カテゴリ:'14年9月 ベネズエラ( 22 )

ベネズエラ7日目①

 今日は8時40分発の飛行機で空港も近いので6時出発かな?と思っていたら、4時起きの4時15分バッゲージダウン。4時45分集合ですって。一応ベネズエラと言うお国柄、チェックインに時間が掛かることがあるので、早めの行動だそうです。
 こんなに早朝なのに、朝食レストランは対応してくれるそうで、フルーツだけでも頂きましょう。と思ったけど、見ていたら食べれました(笑)みなさんも、早朝から食べてらっしゃいましたよ。
a0100706_0424189.jpg

a0100706_1421287.jpg
 
 朝食後、荷物回収が遅れたのか5時15分真っ暗な中ホテルを出発し、5時35分カラカス・シモン・ボリーバル空港到着。こんな早朝にも関わらず、アシスタントのフィリュックスさん、ロサンジェルスさん、ハーバードさん、セキュリティのエンジェルさんも来られていて、ご苦労さまです。 個人チェックインで搭乗手続きを手伝ってくださり、セキュリティ手前でお別れです。
 出国審査を済ませ、搭乗口を確認後は、しばし自由行動。添乗員さんお勧めのチョコを売っているショップを案内してくださると言うので、着いて行こうと思ったらお手洗いに行きたくなり、迷うような空港でもないので、後で見に行こうと思い、お手洗いを済ませて出てきたら、早朝だからか周りに人がいなささすぎてビックリ(@_@) 

 気にせず、ブラブラ散策していたのだけど、空港内だけど同じ物でも店によって値段がかなり違う?価格はあってないようなものだなぁと思いながら、それでも一応安いお店で添乗員さんが話していたチョコレートを見つけたのでお買上げ。2個を買うと手持ちのボリーバルがちょっと足りないけど、1個だとボリーバルが余るし。と思い、ボリーバルを並べて2個欲しいと伝えるとOKだって。ラッキー。もしかして、1個高い方にチェンジしてもらってもいけるかも?と思い、聞いたらOKとのこと。なんともやる気のなさそうなお姉ちゃんだったので、まぁ良いか(笑)
a0100706_0454778.jpg

少し人が増えてきました。
a0100706_0444678.jpg
 
空港内には、寿司マーケットがありましたよ。
a0100706_045288.jpg


 無事にボリーバルを使い切って、搭乗口付近へ戻ったら、「あじさい様~いらっしゃったら、搭乗口へお越しください。」とのアナウンス。微妙な英語だったけど、自分の名前なので、え??私??と思いながら、カウンターに行ったら「君は今日の便の荷物チェックの係に選ばれたので、協力してください。このベスト(←空港の係員が着ているような蛍光色のベスト)着て、ついて来て。」と言われ、「え~?でも、誰かが協力しないといけないなら、仕方ないなぁ。でも、ツアーの人に伝えておかないと、時間になって集合してないと添乗員さんが心配するし。」と思っていたら、ちょうど同じツアーの方がいらしたので、伝言をお願いし、スタッフについて行きます。

 まずは、エスカレーターで下の階へ連れて行かれ、手荷物チェック。これが細かくて、ポーチの中や財布の中まで見られて、嫌な感じ。さすがに財布の時は、日本円を入れていたので盗まれないかと冷や冷や。
 続いて、貨物用のエレベーターみたいなのに、乗せられ、人気が少ない方へ…。段々この辺りで「これ、本当に正式なチェックなのかな?添乗員さん、こんなこと言ってなかったし。もしかして治安の悪いカラカスだし、このままどっか連れて行かれて、帰れなくなったらどうしよう?でもツアーで来ているし、何とかしてくれるよね。」なんて、ドキドキしながら着いて行ったら、スーツケースを飛行機に積み込む前の場所に連れて行かれ、「これはあなたのスーツケースですよね?」と既に出されていて、開封して中身をチェックさせてくださいと。このスーツケースを開ける時に、スーツケースの破損に気が付き、チェック後、サイン(表には他の便の搭乗者のサインがあったので、本当のチェックだったみたい)を済ませ、ガムテープをお借りして、ひびの箇所を補強。

More
by ajisai0614 | 2015-04-05 00:00 | '14年9月 ベネズエラ | Comments(0)
往路から何度も利用したメキシコ空港もこれが最後です。
a0100706_101119.jpg

セキュリティチェック後は、搭乗口(gate68)を確認して、しばらくフリータイム。免税店を見たけど、2年前の80円と比べると110円弱で高く感じて何も買わず。搭乗口付近のお店の水は高かったので、離れたところでペットボトルを買い込み、乗り込んだら、今回は1人1本座席に置いてあり、ありゃー買わなくても良かったな。
 さて、ここから長いフライトです。途中モンテレイを経由し、成田まで約17時間(@_@) まぁ、寝ていたら良いし、2年前と違って体調も良いので問題なし。
 ちなみに、メキシコシティから成田まで往路と違ってどうして直行便じゃないのかと言うと、メキシコシティは標高が高い場所にあるので、離陸時に燃料をたくさん使うので、途中で給油しないと日本まで燃油が持たないからなんだそうで、へぇ~。
 なお9月18日からティファナからモンテレイ経由(この日は9月21日)に変更したので、添乗員さんも「モンテレイ経由は初めてです。ティファナと同じで降機は出来ないと思いますが、機内アナウンスで降機可なら、案内しますね。」とのこと。

ベネズエラ8日目
 日付が変わって9月21日0時7分アエロメヒコ航空 AM58便でモンテレイへ。
a0100706_105272.jpg

1時10分モンテレイ着。予想通り、機内待機でしたが、搭乗後寝ていたので眠さがピーク。うとうとしながら、外は雨が降っているなぁと思いながら、寝ていたのだけど、2時間過ぎても離陸しません。ほどなくアナウンスが入り、「急病人が出たため、ドクターの診療を受けています。」とのこと。しばらくして、お医者様と看護師さんらしき人が乗り込んできて、その後お母さんにおんぶされて男の子が出て行ったのだけど、眠すぎて寝てしまったので、その後はどうなったか分かりません。結局予定より長く待機後、3時過ぎにモンテレイ出発。
a0100706_111876.jpg

 機内食
a0100706_115818.jpg

機内ではキャメロン・ディアス主演の『The Other Woman』を観たんだけど、日本では上映予定はないみたい。あとは『マレフィセント』を見たり。
a0100706_145811.jpg

ドリンクコーナーがあるので、適当に頂きます。
a0100706_153158.jpg

機内食2回目
a0100706_16781.jpg

機内では往路にチェックしていた、クリニークの乳液セットをお買い上げ。円安傾向だったけど、これは安かったのです(笑)

More
by ajisai0614 | 2015-04-05 00:00 | '14年9月 ベネズエラ | Comments(0)

ベネズエラ6日目①

 今日はギアナ高地の観光を締めくくるのに相応しいエンジェルフォールの遊覧飛行です。が、セスナに乗るのが不安な私(笑)昨晩は雨が降っていたけど、朝にはやんで青空が見えてきました。
 6時半起床で7時からロッジで朝食です。
a0100706_22451084.jpg

ビュフェで、薄暗い中で見た目にデザートと思って取ってきたら、バターとジャムで、こんなに使わないってば(笑)同じく1人参加の方と頂いたのですが、彼女も同じように見間違えたみたい。
a0100706_22453933.jpg

朝食後は、ビーチを散策しながらお部屋に戻ります。
a0100706_2252335.jpg

やっぱりタンニン色
a0100706_22521382.jpg

a0100706_22525324.jpg

 そうそう、こちらのホテルはビーチ側から現地の人も入って来られるので、洗濯物や濡れた靴とかを外に干しておくと盗られることもあるので、気を付けるように言われていたのですが、同じツアーの方が「捨てても良いかな?」と思っていた、古くなったスニーカー(乾かして少しでも軽くしようと思っていた。)を干していたら持っていかれたそうです。私も濡れた物を干していたけど、私の部屋は高台側だったからか、持って行かれませんでした(笑)エアコンもあるけど、濡れ物が多くて、なかなか乾かないのです。

 朝食後は荷物をまとめてロビーへ。ロビーからの景色が一番好き☆
a0100706_22533761.jpg

 昨日セスナに乗る順番をくじ引きで決めていたので、空港(チャーター機もセスナも同じ空港)まで行った後は、順番まで空港の待合でお土産を見たり冷やかします。
こちらのガイドさん、お名前失念しましたが、現地のパンフレット作製に協力されていて有名な方だそうです。
a0100706_2256099.jpg

 4班に分かれて私は第2班。ドキドキするけど、どうせ乗るなら早く乗り終えた方が後でゆっくりできるから良いかな?(8時27分~9時47分発) 
セスナに乗る前にパイロットさんにご挨拶。安全運転でお願いします~。
アヤウンテプイ…高さ2,450m、面積700k㎡(東京23区と同じ位)、ギアナ高地最大のテーブルマウンテン。アヤウンとはペモン族の言葉で、“悪魔”を意味する。山頂には20億年前に出来た黒い岩盤がむき出しになっている所や湿地帯があり、無数の滝が流れでている。

ドキドキしながら乗り込み、心臓バクバク。それでも初めの方は、安定飛行で程なく上空へ。上空からの景色は湿地帯なども見えてきて、興味深い。
a0100706_22583028.jpg

a0100706_22584080.jpg

a0100706_2259881.jpg

a0100706_22591763.jpg

a0100706_2259495.jpg

a0100706_230099.jpg

 エンジェルフォール…ギアナ高地では何千と言う太気がテプイより流れ落ちているが、最も落差の大きな滝がエンジェルフォール(アンヘルの滝)落差979m。1937年パナマのパイロットのジミー・エンジェルが滝を発見したことにより名付けられた。彼は1956年パナマの飛行機事故で亡くなったが、彼の希望で遺骨はエンジェルフォールの上からまかれた。

そうこうするうちにエンジェルフォールが見えて来ました。が、水煙が多くてくっきりは見えません。数回旋回してくれて、ありがたいんだけど冷や汗が~。平気な人は平気みたいでしたが^^;
a0100706_2302887.jpg

a0100706_2305198.jpg

a0100706_2311481.jpg

a0100706_231412.jpg

 旋回後、空港に戻るのかと思ったら、山の谷あいをわざとビューンと飛ぶものだから、山肌にぶつかりそうで「いや~止めて(+o+)」状態の私。何度か繰り返されて、楽しませるためにやってくれていると分かったけど、怖かった~。
a0100706_232165.jpg

a0100706_2324020.jpg

a0100706_2331735.jpg

a0100706_233501.jpg

a0100706_234565.jpg

a0100706_2341694.jpg

で、降下が始まり「無事に終わって良かった~」と思っていたら、急に高度を下げて、川面すれすれを飛んでくれます。
a0100706_2344681.jpg

a0100706_235562.jpg

a0100706_2352222.jpg

a0100706_2353130.jpg

これもサービスらしいけど、ここまで高度が下がっていたら、怖さも落ち着いたので楽しむことができたころ空港に到着し、パイロットさんと写真撮影。添乗員さん曰く「風が安定していたから、サービスで色々してくれたんでしょうね。」と教えてもらい。「そうだったんだ~。」と知った私。
a0100706_2355762.jpg
 

More
by ajisai0614 | 2015-04-04 00:00 | '14年9月 ベネズエラ | Comments(2)

ベネズエラ6日目②

11時30分 チャーター機のTRANS MANDUにて出発。
a0100706_2324586.jpg

a0100706_23241993.jpg

a0100706_23242774.jpg

乗る前に「もしかしたら、違う方が乗り込んで来るかもしれませんので、前方席は空けておいてください。」と言われていたのですが、誰も乗って来なくて、出発かな?と思っていたら、最後に1名(多分現地の方)が乗って来られました。チャーター機だけど、この辺りは定期便がないので、こう言うことはあるみたい。それにしても日本人グループに1名って微妙だけど、慣れていたら気にならないかな。
パイロットは行きと同じ、クラウディオさんとラウルさん。
a0100706_23262667.jpg

出発して約15分後には、人造湖のグリダムが見えて来ました。
a0100706_23265155.jpg

 更に30分後には、ダムが見えて全長900mのカロニ川、奥には南米第3の川オリノコ川(全長2,500m)が見えました。
a0100706_23271729.jpg

a0100706_23273822.jpg

a0100706_23283730.jpg

到着前には、プエルトオルダスの街が広がっているのも見えました。
a0100706_23285682.jpg

12時5分 プエルトオルダス空港到着。特別にコクピットの中の写真も撮らせてもらえましたよ。
a0100706_2329994.jpg

 プエルトオルダス…人口約80万人。オリノコ川を利用した内陸港。アルミ、ポーキサイト、鉄鉱石などの鉱物産業が盛ん。グリダム(水力発電所)の電力を利用して、製鉄所が作られてた。

プエルトオルダスの空港でアシスタントのエンリケさんとお会いし、チェックイン。4泊5日お世話になったみんなの荷物。キティ(←スカイツリーのハローキティジャパンで買った福袋に入っていた。思いがけず、今回の旅行で大活躍(笑))と下の黒のボストンバックが私の。
a0100706_23311713.jpg

プエルトオルダスの空港内・・・ここまで来たら一般的な空港です。
a0100706_23322491.jpg

空港内で待っている間に、水やお菓子を買ったり。空港内はfreewifiがあったので、久しぶりの都会を満喫(笑)
a0100706_23324130.jpg

チェックイン時に「座席番号が表示されずに自由席の場合もありますが、気にせず乗ってください。」と添乗員さんから案内があったのですが、搭乗券には座席番号が印字されていました。
a0100706_2334673.jpg

a0100706_2336798.jpg

ここからはジェット機なので気持ち的に安心だわ~と思いながら乗り込んだらCAさんが「フリーシート。」だって。なので、既に私の席には違う人が座っていたので、適当に後部座席へ移動し、同じツアーの人と並びで座ります。同世代の女性の1人参加だったので、ネイルの話で盛り上がったり。
国内線だけど軽食あり。
a0100706_23362045.jpg

a0100706_23364654.jpg

a0100706_23365544.jpg

彼女も綺麗なネイルをしていたのです。が、少し浮き気味だった右手中指の爪を軽く触ったらぱかっと取れてしまい(―_―)!!  まだ、旅行の途中なのにショック(+o+)
a0100706_23372960.jpg

a0100706_23375489.jpg

a0100706_2338580.jpg

15時32分 カラカス・シモン・ボリーバル空港到着。
往路と同じくアシスタントのフェリックスさん、セキュリティのエンジェルさん、ドライバーのディビットさんがお迎えに来てくれて、急いで車に乗り込みます。国内線ターミナルを出た辺り。それでも、この時は2回目なので撮影する余裕あり。やっぱりどの車も窓に黒いシートが掛かっています。
a0100706_23395326.jpg

a0100706_23402916.jpg

a0100706_23404242.jpg

カラカス…人口800万人。ベネズエラの首都で標高約1000m。山に囲まれ盆地に広がる町だが、山沿いにはひしめき合うように低所得層の民家が建っていて、貧富の差が伺える。治安の悪さで悪名高い。


今回の車は窓に赤のフィルムが貼られていて、車内の雰囲気は怪しげ(笑)案内を聞きながら、車窓観光。外からは見えないようですが、いかんせん透明の窓じゃないから見ても変な感じ。向こうの海はカリブ海なのに~。
a0100706_23454050.jpg


More
by ajisai0614 | 2015-04-04 00:00 | '14年9月 ベネズエラ | Comments(2)

ベネズエラ5日目①

今日は、今回の旅行のハイライトでもあるエンジェルフォールへ向かいます。前日だったかな?この日の大まかな行程を教えてもらい、イメージトレーニング。
①カナイマを出発。トラックバスで船着き場へ。要着用レインコート上下。
②約50分ボートに乗ってマユパ島に到着。マユパ島内は約3キロ(30分)徒歩にて移動。
③60~90分ボートに乗って、7時頃オルキデア島に到着し、朝食。
④90~120分ボートに乗って、ラトンシート島に到着し、14時~14時30分位?昼食。
⑤1時間半ほどジャングルウォークで、最後の30分は急な登り坂があり、エンジェルフォールへ到着。
ボートはともかく、最後の急な登り坂ってどのレベルなんだろう?でも、大勢の人が行っているから、私でも大丈夫かな?と思っているうちに、起床時間です。本日は4時起床で、身支度を整えたら、4時50分にロビーへ集合。
 5時10分 ホテルのあるカナイマをトラックバスに乗って出発し、5時22分、船着き場に到着。
 小さいボートで、板を敷いただけなので数時間座るにはお尻が痛いとの口コミがあったので、要らなくなったストールをビニール袋に入れて座布団代わりにしようと持参していたのですが、クッション付でした^^;
 ぶれちゃったけど、このボートに乗り込みます。
a0100706_0442063.jpg

でも、せっかく持ってきたので、お座布も引いて座っちゃいます。←現地で捨てるとは言え、こう言う物を色々持ってきたから、荷物が多い(笑)ボートに乗って朝焼けを見ながらカラオ川を進みます~。
a0100706_0472787.jpg

お世話になったガイドさん。お名前失念(>_<)
a0100706_049133.jpg

マユパ島に向かう時に見えた、トポチ(左)とマナイ(右)(女性の胸と言われていて、横たわった女性の胸のようです。)
a0100706_04898.jpg
 
マユパ島で降りずにそのままボートで向かうことも出来るようですが、マユパ急流で、ボートが転覆したりする事故があったりするので、安全のために一旦降りて、ボートだけ先回りしてくれるそうです。
日が昇り始めようかというころ、5時45分 マユパ島に到着。こちらは50人ほどの住人が住んでいて、島内には集会場や学校もあります。
a0100706_0493769.jpg

a0100706_050662.jpg

a0100706_0502371.jpg

現在の時刻
a0100706_0505846.jpg

 亀を見つけたり、割とゆっくりペースで歩いたので、楽勝だけど、帰りだと疲れてそうだなぁと思ったり。
a0100706_0512055.jpg

a0100706_0513964.jpg

a0100706_0515036.jpg

a0100706_052510.jpg


More
by ajisai0614 | 2015-03-28 00:00 | '14年9月 ベネズエラ | Comments(0)

ベネズエラ5日目②

10時5分、トレッキングスタートです。木の根がいたるところに張られていたり、石がゴロゴロ、雨で水たまりやぬかるみも多くて、足元を見つつ、前の人に着いて行ってと言う感じ。
a0100706_057508.jpg

a0100706_058720.jpg

a0100706_2271569.jpg

a0100706_2274155.jpg

 ガイドさんの名前は失念しちゃったんだけど(普段も覚えてないけど^^;)、ユーラシア旅行社は旅行後に旅日記を配ってくれるので、細かい時間が分かるのでした。
 で、ガイドさん、やたらと私と80代のおばあちゃんに優しくて(笑)途中からおばあちゃんのリュックは担いでくれて、横たわった樹の上を歩いて水たまりを渡る度に私の名前を呼びながら、私の手を取ってくれて、ありがたいんだけど、おばちゃんとかの手は取ってくれないものだから、途中でおばちゃんに「若い人(←私のこと)の手しかとってくれへんなぁ。」と。大阪のおばちゃんなので怒っていると言うよりは、軽口と言う感じ。なので、おばちゃんの手は、同世代のおじさん達が取ってあげていましたよ。(笑)
a0100706_0591577.jpg

と、こんな原生林のような中をひたすら歩いていたら、エンジェルフォールズの看板が見えたのでもう少しと喜んでいたら、「ここから先は急な坂が続くので不安な方は、こちらで待機しておいてください。」と。見た感じ、さすがにおばあちゃんは微妙?一人のおばちゃんも足が悪そうなので、どうするんだろう?と思っていたら、みんなで昇りますとのこと。写真は序の口で、もっと凄い岩場でしたが、危ないので写真は撮っていません。
a0100706_111749.jpg

a0100706_112531.jpg

なので、ゆっくり登ってくれたので、予想していたよりは楽でした。
もう少しでエンジェルフォールズだ~とか自分で励ましていたのだけど、徐々に轟音とともに、小雨?と思ったら、雨じゃなくて、エンジェルフォールズの水しぶき。「ここで、水しぶきが掛かるってことは、かなりの水量ですよ。」と言われ、ワクワクしながら、12時15分、ライメ展望台に到着したところ…。水量が凄すぎて、展望台からの景色は、何がなにやら。一瞬滝が見えるけど、立って写真を撮るなんて危なすぎるし、へっぴり腰でようやく岩場に登って写真を撮ってもらったけど、水しぶきで訳分かりません(+o+)
 そんな訳で、他の方の旅行記で見るような景色どころか、滞在時間も早々に退散しないと危険な状態だったのでした。台風の中で立っているような感じ。


 なので、もちろん滝壺に行くことも不可でした。
a0100706_212733.jpg

a0100706_2122784.jpg

a0100706_216094.jpg


More
by ajisai0614 | 2015-03-28 00:00 | '14年9月 ベネズエラ | Comments(0)

ベネズエラ5日目③

ボートに乗り、テプイ群の見納めです。エンジェルフォールズ以外にも無数の滝が流れており、ボートクルーズだけでも満喫! でもやっぱり行きのような青空の方が映えますね。雨期だから降られなかっただけでも良しとしましょう。
a0100706_2185868.jpg

a0100706_2192164.jpg

a0100706_220419.jpg

a0100706_2202831.jpg

a0100706_224484.jpg

a0100706_2242220.jpg

a0100706_2244994.jpg

途中から雨がポツポツ。レインコートは着ているけど、帽子を被っていても顔は濡れます。
徐々に日も暮れて来て、「マユパ島で30分歩くの面倒だなぁ。」と思っていたら、みなさんが「マユパ島過ぎたんじゃない?」「もしかして船着き場まで行ってくれるかも?」と思っていたら、「遅くなったし、雨も降ってきたので特別に港まで送ってくださった。」そうで、ラッキー。多分、おばあちゃんのペースで全体的にゆっくりだったと思うのですが、みんなも疲れていたのでラッキーでした。
 17時50分、ボートを下りて、トラックバスに乗り込み、ホテルへの道を走っていたところ、幻想的な大きな灯りで、なんだろう?と思っていたら、この辺りのだそうで、日本で見るホタルの光と違ってかなり大きかったです。揺れるトラック内でカメラを取り出す時間がなくて写真はないけど、本当に大きい灯りでした。
 トラックバスに揺られ10分ほどでロッジに到着。レインコートを着ていたとは言え、結構濡れてしまったので、シャワータイムをゆっくり取ってくださり、夕食は19時45分から。
 シャワーと言っても昨日と同じく、茶色い水ですが、昨日よりは熱いお湯の出が良かったので、冷えた身体だったので、助かりました。シャワー後は、濡れた物を捨てたり、洗濯したり。大体捨てる服類にしていたので、洗い物も少なくてすっきり(笑)

More
by ajisai0614 | 2015-03-28 00:00 | '14年9月 ベネズエラ | Comments(2)

ベネズエラ4日目①

2014年9月17日(水)
 今日はサンタエレナからカナイマへチャーター機で移動です。
 7時15分 ロッジにて朝食。アレパ(トウモロコシの粉で練ったベネズエラ風おやき)、パン、スクランブルエッグ、ハム、チーズ、スイカ、パッションフルーツ。
a0100706_20314172.jpg

 出発まで時間があったので、ヤッコキャンプ内を散策。
黄色のお花?と思ったら、蟻が運んでいました。
a0100706_20401066.jpg

a0100706_20402742.jpg

ヘリポート?
a0100706_20404690.jpg

ヤッコキャンプは、高台の上にあるので、あの道が凸凹だったと今更実感。
a0100706_2041430.jpg

a0100706_20411718.jpg

明るい時間に撮ったお部屋はこんな感じ。
a0100706_20414284.jpg

フロントロビー兼レストラン 

a0100706_20415480.jpg

私達の荷物を積み上げ中。
a0100706_20422289.jpg

9時過ぎヤッコキャンプ出発。 サンタ・エレナの中心を抜けて空港へ。サンタ・エレナは人口3万人ほどの小さな町で、ギアナ高地の観光の入り口。ブラジルとの国境の街として多くの観光客が訪れる。
a0100706_20425399.jpg

そうそう、同じツアーの方のスニーカーの裏が古くなっていて、外れてしまったんです。メインのエンジェルフォールズのトレッキングには絶対必要だし、と言うことで空港に向かう途中、街中にある修理屋さんに寄って修理してもらうことに。私達は車の中で、ガイドのベネトンさんにお願いします。ツアーの方は、時間を取らせて申し訳なさそうでしたが、私達は、見る予定の無かったサンタ・エレナ市内見学が出来たので返ってラッキーでした。修理代は大したことないみたいですが、チップとかで$10位は払ったみたいなので、「もともと捨てるつもりで持って来ていたスニーカーだったので、こんなことなら新しいのを買ってきたら良かったわ~。」なんて話していました。
a0100706_20433091.jpg

肉屋さんや服屋さん、スーパーなど
a0100706_20441982.jpg

a0100706_20444083.jpg

a0100706_20445250.jpg

a0100706_2045660.jpg

ちなみに、一昨夜ヤッコキャンプで一緒にDVDを鑑賞した個人旅行風のグループは、添乗員さんがお話を聞いたところ、アルゼンチンからパンアメリカンハイウェイ(南米大陸6,000km)をツーリングしていて、ベネズエラで終了なんだそうで(@_@) 壮大と言うか何というか…凄すぎ~。ちなみに2か月弱で200万弱だそうで、バイクはレンタル、ベネズエラで乗り捨てOKなんですって。「男のロマンだね~」とツアーの方と話したけど、多分職業は自営の方が多かったんじゃないかと(笑)

9時40分 サンタ・エレナ空港に到着。ここでガイドのベネトンさん、ドライバーのホアンさん、ラファエロさんとはお別れです。
a0100706_20464398.jpg

 ルエパに着いた時のような何もない空港かと思っていたら、ここはこじんまりとしているけど、立派な建物もありました。
a0100706_20472068.jpg

 セキュリティーチェックも済ませて、搭乗口と言うか待合室に行ったもののチャーター機が到着してないようで、しばし待ちます。
a0100706_20474424.jpg

a0100706_2048263.jpg

10時半のフライト予定でしたが、結局50分遅れ。まぁ、ベネズエラ時間と思えば許容範囲かな?
a0100706_20491493.jpg

11時22分 TRANSMANDU社のチャーター機で出発。
a0100706_20492772.jpg

a0100706_2051460.jpg

パイロットはクラウディオさん、第二アシスタントさんはダニエルさん、運が良ければ、エンジェルフォールも見えるそうで期待しちゃうけど、それより揺れないで~と祈る私。
 期待と不安の混じったフライトでしたが、飛び立ってしばらくは、グランサバンナが見えていて、約35分後には、雄大なアウヤンテプイが姿を見せました。
a0100706_20504159.jpg

a0100706_20504886.jpg

a0100706_20514564.jpg

続いて、落差979mのエンジェルフォールも見えました(^^)v フライトは大きく揺れることはないけど、やっぱり小型機なので不安を感じつつシャッターを切ります(笑)左右どちらからも見えるようにと数回旋回してくれ、冷や汗が…。エンジェルフォールとアヤウンテプイの間近まで近づいてくれたので、大サービスだったようです。
a0100706_20522631.jpg

a0100706_20533327.jpg

a0100706_20534878.jpg

a0100706_20541590.jpg

a0100706_20552094.jpg

遥々来て見えなかったらと心配していたエンジェルフォールが見えたので興奮。しかし、小型機なので不安が拭い去ることはなかったです。


More
by ajisai0614 | 2015-02-22 00:00 | '14年9月 ベネズエラ | Comments(0)

ベネズエラ4日目②

14時30分 ロッジから歩いてビーチに向い、ビーチからボートに乗ってラグーンクルーズです。
a0100706_21155967.jpg

a0100706_21163752.jpg

a0100706_21173139.jpg

a0100706_21175853.jpg

a0100706_21183320.jpg

a0100706_2119281.jpg



まずは、右手前のウカイマ滝、続いてゴロンドリーナ滝、(ツバメがこの滝の裏を飛んでいたため名付けられたそう。)更にはワダイマ滝(女性の名)、最後は最も迫力のあるアチャの滝(幅200m)、この4本を総称して「アチャの滝」とも呼ばれています。ボートクルーズ、初めはイグアスの滝のクルーズみたい♪と喜んでいたら、添乗員さんがせっかくなので滝に近づいてもらいましょう!と言って、滝に近づいてもらったので飛沫で軽く濡れちゃった。どうせ、この後は濡れるので一緒だけど。それにしても、こう言うボートツアーは落ち着きます(笑)安心して乗ってられるし、濡れるのもまた楽し♪




14時52分 アナトリーナ島へ到着後、サポの滝まで、森の中を歩きます。
a0100706_21203711.jpg

a0100706_2121638.jpg

a0100706_21212731.jpg

15時30分 サポの滝に到着。


a0100706_21214449.jpg

a0100706_21223340.jpg

a0100706_21225393.jpg



幅120m、高さ30m、カナイマ国立公園内の滝の中では最大の幅を持つ。大量に流れ落ちる滝の裏側を通り、対岸まで歩きます。滝の裏を通る際は滑るのでまたまた靴は脱いでソックス履きに。濡れても良い格好で、滝裏へGO! 
初めの方は、楽勝(*^^)v
a0100706_21231764.jpg

a0100706_21234171.jpg

徐々に水量が増えてきて、目を開けるのも大変。ここでもゴーグルが役立ちました(笑)
a0100706_21253726.jpg

a0100706_21255549.jpg

台風の中を通り抜ける感じとか言われていましたが、そこまで風はないので大丈夫だけど、水圧が襲ってきて、多少息苦しい感じは無きにしもあらず。それより、風と水で影に入ると肌寒い。濡れても良いわ~と思っていたけど、冷えたのでポンチョとかを着て濡れるのを最小限にとどめていた方が良かったなぁ。対岸まで行ったら日が差していたので、暑かったんですけどね。滝の上からしばしフォトストップ。この景色を見るとリゾート
ですね。
a0100706_21275398.jpg

a0100706_21281465.jpg

a0100706_21285281.jpg

a0100706_2129861.jpg

a0100706_21294457.jpg

a0100706_213013.jpg
=all>


滝のさらに上に登って写真を撮っていたら、遠くで雷の音が聞こえてきたので、降られないうちに早めに退散。急いで戻って身支度を整えたら、帰りは違うルートでボート乗り場に戻ります。
a0100706_2130238.jpg

a0100706_21323537.jpg



a0100706_21304193.jpg

a0100706_21305688.jpg


More
by ajisai0614 | 2015-02-22 00:00 | '14年9月 ベネズエラ | Comments(6)

ベネズエラ3日目①

2014年9月16日(火)
今朝は8時40分出発で、希望者はヘリのOPでロライマ山の卓上台地へ向かいます。
3班に分かれて、当初は早朝に3便とも出る予定だったようですが、天候の加減で①7:37、②9:32、③10:40発と変更になりました。なので、②班以降は、出先で観光しながら交替でヘリに乗りに行く感じ。 
で、OP参加しないので、ゆっくり起きるつもりだったけど、添乗員さんが隣の部屋へモーニングノックしに来たので、その音で目が覚めました(笑)せっかくなので、早めに起きて朝食を頂き、ロッジ周辺を散策。
a0100706_1354675.jpg

ロッジは2部屋づつ敷地内に点在しています。
a0100706_1363315.jpg

入って直ぐがロビー兼レストラン
a0100706_1364995.jpg

プールもあり、写真で見るとリゾート風です。
a0100706_1384821.jpg

1班のメンバーが帰って来たのでお話を聞いたら、卓上台地に着陸出来たそうです♪ヘリなので、多少揺れはあったようですが、良かった~(←おばちゃん)とおっしゃっていたので、それを聞くとやっぱり行ったら良かったかなぁと思ったり(笑)
でも3班のメンバーさんによると、わざと?かどうか分からないけど急降下してくれて、気分が悪くなって、怖かった(>_<)(←同世代の男性)と聞いたので、やっぱり止めておいて無難だったかも?と思ったり。結局、お天気が良かったこともあり、私達のツアー3班とも無事に着陸出来たようで、添乗員さんも一安心と言うところでしょうか。
 ちなみにロライマ山はこんな感じ。とは言え、多分ヘリでの撮影だと、こんなに綺麗に撮れないんじゃないかと。雲や霧のタイミングもあるし。20億年も前の台地で、独自の植物などもあるそうですが、やっぱり標高が2810mで、寒いのそうです。霧が凄い時期だと、数メートル先も見えなくて、ヘリに乗れなくなったりしたら大変なので、降りた位置からそんなに離れないように説明がありましたよ。
a0100706_1393377.jpg
 
 今日も、パンアメリカンハイウェイ(アラスカのフェアバンクスからアルゼンチンのフェゴ島まで続く道路)を通り、まずはハスぺの谷へ。
ロッジからハイウェイまでは、舗装されてない道路なので激しく揺さぶられます(笑)
a0100706_1411033.jpg

a0100706_142194.jpg

a0100706_1423263.jpg

駐車場から、100段ほどの石段を登り、その後森の中へ。
a0100706_1434876.jpg

a0100706_1441152.jpg

a0100706_1442323.jpg

途中、ヘリポート(と言っても草むらの中にあるだけ)も見え、ロライマへのフライトもここから行くそうで、2班のメンバーはとはここでお別れ。1台のヘリを回しているので、順番になります。
a0100706_1444316.jpg

a0100706_1451290.jpg

a0100706_1453230.jpg

森を抜けると赤い岩が広がっています。
a0100706_1455632.jpg

a0100706_146728.jpg

a0100706_1461767.jpg

a0100706_157610.jpg

ハスぺの谷…ハスぺとは碧玉(へきぎょく)の一種で、ここは鉄などの不純物を20%ほど含んでいるため赤くなっている。こう言った物が面積50k㎡に渡り広がっている。水に濡れると赤が鮮やかで綺麗。2段の滝になっていて、滝に打たれることが出来る。
 個人的には、静岡の宝石店で見た宝石(碧玉=ジャスパー)を思いだし、これを掘り出して売ったら高く売れるかなぁ?なんて考えちゃいましたよ(笑)もちろん掘ったりしてませんけど。
a0100706_15729100.jpg

a0100706_1575347.jpg

a0100706_15849.jpg

 滑ると危ないので、靴下を履いて滝で水遊び♪ガイドのベネトンさんが腹滑りをしてくれました。
a0100706_154399.jpg

a0100706_1481261.jpg

ツアーの若い男子(右側の子)も滑ってみたけど、痩せているので骨盤が当たって痛いみたいで(笑)、程よくお腹に肉がないと上手く滑れないようです。
 

More
by ajisai0614 | 2015-02-14 00:00 | '14年9月 ベネズエラ | Comments(2)

あじさいの日常や旅行記を綴ったブログです。


by ajisai0614