ブログトップ | ログイン

あじさいの日記

2017年 04月 06日 ( 1 )

 4月になり、入学や新社会人で新しい生活がスタートされた方も多いことと思います。私の方は、上の甥っ子が中学生になり、今日は入学式だったそうです178.png。たまにしか会わないけど、あの小さかった甥っ子が、もう中学生かと思うとしみじみ~。しばらく帰ってないので、入学祝いは次回帰省の際にあげることにして、健康で元気に(やっぱりこれが一番!)で勉強に部活動166.pngに有意義な中学生活になることを願っております101.png

 職場の方は新入社員の入社も異動もなく、通常通り。もともと3月~4月は忙しいので、有給を取るのは遠慮しているのですが、今年は2日(日)の夕方位から何となく風邪っぽい155.png花粉症?と言う感じで、3日(月)は少々体調悪いなぁと思いながら、出勤したところ、徐々に悪寒が走り、話をするのもだるく151.png、午後からの勤務は無理…と思い午後から早退。しかし、直ぐに帰るのもしんどかったので、診療所で1時間ほど休ませてもらい、帰宅。熱は37.4℃と平熱の低い私にしては、高熱で、もしやインフルじゃないよね?と思いながら、帰宅。30分弱の通勤がとてつもなくしんどく、帰宅後そのまま爆睡。
 4日(火)は、悪寒と熱っぽさは無くなったものの、頭痛と咳が酷いので1日休ませてもらい、そのままお昼頃まで眠り、さすがに寝過ぎてお尻と腰が痛くなったので、一旦起きて、更に16時位までウトウト。

 ようやくすっきりしてきた&寝汗が酷かったのでお風呂に入ってさっぱりしたのですよ。が、バスタオルを取ろうと少し頭を下げた時に意識がなくなり149.png、お風呂で転倒。右臀部と左大腿部、両肘、左頭部を打撲。素っ裸だったので直ぐに寒くなって意識が戻り、部屋に戻ろうとした時に、再度意識がなくなり149.png、転倒。またまた寒くなり、意識が戻ったので、そのまま横になり、しばし様子見。
 そんなに熱いお風呂に長湯した訳でないけど、弱っていたところにお風呂に入ったから、脳貧血になったようです。←10年以上前に2~3回なったことがあるので、それ以来。それにしても、打撲程度で済んで良かった…。右臀部と左大腿部の打撲が酷かったので、この後は寝返りを打つのも痛くて一苦労。
 
 それでも体調は回復してきたので、5日(水)は出勤。両足打撲で歩きにくかったので、少し早目に出勤し、普通に歩いていたのに、道路と歩道のわずかの段差で躓き、転倒し、両膝打撲。痛かったけど、人混みの中で転倒して恥ずかしかったので、素早く立ち上がり、体勢を整えたけど、膝が痛い~。しかし、出血もなく、タイツも破れてなかったのでセーフと思い、そのまま出勤。
 ほとんど旅行や遊びで有給使っている私が、病欠なんて珍しかったので、皆さん心配してくれてありがたや~。忙しい時期に申し訳ないです。この日は膝より、臀部と大腿部の打撲の方が痛くて、椅子や便器に座るのもゆっくり目で1日過ごした訳です。
 シップをもらう&花粉と風邪薬と痛み止め等の飲み薬の飲み合わせの確認で診察を受けたら、先生は頭をぶつけたことを心配してくださり、簡易検査を色々してくださりましたが、問題なかったようでホッ。念のため脳外科でCTを勧められたけど、頭は激しく打ってないし(たんこぶは出来たけど)、臀部と大腿部の打撲の方が痛い位だったので、しばらく様子を見てからにしますと軽くお断り。

 無事に仕事を終え、ロッカーへ向かうころ、左膝が今頃になってジンジンと痛くなり、ふと見たら、左膝に半分に切ったゆで卵の大きさ位のコブが出来ててビックリ(@_@。 後輩も、「さっきまで赤味はありましたけど、そんなに腫れてなかったですよ。」と他の人もビックリ。
 今頃になって腫れてくるなら、直ぐに膝にも湿布貼っとけば良かった。膝の痛みはマシだったので、帰宅してから貼ろうと思っていたのです。しかし、この腫れ方は尋常じゃないし、明日は木曜で休診の所も多いので、今日のうちに受診しておいた方が良いかと思い、玄関で会った上司に職場近くの整形を教えてもらい、病院に行く途中、アクセスを確認しようとスマホをチェックし、受付時間を見たら15時半まで。今日は終了してるやん!
 仕方ないので近くの整形を探して行ったら、労災、交通事故取り扱い無し。指定のある近隣の整形を紹介しますとの張り紙が。今回の膝は通勤災害の怪我で、労災指定病院が良かったので、申し訳ないけど近隣の整形を教えてもらい、ようやく診察を受けれそうです。
 外観が古めかしく、昭和の香りのする整形外科で、先生も看護師さん、受付の方、受診者も全体的に高年齢。大丈夫かしら?と不安に思ったけど、これ以上整形を探すのも大変なので、ひとまず診てもらいましょう。X-Pを撮ったら、幸い骨に異常もヒビも無し。
 
 しか~し、「加齢で膝の軟骨がすり減って来てますね。」と言われ、これが一番ショック149.pngで、膝の怪我の方は、時間とともに血腫が出来て腫れているそうで、穿刺で取ることも出来るけど、直ぐにまた出来る&穿刺で雑菌が入ることもあるので、今は自然に治るのを待つのが主流で、2週間以上経っても腫れが引かなかったら血を抜きましょうとのこと。と言う訳で、湿布を貼ってテーピングと包帯で膝を固定して、終了。「また明日診察に来てくださいね。」と。ご年配の先生でしたが、説明も丁寧だったし、ホッ。
 先生が大腿部に貼った湿布をみて、「ここもぶつけたの?」「これはお風呂で転んだ時の打撲で別件なので(診察は構いません。)」と、説明したり。
 初診だし、X-P撮ったのに、労災扱いなので窓口負担0円で、助かる~。職場には申し訳ないけど^^;

 と、そんなこんなで、全身ぶつけてあちこち痛い私なのでした。時間とともに他も軽くぶつけた箇所があったようで、全身あちこち痣&湿布でおばあさんみたい(+o+)
 しかし、この程度のけがで済んで良かったと言えば良かったかなぁ。と言う訳で皆さまもお気を付けくださいませ。って、私くらい!?

by ajisai0614 | 2017-04-06 00:00 | 日記 | Comments(6)