2017年 04月 17日 ( 1 )

 今日は、先日当選した「アサヒスーパードライ」開発秘話に迫る!イベントに参加してきました。
 アサヒスーパードライ、発売から30周年になるんですね。今日はスーパードライが発売されて、アサヒビールがビールメーカーとして認知されるまでの、苦労話を色々聞いて、ついつい大笑い。
 スーパードライが発売される前のアサヒビールは、これと言った主力商品がなく、圧倒的にキリンビールがシェアを占めていたそうです。しかもサッポロビールよりもシェアが少なかった。
a0100706_23525009.jpg
 当時は、酒屋さんに売りに行っていたので、酒屋さんの御用聞きや配達を手伝ったり、居酒屋さんにも拝み倒して置いてもらったりと、話を聞いていたら「昭和の時代の営業だわ~」と言う感じ。サザエさんの三河屋さんの世界ですね。
 そう言えば、私が小学生くらいまでは、ビール瓶はキリンしか見たことなかったような?子供だったので、特にキリンやアサヒとか関心は無かったけど、アサヒドライのコマーシャルは印象的だったので、何となく覚えています。そして、今は酒屋さんが少なくなり、スーパー、コンビニへと取って代わり。この30年そう言う点では時代も変わったなぁとしみじみ。
 実際、アサヒスーパードライは、広告費もかなりかけたようです。
 今でこそ認知されているけど、当時は認知してもらうことも必要だったので、テレビCM,全国紙、雑誌やCMタレントなど経費を掛けたそうで。確かに広告費ってそのまま売り上げに結び付くと限らないので、勿体ない気もするけど、認知してもらうにはある程度費用を掛けることも必要なのかと思ったり。私自身は、メーカー勤務じゃないので、その辺の感覚は薄いです。ただ確かに新商品のサンプリングキャンペーンやコマーシャルは目に付くから、認知してもらい購入に至ると言う図式はありかと。特に身近な食品や日用品類は買い易いしね。なんて、メーカーの開発秘話と言うか、苦労話を聞きつつ昭和の時代を懐かしんだのでした。
 お土産は、エキストラハードでした。
a0100706_23511857.jpg

by ajisai0614 | 2017-04-17 00:00 | 日記 | Comments(4)