カテゴリ:'14年GW ミャンマー( 21 )

ミャンマー6日目

今日は11時のフライトなので、朝食後はシャトルバスで空港まで。
品数は多くないけど、それでも今回の旅行では一番良かったな(笑)
a0100706_20542527.jpg

a0100706_2054351.jpg

空港到着後はチェックイン。バンコク→上海までタイ航空、上海から関空までANAだったのですが、チェックインの際に関空までの搭乗券を渡され、スーツケースもバッケージクレームを見ると関空までスルーだそうで、上海の乗継時間は2時間位しかなかったので助かった。と、この時は思っていたのですよ(笑)
チェックイン後は、空港内をウロウロ。同じ11時発に大阪行きがあったので、出来ればこれに乗りたかった~。
a0100706_20552746.jpg
 
プーケットは乗継だけだったので、バンコクの新空港は何気に初めて。国王の写真とか置物がタイらしいですね。
a0100706_2059674.jpg

a0100706_20591542.jpg

そうそう、バンコク空港内にはNARAYAに似たコットン製のポーチ類を扱っているお店があるけど、パステルカラーが中心で、イマイチ私の欲しいデザインなし。昨年のプーケットの帰りに見た時もイマイチと思っていたけど、半年経っても変わりなし(笑)
a0100706_205556100.jpg

a0100706_20572918.jpg

バンコク→上海間の機内食は美味しくなかったけど、日本語プログラムもあったので、「アナと雪の女王」(英語音声&中国語字幕^^;)、「trick」を見たりしているうちに、到着。
a0100706_20593722.jpg

a0100706_20595270.jpg

 上海の乗継、きちんと確認してなかった私が悪いんだけど、てっきりトランジットエリアがあると思っていたら、一旦入国して、再度出国審査を受けないといけないみたいで、それが分からずウロウロ。結局、激混みの入国審査を済ませ、もしかしてスーツケースも受け取らないといけないのでは?と思い、見に行ったら最後に私のスーツケースだけが回っておりました(@_@)

 大急ぎで受取り再度チェックイン。チェックイン時に「スーツケースはスルーって聞いていたんですけど?」と軽く聞いてみたら、詫びることもなく「タイ航空とは連絡が上手くいかないです。」なんて言われちゃいました(-.-) あのまま受け取ってなかったら関空で慌てただろうなぁ。でも後日宅配で送ってもらえるから、それはそれで楽だったかな?なんて考えたりしながら、出国審査を済ませます。出国後は、少し時間に余裕があったので、免税品店をチェックしながら搭乗口へ。ラコステのポロがセールになっていたので、チェックしたら、1元=18円位と言われてビックリ(@_@) お店の人が間違えているんじゃないの?と思って帰国後チェックしたら、間違えてなかったみたい。いつの間に元がこんなに高くなったの?昔は13円以下位だったのに~。
 それにしても、搭乗口まで500m近く。結構遠いですね~。
a0100706_2115332.jpg

a0100706_2125729.jpg

 そんな訳でもちろん購入せず。上海からは定刻通り搭乗できたので、これで予定通り帰れるわ~と思っていたら、上海の空港混雑で離陸許可待ちで30分以上機内待機。上海も羽田、成田並に混んでいるのね~なんて、ウトウト。
a0100706_2123763.jpg

 そうこうするうちに離陸したので、往路の「小さいおうち」の続きを見終え、他に1本見る時間は無かったので、懐かしい「冷静と情熱のあいだ」を見たりしているうちに関空に到着。
 30分遅れで出発したけど、関空着は定刻通りだったので、助かりました。さっさと入国審査を済ませ、スーツケースをピックアップし、ちょうどラピートが来たのでラピートで帰宅したのでした。

 ミャンマーから帰国して、約半年。後半は記憶が怪しかったけど、何とか仕上げられて良かったです。
 そうそう、少し前に見つけた記事ですが、ミャンマーのビザが9月からオンラインで取得可になったそうですので、今後行かれる方は参考になさってください。もう少し早くオンラインで取得できるようになれば、私も利用出来たんですけどね~。ミャンマーの国内線もオンラインで予約出来るようになって、個人旅行もし易くなるんじゃないかと思います。
 今回は、ヤンゴンとバガンのみの滞在でしたが、マンダレーのインレー湖やヤンゴン郊外も行ってみたいので、また機会があれば行ってみたいと思います。今度行く頃には、ヤンゴン市内をはじめ、ミャンマーの民主化も一段と進んでいるんじゃないかと思いますが、素朴なままで残っていて欲しいとも思ったり。
 ビザ取得の公式ページはこちら
by ajisai0614 | 2014-10-30 00:04 | '14年GW ミャンマー | Comments(6)

ミャンマー5日目③

  機材はエアバスA300で、タイ航空だし大型機だと安心して乗れます。予想通り、快適なフライトで、機内食は微妙でしたが、無事にバンコクへ到着。半年ぶりのバンコクで、出来ることなら市内でゆっくり滞在したいけど、時間&デモの関係で今日はエアポートホテルに宿泊です。
a0100706_20433316.jpg

先に両替(2,000円で580.6B。1B=3.44円位)を済ませ、お迎えが来ているであろう到着ロビーへ。ホテルからのお迎えは、私の場合忘れられていることが多いので心配していたけど、ちゃんと名前を掲げて来てくれていました。良かった(^^)
もう1名ゲストを待ってからホテルに向かいますとのことで、しばし待ってから、シャトルへ。空港から乗り込んだのは私ともう1名のゲストと、手荷物のないゲスト
a0100706_2051856.jpg

 この時は、てっきりホテルにチェックイン済みで空港に用事があって乗って来た人と思っていたのだけど、ホテルに到着した時に「私のホテルここじゃない。」って言いだし…。シャトルバスにもホテル名記載されているし、間違えて乗って来たのは自己責任じゃないの?と思っていたけど、その方にどちらのホテルか確認したら、「分からない。」って^^; どうやら確認書とかはお連れさんが持っていたみたいで、携帯で確認していたど、いくらなんでもホテル名覚えてないなら、単独行動は止めましょうよ~。でも親切にその方だけもう一度空港に送ってってあげるみたいで、ホテルの方も自分のところのゲストじゃないのに大変ですね。私ならタクシーで戻ってくださいって言っちゃうかも(笑)
 
 と、びっくりしたチェックインでしたが、さすが微笑みの国タイのスタッフだけあるわ~なんて思ったり。
チェックイン後はお部屋チェック。そうそう、このレベルのホテルなら私も落ち着いて滞在できます。しばし、寛いだ後は、ホテルのスパをチェック~。
a0100706_20444624.jpg

象柄がタイらしいですね!
a0100706_20451266.jpg

a0100706_20454682.jpg

a0100706_2046121.jpg

私の確認不足でしたが、バスタブは無くてシャワーオンリーでした。水圧水温その他の使い勝手は良くてストレスなく利用出来たので、十分と言うものです。
a0100706_20473179.jpg


20時30分からスパを予約して、先にホテル内をチェック。小さいけどプールやサウナもあります。
後で入ることにして、近くのセブンイレブンへ。私の大好きなプリッツラーブ味と新商品?のガーリックオニオンがあったので、大人買い。残念ながらカード不可なので、現金で買える分のみお買上げ。大人買いした後は、屋台で売っていたマンゴーを買って17時過ぎにホテルへ戻ります。夕食は、そんなにお腹が空いてなかったので、ヤンゴンで買ったデニッシュパンとマンゴーを食べて終了。マンゴーは熟れてなくてイマイチでした。
a0100706_20483738.jpg

a0100706_20485498.jpg


More
by ajisai0614 | 2014-10-30 00:02 | '14年GW ミャンマー | Comments(2)

ミャンマー5日目②

ただ今の時間8時。早く来たので、もう少し観光する時間があるので、巨大な寝仏で有名な、チャウッターヂー・バヤーまで、受付付近のフタッフに相場を確認してタクシーで移動。
あれ?ぴちょん君?と思ったらダイキンエアコンの社用車がそのまま走っておりました(笑)
a0100706_20223164.jpg

昨年ペナン島のビルマ寺院やバガンでも寝仏は見たけど、こちらは確かに一番大きかったです。比較的新しい仏塔だそうで、寝仏も綺麗。そして、私が今まで見た寝仏では一番好みのお顔をしていました。優しい女性らしい表情だと思いませんか?
a0100706_20213471.jpg

a0100706_2022597.jpg

a0100706_2023192.jpg

a0100706_20235713.jpg

こちらも靴を脱いで見学ですが、ここは野良猫と犬が多くて、ゆっくり見学出来ないのが残念。それでも30分位じっくり表はもちろん裏からも見学して気が済みました。入場料は要らないので少しだけ寄付をして次に行きましょ~。
a0100706_20243131.jpg

a0100706_20244327.jpg

この時点で9時頃。色々行きたい所はあるけど、市内に入ってしまうと渋滞の恐れがあるので、ホテルからほど近い郊外のインヤー湖へ。
a0100706_20253288.jpg

a0100706_20255779.jpg

a0100706_20261490.jpg

が、こちらのインヤー湖、タクシーを降りた場所が悪かったのか、ゴルフ練習場付近に着いて、微妙に予想と違う~。しばし、見学後は向かいのセドナ・ホテル・ヤンゴン(ヤンゴンの大型高級ホテル)側に渡って、ホテルのショップでもチェックしようと思ったけど、入り口が分からず断念…。
a0100706_20264357.jpg

向かいにはミャンマーセンターと言う大規模なショッピングモール?が工事中。歩き方によると2014年より順次開業予定とのことですが、この様子じゃ年内開業は無理なんじゃないかと。
a0100706_2027553.jpg

うーん、もうあまり見るところもないけど、ホテル近くのヤンキンショッピングモールでも行ってみましょ。歩けそうな距離だったのでと歩いて行くことに。所々歩きにくい場所もあったけど、20分位で到着。
a0100706_20273386.jpg

a0100706_20275162.jpg

比較的近代的なショッピングモールで、ミャンマーのお土産を買ってなかったのでスーパーをチェックしたけど、微妙な感じ。
a0100706_20283742.jpg

美味しそうなドーナツがあったので、並んでいたら「日本人の方ですか?」と声を掛けられ、「ミャンマーのドーナツの油は古いから日本人の人はお腹壊すかもしれないから、止めた方が良いですよ。」と^^;
 え~?美味しそうに見えたけど、仕方ないのでデニッシュパンと彼のお勧めのバターケーキを買うことに。彼はミャンマー人で日本人の奥様がいらっしゃるので私を見て日本人って分かったみたいで、親切心で声を掛けてくれたようです。
 デニッシュパンはバンコクで頂き、パウンドケーキは日本に持ち帰り、食べるのを忘れていて^^;、数日経って見たらカビが生えていたので捨ててしまい味は未確認。防腐剤が入ってないと言うことなのかもしれませんが、そもそも製造日も賞味期限も書いてなかったので怪しかったのかも?
a0100706_20313980.jpg

仕方ないのでランチでも食べてホテルに戻りましょう。
a0100706_20291263.jpg

マンゴースムージーを頼んだのに売切れとかで、他にも大半売切れで^^;結局オーダーしたのはブルーベリースムージで、これまた出てくるのが遅くてイライラ。
a0100706_20292846.jpg

 スムージーはダッシュで飲んで、ホテルに戻ります。が、急いでいたこともあり、ホテルまでの道が予想より遠い~。それでも11時半前にはホテルに戻って、既に汗だくだったので急いでシャワーを済ませて12時過ぎにチェックアウト。

More
by ajisai0614 | 2014-10-30 00:01 | '14年GW ミャンマー | Comments(0)

ミャンマー5日目①

スタッフに言われた通り、6時前に早起きして、昨夜夕食を食べたファーストフードのレストラン(24時間営業だったと思います。)で簡単な朝食を頂き、いざシュエダゴォン・パヤーへ。
a0100706_2091346.jpg

 市内の移動はタクシーなので、ホテルのスタッフに相場と時間を確認して、行先を運転手に伝えてもらいます。早朝で空いていたこともあり、10分位で到着。近くで下ろしてもらい、シュエダゴォン・パヤーへ。入り口は東西南北4か所あるようで、多分私が入場したのは東口かな?
a0100706_2093330.jpg

a0100706_2094418.jpg

a0100706_2095339.jpg

靴を脱いで階段を上がった場所に入場券売り場がありました。$8とこちらの物価にしてはお高めですが、仕方ないか~と入場したところ、予想以上の大きさにびっくり(@_@) これは$8の値打ちがあります。しっかり目の案内図を頂き、こちらと歩き方を照らし合わせて見学。
a0100706_2011353.jpg

a0100706_20114494.jpg

a0100706_20115331.jpg

a0100706_2012093.jpg

バガンのシュエズィゴォン・バヤーもキンキラで綺麗と思っていたけど、シュエダゴォン・パヤーは綺麗&規模も大きくて感激。早朝なので足元も熱くないし、じっくり境内を見学。これまた規模が大きすぎて良く分からないけど、歩き方の案内を参考に見学します。
a0100706_20105371.jpg

それにしても、現地の方がとても多くて、私達外国人はともかく、現地の人にはこちらの入場料高いんじゃないのかな?と思っていたけど、帰国後TVで現地の方は無料と知ったのでした。でも、現地の方達は信心深いので各仏陀像や仏塔に喜捨をされているので、実際は入場料以上払っているかも?

 一部修復中の箇所もありましたが、これだけ規模が大きくなると仕方ないですね。
東祈祷堂。東西南北同じような祈祷堂があります。
a0100706_20124928.jpg

a0100706_2013441.jpg

a0100706_20132117.jpg

こう言うモニターは有難味が薄れるけど、これはルビーの眼の仏像で、女性は仏像に近づけないので、このモニターで見ないといけないそうです。ソニー製が嬉しいですね。
a0100706_2013365.jpg

a0100706_2014131.jpg

a0100706_20143458.jpg

a0100706_20145451.jpg

a0100706_2015274.jpg

a0100706_20152566.jpg

a0100706_20153850.jpg

a0100706_20155166.jpg

a0100706_2016082.jpg

 マハーティッサダの釣鐘
a0100706_201620100.jpg

仏足石 
a0100706_20171594.jpg


More
by ajisai0614 | 2014-10-30 00:00 | '14年GW ミャンマー | Comments(0)

ミャンマー4日目②

帰りも時間通り16時30分にハイエースでお迎えに来てくれたので、ニャウンウーの空港まで。道が空いていたから、15分で到着。彼のお陰で充実したバガンの滞在になったので、記念に写真を撮ってもらいさようなら(^^)/
 お世話になったドライバーさん。小柄だからいざとなれば私の方が強いかもと思ったのも分かるでしょう(笑)
a0100706_1847067.jpg

 空港に到着し、チェックインを済ませて待っていたら、切手とポスト投函サービスを見つけたので、お願いします。
 程なく搭乗が始まり、帰りもドキドキしながらエアーマンダレーに乗り込みます。帰りもラゲージタグは手書き^^;
a0100706_18493751.jpg

幸い帰りも安定したフライトでホッ。
a0100706_1850858.jpg

a0100706_18502781.jpg

a0100706_1850502.jpg

a0100706_18514531.jpg


機内食の菓子パン。後で食べたらとっても美味しくって◎でした。
a0100706_1851825.jpg

有名なパン屋さん製なのかな?
a0100706_1852160.jpg

ヤンゴン空港では国内線のエリアに到着し、市内まはまたまたエアポートタクシーサービスを利用して8,000ks. 国内線の方はドル払いでも大丈夫みたいで、ドルで払っている方も多かったです。19時5分に到着し、19時25分には空港を出てホテルには19時45分に到着だったので、スムーズだったかと思います。ホテルはヤンゴン市内は道路が混むので、比較的空港に近いホテルをチョイスしたのが正解でした。

ミャンマー最終日のヤンゴンのグリーンリーフホテルは、一番繁華街にありました。宿泊代も一番高かったけど、色々イマイチでガッカリ感は否めず・・・。中国系の経営のようで、日本語出来る人はいません。その点、初日のヤンキンホテルは日本語が出来るオーナーさんで良かったかな。あと、英語が出来るスタッフが少ない。
a0100706_18535980.jpg

a0100706_18541284.jpg

何より、エアコンの効きが悪くて、いま一つどころか今三つくらい。17℃の設定になっているのに、涼しくならないのです。普通なら寒くて無理な気温でしょう。それに多少気温は下がっているけど、湿度が取れない感じ。まぁ、聞いたことのないメーカーだから仕方ないのかな?
シャワーオンリーですが、リンナイだったのは良かったかな。シャワルームは広くて水圧&水温は◎
a0100706_1855757.jpg

a0100706_18551751.jpg


More
by ajisai0614 | 2014-10-13 00:01 | '14年GW ミャンマー | Comments(6)

ミャンマー4日目①

 今日もビュフェかと思ったら、パンかライスの選択制。パンでお願いしたけど、ライスはチャーハンだったのでライスでも良かったかも?
a0100706_1641086.jpg

 予約時間通り、8時にお迎えが来たので馬車に乗り込みバガンビューイングタワー。に連れて行ってもらいます。が、御者(horse ride)の方曰く、「タワーまでは遠いので一気に馬車で行けないので、途中で遺跡見学をしながら馬を休ませながら行きます。」とのこと。なるほど~。大体30分おきに休憩しないと馬が疲れるんだそうです。私としては時間もあるし、他の遺跡も見れるので返って好都合。遺跡は御者の方にお任せして、連れて行ってもらうことに。暑いと思っていた馬車ですが、思ったほど暑くなくて、風が入って気持ち良い~。
a0100706_16432574.jpg

a0100706_16433765.jpg

馬車だとスピードが遅いので色々写真撮れるんだけど、今もこう言う素朴な生活をしている人が多いのね。と改めて実感。
a0100706_16452765.jpg

a0100706_16453810.jpg

遺跡に到着。一昨日この手の遺跡はたくさん観たけど、せっかくなので入りましょう。名称は聞いたけど忘れちゃった^^;
a0100706_1646177.jpg

a0100706_16464778.jpg

a0100706_1647168.jpg

a0100706_16471926.jpg

a0100706_16472964.jpg

a0100706_16474982.jpg

a0100706_1648784.jpg

a0100706_1648304.jpg

a0100706_16484510.jpg

a0100706_16501564.jpg

一通り見終えて、馬も休めたのでいざタワーへ。遺跡の中にあるタワーらしく、外観は遺跡の色目に合っています。
a0100706_16492162.jpg

a0100706_16493862.jpg

a0100706_16495599.jpg

チケット売り場が見当たらずそのまま入ったら近代的な設備で、ミャンマーにもこんな場所あったのね~と思ったり。
a0100706_16504932.jpg

a0100706_1651611.jpg

a0100706_1651253.jpg


お土産物はチラッと見ていたら、チケット売りの方が来られて、チケット代$5を払ってエレベーターへ。11階へは直ぐに到着して、降りたら、素敵☆ 360℃見渡せるし、オープンエアなので気持ち良い。
a0100706_16522532.jpg

a0100706_16524784.jpg

緑が多い場所と乾燥して茶色い場所がくっきり。
a0100706_16542753.jpg

a0100706_16544650.jpg

a0100706_1655712.jpg

但し、鳩が飛んできて糞が汚い(>_<) まぁ、ここは靴を履いたまま入れるので問題ありませんが、糞とか羽が舞っている空気を吸うのは嫌だなぁ。歩き方に「チケット代が高い割に現地の人には人気が無い」と書かれているほどがっかりするタワーでもなかったので、来て良かったです。13階のパノラマフロアは階段で登ります。
a0100706_1656579.jpg

a0100706_16562237.jpg

タワーから見えるリゾートホテル、素敵☆
a0100706_16533857.jpg

a0100706_16553821.jpg


ほどなく、個人旅行らしき方が数名来られましたが、空いているし、個人的には見晴らしが良いのでお勧め!
 見学後は、9階のレストランでドリンクを頂きます。
a0100706_1657028.jpg

a0100706_16572087.jpg

エアコンも効いているし、お洒落なレストランだったのでこちらでお食事をするのも良さそう。但し、料金はそれなりでした。

 レストランで涼んだ後は、馬車の待っている所まで戻ります。 
a0100706_165742100.jpg

a0100706_16581132.jpg


More
by ajisai0614 | 2014-10-13 00:00 | '14年GW ミャンマー | Comments(0)

ミャンマー3日目③

 食後は、昨日から気になっていたアトーカーホテルの近くあるミャンマートレジャーリゾートニューバガンホテルへ行ってみることに。
a0100706_16204986.jpg

a0100706_1621319.jpg

入り口からして、豪華そう→カードの使えるスパでもあるかな?と思い、入ってみたところ、敷地が広くて、ホテルの建物まで500mくらいあったでしょうか?故に、昨日は面倒で外観を見ただけ(笑)
 予想どおり、プールやスパエリアがあり、高級そうなホテルだったので、スパ代も高いかな?と思いながら、物価の安いミャンマーだし、料金見てから考えましょ。スパが高かったら、ホテルのプールで過ごしても良いし。
a0100706_16215195.jpg

a0100706_16221226.jpg

a0100706_16223047.jpg

 で、スパ料金を見せてもらったら、予想通り?安い~&直ぐに施術OKとのことだったので、2時間50ドルのスパパッケージでお願いすることに。残念ながら、支払いは現金のみ。お互い片言英語でしたが、問題なし(笑)
a0100706_16194114.jpg

a0100706_16195984.jpg

 スパですが、私しか利用客がいなかったので、静かでのんびり施術してもらえました。決して高級スパとは言えませんが、安いマッサージ屋さんよりは丁寧ですし、施設も悪くなかったです。
a0100706_16224952.jpg

a0100706_16231244.jpg

 16時から18時過ぎまでスパで2時間のんびり過ごした後は、ホテルの敷地を散策しながら帰ります。
a0100706_16233626.jpg

a0100706_16234996.jpg

a0100706_16241088.jpg
a0100706_16245273.jpg

a0100706_16257100.jpg

ちょうどサンセットの時間だったので今日こそは、綺麗な夕日が見られるかな?と思ったけど、またしても直前で雲が~。
a0100706_1624331.jpg 

 まぁ、雨に降られないだけマシかな?このままホテルに戻っても良いけど、また夕食に出直すのも面倒だったので、夕食を食べて帰ることに。先ほどの食堂を再訪し、チキンカレーをオーダー。外観を撮るのを忘れたけど、素朴な外観とはうって替わってお洒落な感じ♪ 
a0100706_16253075.jpg

味も悪くないし、口コミ評価が高いのも納得。が、虫が居たり、野良犬?がウロウロしているのはマイナスかな?
食後はマンゴーとヨーグルトアイスを買ってホテルに戻ります。
a0100706_1625493.jpg

 が、このヨーグルトアイス、ちっとも美味しくなくて失敗。
a0100706_1626766.jpg

マンゴーは見かけは悪かったけど、甘くて美味しかったです。
a0100706_16261849.jpg


More
by ajisai0614 | 2014-10-11 00:02 | '14年GW ミャンマー | Comments(2)

ミャンマー3日目②

 今日のチャータープランだとそのままホテルでしたが、プー・パヤーだけ行ってみたかったので、「この時間は暑くて見学は無理だよ。」と言われましたが、「写真撮るだけで良いから!」と連れて行ってもらうようにお願いし、ついでに切手を買いたかったので郵便局も連れて行ってもらいたかったけど、「郵便局はこの時間は休みだよ。」と言われ、歩き方を見ると休み時間と書かれていたので諦めます。

 しかし、車をチャーターしているのは今日だけだから、今日のうちに色々行っておこうと思い、ついでに両替も連れて行ってもらいましょ。予想以上に現金しか使えず、ホテルで両替しようと思っていたら、ホテルで両替は取扱いなしだったのでした。
 先に両替に連れて行ってもらったのだけど、怪しげなお店の一角?で両替のレート表もなし^^;。闇両替みたいだけど、まぁここしかないから仕方ない。1万円分両替して、88,000ksでヤンゴンの空港より良いレートでした♪

 続いて、プー・パヤーへ。可愛らしく印象的な仏塔だったので、ここは見に行きたかったのです。お勧めはこちらも夕方にサンセットを眺めるのが良いみたいですが、行ったのは真昼間。予想通り足元が熱すぎて、ゆっくり見学もできませんが、屋根付の場所があったので、そちらで写真だけ撮って気が済みました(笑)
a0100706_1684466.jpg
 
a0100706_1691096.jpg

a0100706_1693649.jpg

a0100706_1694699.jpg

a0100706_1610182.jpg

a0100706_16101958.jpg

a0100706_1610431.jpg

 そのままホテルへ送ってもらっていたら、「いつ帰るの?空港まではどうするの?」と聞いてきてくれたので、「明日の夕方の飛行機でヤンゴンへ帰る。」と伝えたら、帰りも往路と同じ「7,000ks」で送ってくれると言うので、明日のお迎えをお願いしてさようなら~。

More
by ajisai0614 | 2014-10-11 00:01 | '14年GW ミャンマー | Comments(0)

ミャンマー3日目①

 ベネズエラも早く書かないと忘れてしまいそうですが、先にGWのミャンマーから仕上げます。バガンのメインは書き終えているので、後は楽勝?(笑)

3日目
 今日は8時のお迎えなので、7時前に起床し、朝食を頂きます。ビュフェですが、種類は少ないです。まぁいっぱいあっても食べられる物は決まっていますが。
a0100706_15254350.jpg

 朝食後、ロビーに行ったら既にお迎えに来てくれていました。が、今日はハイエースじゃなくて、トヨタのカムリ。まぁ、私一人なのでカムリでも十分です。→ポッパ山への道のりで気が付きましたが、道幅の問題もあり、カムリになったんじゃないかと。
 ニューバガン市内を通って、比較的整備された道路に入ったけど、何せここバガンではほとんど車を見かけません。たいてい、徒歩か馬車、バイクで交通量は少ないです。だからかどうか、割とスピードを出して走ります。シートベルトがシートに埋もれてしまって、出来ない状態なので^^;、あまりスピード出されても怖いなぁ。 だって、事故に遭っても、病院が無いし。とネガティブなことを考えてしまう私なのでした。
a0100706_15264810.jpg

a0100706_15274100.jpg

 30分弱走ったところで、ヤシの木に登っているおじさんのところでストップ。ユーラシア旅行社の方が、見学中だったのでこっそり混じって、説明を聞いたり、写真を撮ったり(笑)
a0100706_15262989.jpg

a0100706_15273023.jpg

a0100706_15274029.jpg

a0100706_15275677.jpg

a0100706_15281765.jpg

 写真を撮った後は、ひたすらポッパ山までドライブ。途中写真ストップしてくれた村から、ポッパ山が見えましたよ♪
a0100706_15291036.jpg

a0100706_1529292.jpg

a0100706_15294466.jpg

a0100706_15295842.jpg

a0100706_1530995.jpg

 ズームして見たところ。あそこのてっぺんまでどうやって車で行くんだろう?とこの時点では考えていた私です。
a0100706_1528354.jpg

a0100706_15302993.jpg

 程なくして、ポッパ山の麓へ到着。ニューバガンから1時間15分位で到着。
a0100706_15305549.jpg

参道への入り口を教えてもらい、ガイドさんは「ここで待っているから」と言われ、ここから階段を登って行くようです。他の観光客も居たので直ぐに分かったけど、野生のサルがあちこち居て怖い(>_<)
a0100706_15313967.jpg
 

猿のいない入口を探してウロウロ。麓周辺の様子です。
a0100706_15332868.jpg
 
a0100706_15342053.jpg

a0100706_15343751.jpg

a0100706_15345075.jpg

a0100706_1535864.jpg

 結局入り口は2か所あるようですが、初めに教えてもらった入り口の方が大勢登っているので、ここから登りましょう。左右にお土産物屋さんがびっしりで、これは世界共通の造りですね。
a0100706_15321579.jpg

a0100706_1536110.jpg

程なく、靴を脱ぐエリアに到着し、ここから裸足で頂上まで登ります。階段自体は思っていたより、綺麗だし、屋根もあるけど、そこかしこに猿やら犬やらがいて、同じ場所を裸足で歩くのはかなり抵抗が(>_<) 
a0100706_15325870.jpg

a0100706_15362266.jpg

a0100706_15363930.jpg

が、ここまで来たら諦めて、登ります。途中、階段の拭き掃除をしているおじさんからお金を要求され、入館料かな?と思い払ったのだけど、その後もあちこちで同じような集金もどき?があり、特に払う必要なかったようです。喜捨をしたかったらすれば良いでしょうけど。そんな訳で後はひたすら階段を登ります。屋根があるし、思ったほど暑くないけど、突然猿が現れるのが怖いし、屋根の上も猿が走り回っていて、賑やかなことこの上なし。現地の方達に着いて行くことしばしで、頂上到着~。
a0100706_15365564.jpg

a0100706_1537556.jpg


More
by ajisai0614 | 2014-10-11 00:00 | '14年GW ミャンマー | Comments(0)

ミャンマー2日目④

⑬ミンガラー・ゼディと聞いていたつもりでしたが、どうやら間違えて聞いていたみたいで^^; 調べたけど不明。 綺麗だったし、せっかくなのでUP ミンガラー・ゼディの向かいの寺院です。
a0100706_22283347.jpg

a0100706_22285227.jpg

a0100706_2237584.jpg

a0100706_22382929.jpg

a0100706_22384115.jpg

右がこの黄金の仏塔で左がミンガラー・ゼディと言う位置関係でした。
a0100706_22465849.jpg

⑭ミンガラー・ゼディ・・・1284年にナラティハパティエ王によって建立された仏塔で、この約10年後にモンゴル軍の侵略がはじまり、これがバガン王朝で最後の仏塔となった。
a0100706_2246267.jpg

a0100706_2248797.jpg

a0100706_22482328.jpg

珍しく車が走っているわ~と思ったら日本のトラックで、そのまま利用しているんですね~。
a0100706_2250915.jpg

レンタサイクルはたくさん見たけど、昼間に乗って遺跡巡りをしている人はあまり見ませんでした。。
a0100706_22503557.jpg

a0100706_22504770.jpg

⑭ゴドーパリィン寺院・・・バガンで2番目に高い寺院で、1174年~1211年にかけて建てられた。建物入口の装飾が美しい。
a0100706_22511280.jpg

a0100706_22512433.jpg

四方に置かれた仏像は全て表情が異なります。
a0100706_22525353.jpg

a0100706_22532343.jpg

a0100706_2253376.jpg

a0100706_22535021.jpg

a0100706_2255219.jpg

⑮ダマヤンジー寺院・・・12世紀、アラウンスィードゥー王の次男ナラトゥは、自分が王位に就こうとして父王と兄王子を暗殺した。ナラトゥは第5代王となったが、罪の意識にさいなまれ、罪滅ぼしのためにこの寺院を建てた。
a0100706_23554350.jpg

a0100706_235609.jpg

 こちらの寺院内は、蝙蝠や野良犬などがウロウロしていて、怖くて中に入れずどうしよう?と思っていたら、どこからともなく英語の自称ガイドが現れ、野良犬を追い払ったり、説明をしてくれました。
象の壁画もライトを照らして説明してくれました。説明がなかったら薄暗いし見落としていたと思います。
a0100706_2315257.jpg

往時には寺院内にはもっと鮮明に壁画が描かれていたんだろうなぁと思ったり。
a0100706_23153310.jpg

a0100706_23164543.jpg

暗殺した兄王と父王の像かな?
a0100706_2317754.jpg

ここの凹んでいる所に腕を置いて上から腕を切り落としたそうで(怖)
a0100706_23175742.jpg

 特にチップなどをせびられることは無かったけど、「絵葉書セットを買って欲しい。」と言われ、既にアーナンダー寺院内で購入($1)していたけど、追加でお買い上げ。3,000ks。いずれも10枚セットでこちらの方が高かったけど、写真も綺麗だったし、ガイド代と思えば安いもの。

⑯スラマニ寺院・・・1183年ナラパティスィードゥー王の手で建てられ、フレスコ画が最もよく残っている。
a0100706_23203856.jpg

a0100706_23215395.jpg

a0100706_2322271.jpg

a0100706_23224023.jpg

a0100706_23225214.jpg

a0100706_23235243.jpg

a0100706_2324188.jpg

ここも象の壁画が残っていて、こちらは鮮明です。
a0100706_23242996.jpg

印象的な髪型です。
a0100706_23245447.jpg

顔と身体の素材が違うのは、この仏像のみだったと思います。
a0100706_2325352.jpg

⑰シュエサンドー・パヤー・・・仏陀の遺髪が納められている。夕日を観るには絶好のポイント。
a0100706_232721.jpg

a0100706_23272958.jpg

こちらに到着したのが16時半過ぎ。サンセットまで早すぎる気がしたけど、さすがに疲れたので、早めに行って場所取り。
階段は四方向あるので、アンコール・ワットのように1か所に殺到と言うことはありません。但し、日陰の階段から登らないと裸足で熱いので、結局みんな同じ方向から登ります(笑)これは待っている間に上から撮影。結構急ですが、手すりもあるし、階段の幅がまぁまぁ広いので怖いことはないかと。
a0100706_23294774.jpg

高い場所からの景色はやっぱり良いですね~。緑と赤レンガが良く合っています。
世界遺産にこそ登録されていないけど、現在残っている遺跡は3,000もあるそうで、世界三大仏教遺跡群と言われるだけのことはあると思います。全盛期の11~13世紀には数万とも数十万ものパゴダ(仏塔)があったそうで、そんなにもたくさんの財力があったことにも驚きです。
a0100706_23312984.jpg

a0100706_23314542.jpg

a0100706_2332032.jpg

a0100706_23322532.jpg

a0100706_23324588.jpg

18時のサンセットには1時間以上あるけど、ボーっと周りの景色を眺めたり、今日見学した場所を歩き方で復習したり、日本人の方達(シンガポール在住の4人組)とおしゃべりしたり、うとうとしたり^^;しているうちに、サンセットの時間になりました。
a0100706_233326100.jpg

 実際のサンセットは18時20分位でしたが、あと少しと言うところで雲が掛かり(>_<)、結局綺麗なサンセットは見えず。でも、夕刻になり程よく風が出てきて、気持ち良く過ごすことが出来ました。
a0100706_2334280.jpg


More
by ajisai0614 | 2014-07-15 00:03 | '14年GW ミャンマー | Comments(6)

あじさいの日常や旅行記を綴ったブログです。


by ajisai0614