤振る舞いのキャンペーンを実施していて、この件について聞かれたのです。いつもは10%キャッシュバック。
 めざとくこの案内を見つけたYさん、機内販売の雑誌を真剣に見入り、エトロのJALオリジナルバックやティファニーのネックレス(←11月のソウルで踏みとどまって良かったね(笑))を始め、コスメ類など8万近くお買上げ(笑)
 コスメ類は、どうしようか迷っていたら、押しの強いCAさんが飛んできて猛烈プッシュでお買上げ。と言っても強引な感じじゃなくて、良い感じの方でした。いっぱい買ったからか私とYさんにJALオリジナルボールペンをくださいました。でもキャッシュバックで16,000円返金だからお得ですよね。いつもは私のカードで10%オフだけど、悔しいので私の分も買ってもらって現金で払ったのでした。
ジルスチュワートのハンドクリームセット。お土産に配るにも良いしね
a0100706_3174379.jpg

 機内販売の件で時間が無くなったので松たか子と田村正和主演のドラマ『親父の背中』を見て終了。帰りの機内食は、あまりお腹が空いてなかったこともあるけど、美味しくなかったことしか覚えて無い^^;
a0100706_3163820.jpg

a0100706_3165319.jpg

 そうこうするうちに成田空港に到着。荷物を受け取り、宅配で送ろうと思っていたのだけど、1本早い電車に乗れそうだったのでダッシュで京成成田空港駅へ。がっ、人が多すぎて改札を抜けてエレベーターまでが大混雑で、乗りたかった電車に乗れず(>_<) 仕方ないので、そのまま次の電車を待って羽田空港まで。
 
 羽田空港では赤坂離宮で夕食を摂るつもりで遅めの飛行機にしていたんだけど、荷物預けに時間が掛かったりして、ゆっくり食べる時間も無くなったので、適当に入って大急ぎで頂きます。
a0100706_3171825.jpg
 
 お正月休み中なので、どこも人が多くて並ばないといけなくて、これが誤算でした。大急ぎで食べ終えた後は、セキュリティを通過して搭乗口へ。東京ばななって空港内のどこでも売っているから、搭乗口で買えば良いわ~と思っていたら、よりによって最寄りの搭乗口には売ってなくて、遠い搭乗口の売店には売っていると言われたんだけど、既に搭乗が始まっていたので、諦めます。
 
 帰りも順調なフライトで、定刻通り伊丹空港に到着。帰りもYさんのお父さんが伊丹空港まで迎えに来てくれるのかと思っていたら「夜は目が見えにくいから、最寄駅までしか迎えに来てくない。」そうで、梅田まで一緒に帰ります。
 8日間のアンコールワット&ホーチミン衛生面を含めて大丈夫だったかと心配していたのですが、「忘れ物したから、また行かないとあかんなぁ~。」だって。「忘れ物って?」と聞いたら、「水上人形劇やん。」と(笑)
 そんな訳で、気に入ってくれたようで一安心。正直、私は初ベトナムの時は、バイクの洪水に疲れて当分行きたくないと思っていたけど、Yさんは間にアンコールワットが入ったからか?意外と大丈夫だったようで良かった(^^♪ 

 既に半年前の出来事で記憶も飛びがちで、最後は適当に仕上げましたが^^;、何とか終えれてホッ。GWの旅行記も忘れないうちにUPしたいと思います。
by ajisai0614 | 2015-06-06 00:00 | '15年お正月アンコールワット他 | Comments(2)

今日はホーチミン3度目にしてようやく参加することが出来たメコンデルタツアーです♪
7時40分にホテルにお迎えだったので、6時過ぎには起床。今日はお部屋チェンジの日ですが、スーツケースはそのまま部屋に入れておいたら後で次の部屋に移し替えてくれるとのことだったので、荷物はまとめて部屋に置いて、そのままツアーに参加。
朝食はしっかり頂きます(^^)
a0100706_2253286.jpg

a0100706_2254425.jpg

ベトナムナビで申し込んだので、コースは概ねナビの紹介の通りですが、私達は一旦ルネッサンスホテル(←11月に上司がここに泊まったと言っていたので、良い所に泊まっているなぁと話したり。)に集合して、そこで大型バスに乗り換えて、メコンデルタ地方に向いました。
a0100706_226956.jpg

ガイドのドゥクさんは日本語がお上手で、ホーチミン郊外に住んでいて、仕事のある時はバイクで1時間以上かけてホーチミン市内に来ているそうでお疲れ様です。
途中お手洗い休憩を済ませて、のどかな景色が見えて来たころベンチェーに到着。
a0100706_230487.jpg

a0100706_231244.jpg

フルーツを頂きながら、伝統音楽鑑賞。まぁ微妙な感じですが、もれなくCD販売有。
a0100706_2264522.jpg

a0100706_227292.jpg

a0100706_2272669.jpg

続いて、楽しみにしていたジャングルクルーズ。ノンラーと言うわら帽子を貸してもらえるので、日よけ代わりに被ります。4人1組に漕ぎ手のおばちゃんと言う感じで、のんびりクルージング。とは言え、肥沃なメコン川なので、透明で綺麗な川ではありません^^;
a0100706_2282125.jpg

a0100706_2284686.jpg

クルージングで到着後は、ココナッツキャンデー工場見学です。工場と言っても家族経営のような素朴な感じ。
a0100706_2294742.jpg

a0100706_2301821.jpg

出来立てのココナッツキャンデーを試食したり蜂蜜の味見をしたりして、軽く見学。ココナッツって苦手だけど、出来立ては美味しかったです。でも、冷めたら微妙そうな味だったので、購入せず。私の家族は私以上に、海外の変な物は苦手(笑)
ここでは、蛇を巻いて記念撮影も出来るのでYさんに「撮りたかったら撮ってあげるよ。」と言っていたのですが、「気持ち悪いからええわ。」と言うので二人で見学だけと思っていたら、順番が近づいたら「やっぱり撮ってもらってもええ?」と。と言う訳で、Yさんが首に巻いて、私が近くによって撮ってもらったのでした。Yさん曰く、蛇は筋肉質だったそうです。もちろん私は触ってないけど。
a0100706_2344755.jpg

a0100706_23517.jpg

 見学後は、船に乗り換えクルージング。
a0100706_237478.jpg

水上生活の様子も垣間見れて良い感じ♪
a0100706_238790.jpg

a0100706_2382115.jpg


More
by ajisai0614 | 2015-06-05 00:00 | '15年お正月アンコールワット他 | Comments(2)

写真撮影後は、ツアーデスクで水上人形劇のチケットの券を聞いたけど、やっぱり今日の分は売切れだって。仕方ないので、お勧めスパのパンフなどを頂いてタクシーでホテルに戻ります。
TNKトラベルで頂いたパンフでホテル近くのミュウミュウスパがあったので、とりあえず予約に行ってみます。直ぐは無理だけど、19時から予約OKだったので、予約を取って一旦ホテルへ。この時間にホテルに戻りたかった訳はホテルで18時までアフタヌーンティがあるから。高級ホテルのような雰囲気ではないけど、まぁ小腹を満たすには良い感じ?朝食の残り物みたいなのもありましたが(笑)
a0100706_2534746.jpg

a0100706_254760.jpg

 アフタヌーンティ後は、今日のお部屋チェック!鍵を受け取り、ドキドキしながら入ったら、窓こそないけど、バスタブにドアもあるし、一般的なツインルームで落ち着きます。しかもこちらの方が高層階だから、バイクの音も気にならないし。
a0100706_255480.jpg

バスタブにドアはあるけど、トイレはウォシュレット無し。
a0100706_2552177.jpg

DXルームのテレビはLG
a0100706_2554028.jpg

スパまで少し時間があった&せっかく持って行ったけど水着を着てなかったので、屋上のジャグジー&プールをチェックしに行ってみることに。肌寒めなのでプールに入るのは無理ですが、ジャグジーは暖まって良かったです。確かにこの屋上からなら、大晦日の花火も綺麗に見えたかも?売り切れていたから行ってないけど、66万VDなら、悪くないんじゃないかと思ったり。
a0100706_256478.jpg

a0100706_257266.jpg

a0100706_2572643.jpg

a0100706_2573868.jpg

 そうこうするうちに19時でスパの予約時間になったので、スパへ。観光客向けらしく、日本人や韓国人ゲストで溢れていました。
a0100706_30481.jpg

でも、私達が考えているレベルのスパだったので満足。
 プラバックも置いていて可愛い。市場よりお高いけど、ディスプレイが綺麗なので購買意欲が沸きます。15ドル~だったので、買ってないけど
a0100706_2593344.jpg

a0100706_2594528.jpg

日本語で問診もあり。ボディ90分、フット30分のコースで8万VD(カードの請求4,590円)
a0100706_32547.jpg

アンコールワットのホテルスパは、マッサージのレベルはともかく調度品とか雰囲気がイマイチだったんですよね。なので、最後に満足できるスパに出会えて良かった(*^^)v
a0100706_343766.jpg

貴重品入れは、可愛いポーチ。→ベトナムブランドらしく?ホーチミンの空港で売っていたので、Yさんは最後にベトナムドン使用で購入していました。
a0100706_34512.jpg

スパ前後にドリンクサービスあり。
a0100706_353087.jpg

 スパ後は、ファミマをのぞいたりしてブラブラ。
日本と同じ物が売られているけど、かっぱえびせんとかは製造年月日が古いですね。この日は1月2日。
a0100706_39431.jpg

a0100706_391348.jpg

そろそろお腹が空いてきたので、夕食を食べに行きましょうと言っても、タクシーで出かけるのも面倒だし、レタントン通りにある花水木で済ませちゃいましょう。別に日本食レストランで無くても良かったんだけど、22時過ぎで開いていたのが日本食レストランだったのでした。
Yさんは雑炊
a0100706_361837.jpg

私はラーメン
a0100706_36591.jpg

で、ここは日本と同じくタオルのおしぼり(←日本式で無料)が出てきて落ち着くわ~。しかもお正月の期間のサービスでお雑煮&スイカが無料サービス。関東風のお雑煮だったけど、久しくお雑煮なんて食べてないからほっこり温まりました。
a0100706_314962.jpg

a0100706_372854.jpg

a0100706_373796.jpg

夕食後は、、ホテルへ。明日の朝は早いので、朝食ボックスをオーダー(洋食か中華を選択可。中華の内容も選択可)して、荷物をまとめてお休み☆
by ajisai0614 | 2015-06-05 00:00 | '15年お正月アンコールワット他 | Comments(2)

 昨夜は遅かったので、今朝はゆっくり8時半頃起床し、朝ごはん。ベトナムらしいフォーはもちろんベトナム風コーヒー(ベトナム風コーヒーは好きじゃないけど、一応飲んでみた。)やヤクルトなどもあり、充実した朝食でした。
a0100706_711874.jpg

a0100706_7112260.jpg

a0100706_7114238.jpg

a0100706_7122510.jpg

今日はのんびりホーチミン市内観光です。タクシーで統一会堂(旧大統領官邸)へ。入場料3万VD。7年前は15,000VDだったので、2倍!ですが、日本円だと200円弱なので、そんなに高いことはありません。ブログも書いていたので前回の記憶が残っていたけど、展示が変っていたり、記憶違いだったのか?100以上の部屋があるので、見た部屋と見ていない部屋があるのかも?
a0100706_7131487.jpg

慶節室
a0100706_716070.jpg

a0100706_7162236.jpg

ベトナムナビによると「台湾から贈られた龍と鳳凰のカーペット。龍と鳳凰は「権力の象徴」を意味しています。」
a0100706_717958.jpg

国書提出国書提出室には壁一面にとても立派な漆絵
a0100706_7172922.jpg

映画室
a0100706_71747100.jpg

無線室
a0100706_737178.jpg

屋上にはヘリポートもあります。
a0100706_7181474.jpg

a0100706_719147.jpg

続いて戦争証跡博物館。前回行ってかなり衝撃を受けたので、負の遺産だけどYさんにはぜひ見てもらいたいと思いご案内。こちらは価格据え置きの15,000VD。
a0100706_7193452.jpg

a0100706_7202161.jpg

ですが、展示内容はかなり変更されていて、前回置いてあった枯葉剤の被害にあった乳児のホルマリン漬けなどはなかったです。その代わり、日本語の説明も増えていて、分かり易かったです。
 ベトナム戦争と言えば枯葉剤ですが、なぜ枯葉剤が使用されたか?考えたこともなかったけど、南ベトナム解放民族戦線がジャングルに身を隠し抵抗するので、枯葉剤で森林を破壊し、砂漠化したらジャングルにひそめられなくなるから。と言う理由で大量に散布されたそうです。
そして枯葉剤は原爆や水銀中毒等と同じく2世、3世にまで影響を及ぼしていること、またアメリカ兵にも枯葉剤の健康被害があったことなど、いろいろ考えさせられました。

枯葉剤が散布された後の様子。すべてが枯れ木になっていて・・・
a0100706_7223862.jpg

a0100706_7224867.jpg

 また、前回こちらで知った1966年ピュリッツアー賞を受賞した『安全への逃避』と題された沢田教一氏撮影の写真の他、この時に逃げて助かった親子と後日再会した時の写真の展示などもあり、心打たれるものがありました。残念ながら沢田氏は、1970年にプノンペンで何者かに殺害され34歳と言う若さでお亡くなりになったそうで、今で言う、戦場カメラマンなんですね。
『安全への逃避』
a0100706_7215971.jpg

a0100706_7212663.jpg

日本語の解説も多かったこともあり、2時間以上じっくり見学できました。そうそう、博物館内では『アー・オー・ショー(A O Show)』と言うチケットの販売があり、こちらで購入すると10%オフ。で、知らないエンタメだけど、オペラハウスでの公演だったので、今夜のチケットがあれば見ても良いかな?と思い聞いたら、ソールドアウト。明日のチケットならあると言われたけど、明日はOPに参加するので夕方までに市内に帰って来られるか微妙だったので購入せず。
a0100706_7233067.jpg


More
by ajisai0614 | 2015-05-27 00:00 | '15年お正月アンコールワット他 | Comments(6)

 大晦日の本日はサンライズ鑑賞。繁忙期のため、お迎えはなくて5時5分にシティアンコールホテルに集合。2日前と同じホテルに集合だったので、場所は問題なし。4時過ぎに起床し、身支度を整えたら集合場所へ向かいます。さすがに早朝なので肌寒いし、薄暗いので懐中電灯が活躍。
 集合後、ほどなくお迎えが来ていくつかホテルを回り、6時頃アンコールワットに到着。今日も大勢の人で賑わっているけど、冬のこの時期だから日の出まで30分以上待たないといけないなぁと思いながら物売りの人を冷やかしたり。
a0100706_1404033.jpg

ストール以外にも絵を売る人もいたりで、早朝からごったがえしています。
a0100706_1411159.jpg

 物売りのおばちゃんの見本に掛けていたピンクのペイズリーの薄手のストールが素敵だったので値切って4枚$10でお買上げ。
 結構お得に買えたと思っていたら、関西のおばちゃんが(注:私のことではありません!)「あら~ええやん。でも私やったら5枚で$10にしてもらうわ。」と^^; さすがに無理だったみたいで逃げられたけど、私達が買ってくれるお客さんと思ったのか色々物売りが来て断るのが大変。いくら安くても趣味の合わないストール(アンコールワットの刺繍とか)は要らないしね。そうこうしているうちに日が差してきて、幻想的とは言えないけど、まぁそれなりのサンライズが見えました(^^)v
6時35分頃
a0100706_1394074.jpg

6時50分頃
a0100706_140117.jpg


 集合が6時40分でちょっと早いなぁと思っていたら「集合をあと10分延長します。」と。正直7時集合でも良いくらいだったけど、ガイドさんがお勧めスポットに案内してくれると言うので、ちょっと早いけど切り上げます。ガイドさんが連れて行ってくれたのは、お堀の外。ここからアンコールワットとサンライズが見えるみたいで、確かにここも良い感じ。前回は同じスケッチトラベルだったけど、ここの案内はなかったなぁ。と思っていたら、同じツアーに参加された1人参加の男性が「同じツアーで昨日も参加したけど、ここの案内は無かったですねぇ。」と話されていたので、ガイドさんによるのかもしれません。残念ながら逆光で綺麗に撮れてないけど、実際は良い感じでした。
a0100706_1455080.jpg

 ちなみに先ほどの男性はこの後バンコクに飛んでバンコクでカウントダウンだそうでちょっと羨ましい。

More
by ajisai0614 | 2015-05-23 00:00 | '15年お正月アンコールワット他 | Comments(2)

ホーチミンへは定刻通りに到着し、タクシークーポン(125,000VD)を購入し、タクシー乗り場に行ったら、ホテルの方向別に相乗り?「チケット買っているし、相乗りは嫌です。」と伝えたものの、「今日は道が混んでてタクシーの数が足りないから相乗りで。」と言われ、1人の女性(パスポートがロシアだったのでロシア人と思われます。)と同じタクシーでホテルへ。彼女もチケット買ったのに「勝手に相乗りされて、買う前に説明してくれるか、ディスカウントしてくれたら良いのにね。」等と話したのでした。確かに市内に入ってきたら混雑してきたので、仕方ないかな?
 どちらのホテルに先に送ってくれるのかと思っていたら、途中で運転手が警察官と怒鳴り合い。どうやら私達のホテルの入り口まで行こうとしたけど、警察官が(カウントダウンの花火のため)一方通行で進入禁止?か何かを言ったんだと思います。
 以前に比べたらライトアップのセンスは良くなった気がします。
a0100706_263428.jpg
 
 しばし押し問答していたけど、入れないので、ロシア人の彼女に「彼女達(私達のこと)を送ったら、3分で戻るからここで待ってて。」と伝え、突然路肩に止めたかと思うと「降りて。今からホテル行くから。」「えぇ??このバイクがバンバン走っている中を通るの?」と思いながら、運転手さんがが私達のスーツケース2個を転がして行くので、私達はバイクに気を付けながらホテルまで。ちょっと乱暴だったけど、結果的に早かったんじゃないかと。

んで、チェックイン。今日から2泊はプレミアムシティビュールーム。明後日はDXツインルームだったので、「3泊とも同じお部屋にしてもらえませんか?」とお願いしたら、「無理」だって。しかもプレミアムシティビュールームはキングベッドのみの部屋しかなくて、バスルームにドアがない。
 口コミで「プレミアム以上でないと窓がないのでプレミアム以上がお勧め。」と書かれていたので、プレミアムで予約したのに。「では、(ダウングレードになるけど)DXツインに3泊はどうですか?」と、フロントで粘ったものの、「混んでいるから予約通りのお部屋の利用で、3泊同じお部屋は無理」だそう。まさか…事前にリクエストメールを入れておくべきでした。これ以上押し問答しても無駄なので諦めてお部屋に案内にしてもらいます。
a0100706_27472.jpg

お手洗いはウォシュレット付で、ホーチミンにも普及してきたのかな?この後宿泊したDXルームはウォシュレットなしだったので、標準装備には程遠いですね。
a0100706_273073.jpg

a0100706_293587.jpg

a0100706_294911.jpg

壁紙もモダンでお洒落
a0100706_210915.jpg

ウェルカムフルーツ、無料のお水は1日2本、セーフティBOX、バスローブ等も一通り揃っていて、確かにナイスなお部屋だけど、シャワルームはともかく、バスタブが部屋から丸見えなので、微妙…。まぁ2泊だし、我慢だわ。3日目はお部屋チェンジですがチェックアウトしなくても、荷物をまとめて部屋に置いておけば、後で荷物を移動させておいてくれるそうです。
 
 期待していたのに、ちょっと残念なお部屋になってしまい申し訳ない。しかも大晦日にYさんとキングベッドって^^; まぁ、広いベッドだし、自分で言うのもなんですが私の寝相は良いので(笑)大丈夫でしょう。
しばし、『紅白歌合戦』で明菜ちゃんを観たりして、遅くなったので夕食を食べに行きます。

More
by ajisai0614 | 2015-05-23 00:00 | '15年お正月アンコールワット他 | Comments(2)

 今日は、初訪問地のクバールスピアンとベンメリア観光のOPなので、楽しみ♪お迎えが7時35分なので、6時過ぎに起床し、身支度を整えて朝食へ。ゆっくりする時間もないので適当に頂きます~。
a0100706_2312343.jpg

a0100706_2312164.jpg

 今日も10数名のグループでしたが、昨日のOPが一緒だった親子もされていたので、軽く会釈だけ。この親子、小学4年生位の男の子二人連れなのですが、そっくりではないけど双子?か年子と言う感じで、お父さんにそっくりだったので、印象に残っていたのです(笑)

 今日の観光は、定番コースの一つでもあるバンテアイスレイ。10時過ぎに到着。前回は比較的空いていた記憶があるのだけど、今日は人出が多すぎて、しかもあまり愛想のないガイドさんで説明が終わったらスタスタ歩いちゃうものだから、ゆっくり写真を撮っていたらガイドさんを見失いそう(;_:)
a0100706_23142567.jpg

a0100706_23144175.jpg

a0100706_2315149.jpg

a0100706_23152319.jpg

 赤レンガと東洋のモナリザの像が有名なので、そこはチェック。予想より小さいことは学習済みなのでビックリもせず(笑)
a0100706_2314198.jpg

ズームしてみました。
a0100706_23133297.jpg


a0100706_23154320.jpg

a0100706_23155526.jpg

 バンテアイスレイの見学後は、クバールスピアンへ移動します。シェムリアップから北へ約50km、片道約70分にある郊外の遺跡になります。地雷の撤去が終わったので観光できるようになったそうで、信頼のおけるガイドと一緒に行きましょう。なんて書かれているガイドブックを見て少々ビビる私。
a0100706_23275899.jpg
 
 11時頃到着。30~40分の登山?トレッキングと書かれていたので、心配したのですが、確かに初めの方は一瞬エンジェルフォールの滝の麓へのトレッキングを思い出すような道でしたが、日陰を歩くし、足元も乾いているので思っていたほどきつく無かったです。
a0100706_23181496.jpg

a0100706_23183496.jpg

a0100706_23185495.jpg

a0100706_2319385.jpg

a0100706_23193429.jpg

a0100706_23195491.jpg


More
by ajisai0614 | 2015-05-16 00:00 | '15年お正月アンコールワット他 | Comments(0)

 お腹が膨れた後は、本日のハイライトでもあるベンメリア遺跡へ。14時半頃到着しました。ベンメリアは、カンボジアのアンコール・ワットの約40km東の森の中にある寺院。世界遺産であるアンコール遺跡群のひとつ。崩壊が激しい。全貌が明らかになればアンコール・ワットを凌ぐといわれるほどの規模を持つと推測されている。
偽のほどは定かでないが、宮崎駿監督のアニメ「天空の城ラピュタ」のモデルとなったと噂されているカンボジアのベンメリア遺跡。熱帯樹の茂る密林が遺跡全体を覆っていて、建造物のいたるところに熱帯樹が根を伸張し、挙句の果てに熱帯樹の倒壊に伴って建造物が無惨に倒壊してしまったという。

 ここは、アンコールワットの入場券と別で$5必要です。入場券はガイドさんが購入してきてくれて、遺跡までは歩きやすい道でちょっと拍子抜け。
a0100706_23353555.jpg

a0100706_23355428.jpg

で、入り口に到着したら、確かに荒廃した感じ。
a0100706_23362627.jpg

a0100706_23363873.jpg

 ガイドさん曰く「みなさん、あの瓦礫の上で写真を撮るのは良いんですけど、多数のiPhoneやデジカメが落ちています。落としたら拾えないので、諦めてもらうしかないので、登っても構いませんが、くれぐれも気を付けてくださいね。」と。そんな訳で、私達は手前で撮影し、中へ入ります。

 おぉ~木の根が遺跡の覆い被さっている感じは、タ・プロームみたいだけど、更に規模が大きいく、荒れ果てた感じが半端無いですね。広いから人の多さも気にならないし。 
a0100706_23374762.jpg

a0100706_2338018.jpg

a0100706_2338834.jpg

a0100706_23381782.jpg

 私達と別の日本人3人組が遺跡に登って自撮棒で撮影中でしたが、結構危なそうで見ていて冷や冷や。遺跡観光なのにロングのひらひらスカートだし、足元もサンダル履きだし。とおばちゃんチックな批判はこれくらいに(笑)敷地が広いけど、修復されてないので、中央祠堂や回廊など全て崩壊したまま。苔むしたり、樹に覆われたりで神秘的と言うかかつての繁栄を思うと儚いと言うか・・・。 
a0100706_2339710.jpg

a0100706_23391782.jpg

a0100706_23392766.jpg

a0100706_2340481.jpg

a0100706_23402389.jpg

a0100706_23403459.jpg

a0100706_2341227.jpg

a0100706_234057100.jpg

 この辺りに来たらガイドさんの説明も丁寧になり?私達が慣れただけ? 昨日の親子連れの男の子のうちの一人が、元気よく走り回ったり、木の蔓にぶら下がったりと、同じ兄弟でももう一人の子は大人しい感じ。
 別のツアー客が「双子ちゃんですか?」と聞いたところ「二卵性なので、双子ですがそっくりではないんですよ。」とのこと。知らなかったけど同性の双子でも二卵性ってあるんですね。でもどちらもお父さんにそっくりなので、兄弟なのは間違いない感じ(笑)
a0100706_23415213.jpg

a0100706_23421382.jpg

a0100706_2342353.jpg

a0100706_2342493.jpg

a0100706_234358.jpg

a0100706_23431923.jpg

a0100706_23433141.jpg

a0100706_23435784.jpg

a0100706_23441747.jpg

a0100706_23443856.jpg

a0100706_23444967.jpg

a0100706_23452535.jpg

a0100706_23453640.jpg

 最後は、ラピュタのモデルとも言われる遺跡を観て終了。
a0100706_2346929.jpg

a0100706_23462449.jpg

a0100706_23464017.jpg

a0100706_23465442.jpg

a0100706_23471772.jpg

今日もカラッと晴れていたし、木陰を歩くことが多かったので思っていたほど疲れずに済みました。

More
by ajisai0614 | 2015-05-16 00:00 | '15年お正月アンコールワット他 | Comments(4)

 今日は今回の旅のハイライトでもあるアンコール・ワット見学です。と言っても、私は2回目なので、気持ち的にはハイライトは今日じゃないけど^^;

 繁忙期のため、各ホテルにお迎えではなく、最寄ホテルに集合と言う形で、私達は7時40分にシティアンコールホテルに集合。徒歩5分少々だと思うけど、初日で場所も分かってないので、15分前に出ることに。
 6時半頃起床し、身支度を整えて朝食に向おうとエレベーターに乗ったところ、降りかけて、突然電気が消えて真っ暗。
 え??と焦っているうちに一旦停まったけど、ドアが開かず、そのままエレベーターが上昇し、エレベーター故障?このまま落ちたら死んじゃう!と思って暗い中手すりをしっかり握ったら、上の方で停まり、持っていた懐中電灯で操作盤を照らして非常ボタンを押すも応答なし。
 外で掃除機の音が聞こえたので「助けて~。エレベーターに閉じ込められているの~。(英語)」と大声で叫ぶものの誰も気づかず、そうこうするうちに電気が点いて、朝食レストランのある1階まで降りたものの、怖すぎ(>_<) 2階のお部屋でしたので、これ以降はホテルのエレベーターは使用せず。

 時間にしたら5分少々で、2人だったので怖さはマシだったけど、ホント怖かったです。Yさんは「懐中電灯で照らしてくれたから、落ち着いたわ。」と言ってくれたけど、初っ端からカンボジアの印象悪くなってないか心配…。
 ドキドキしながらエレベーターを降りたものの、周りのスタッフ達は特に気が付いてない様子。時間もないので気にせず、朝食へ。ロビーでは子供が生演奏中で早朝からご苦労様。
 朝食は一般的なビュフェだけど、3泊するので、今日は適当に。
a0100706_20102738.jpg
 
 7時25分にホテルを出発し、シティアンコールホテルへ。直線距離だけど、横断歩道とかが無いので渡るのに一苦労。しかも、埃っぽいから目にゴミが入って痛い(>_<)以前に比べたら明らかに交通量が増えている感じ。
 程なくシティアンコールホテルに到着。スケッチトラベルの同じツアーに参加される方もいらしたけど、1日コースと半日コースなどで分けているみたい。で、私達のツアーのお迎えが来てくれて、その後市内のホテルを回ってピックアップ。総勢15名近いツアーになりました。まずは、アンコールワットの入場券を持ってない人達のために、入場券(3日間$40)を買いに並びます。
a0100706_2011688.jpg

a0100706_20111728.jpg

もちろん私達も今日が初日なので一緒に買いに行ったんだけど、朝からかなりの混雑。各国のゲストが多いので、ガイドさんの顔を覚えて並びます。程なく写真撮影を終えて、入場券ゲット。流れ作業とは言え、もう少し綺麗に撮ってくれたら記念になるんだけどなぁ。

More
by ajisai0614 | 2015-04-26 00:00 | '15年お正月アンコールワット他 | Comments(2)

 昼食後一旦ホテルに戻れるかと思ったけど、そのままアンコールクッキーでショッピング&休憩。アンコールクッキーにはマンゴー氷($3)を食べに行きたかったので、ちょうど良かったんだけどね。以前より、更に種類が増えたような?中は、日本人だらけ(笑)
a0100706_20453439.jpg

a0100706_20455192.jpg

 休憩後はアンコールワットへ。前回と比べて湿度が低めで暑さがかなりマシだったので、ホテルでシャワー浴びなくても大丈夫な感じ。
お堀を通り、徐々に近づいてきました。
a0100706_20464480.jpg

a0100706_2047948.jpg

a0100706_20472074.jpg

a0100706_20483076.jpg

ミャンマーの遺跡を思い出します(笑)
a0100706_20494438.jpg

a0100706_20501711.jpg

歯を見せて笑うテバター
a0100706_2050479.jpg

a0100706_20505661.jpg


アンコールワット。初めての時のような感激は薄れるけど、やっぱりここは落ち着きますね。
a0100706_20513263.jpg

a0100706_20515054.jpg

定番の写真です♪
a0100706_20523065.jpg

a0100706_2052473.jpg

a0100706_2053188.jpg

第一回廊から第二回廊辺り
a0100706_20541666.jpg

a0100706_20543381.jpg

a0100706_20545343.jpg

a0100706_20555039.jpg

a0100706_2056629.jpg

a0100706_20562063.jpg

a0100706_20563637.jpg

5年前は修復中で登れなかった第三回廊が登れるようになっていたので、もちろん登ります。
a0100706_2057075.jpg

a0100706_20572813.jpg

a0100706_20575379.jpg

急な階段と言えば急だけど、足場も安定しているし、手すりもあるので怖さはないかと。ただ、人が多すぎて、一応人数制限しているみたい。
a0100706_20581790.jpg

a0100706_2059581.jpg

a0100706_20592117.jpg

a0100706_20593662.jpg

やっぱり高い所からの景色は気持ちいいですね。しかも、風が心地よくて、このままここでボーっとしてしまいたい。もちろん集合時間があるので、降りますが。
a0100706_210419.jpg

a0100706_2102044.jpg

a0100706_2103936.jpg

元旦から営業再開のアンコールバルーンが上がってる?この日は12月29日。
a0100706_2111846.jpg

名残惜しいけど、さようなら~アンコール・ワット
a0100706_2115815.jpg

a0100706_2121097.jpg


アンコールワットを満喫した後は、プノンバケンで夕日鑑賞です。同じく、山道を登って、既に大勢の観光客が登っているのが見えてYさんは「あそこに上がるん?」とびっくりしていたけど、石の階段は木の足場が設置されており、登り易くなっていました。しかし、人の多さが半端無くて、場所を取ったらサンセットまでそこに居ないと場所が無くなりそう。ここに来ると明らかに、中国人、韓国人が増えた気がしました。
a0100706_2124848.jpg
 
a0100706_213840.jpg

a0100706_2132480.jpg

a0100706_2133934.jpg

 それでもサンセットまで1時間近く、ぼんやり待っていたのだけど、残念ながら綺麗なサンセットは見れず。最後まで見ていたら、階段を降りるのが危なそう&集合時間に遅れたら困るので、適当に切り上げ、サンセットを横目に見ながら階段を降ります。
a0100706_21449.jpg

a0100706_2142043.jpg


More
by ajisai0614 | 2015-04-26 00:00 | '15年お正月アンコールワット他 | Comments(2)